男の着こなし.com

腕時計の位置がずれる原因は相性!?ベルト調節で対策しよう

腕時計がずり落ちる原因

先日、知り合いが有名なスイスの腕時計を購入したとのことで、自慢げにスペックやら金額やらを語っていたのですが、残念なことにその腕時計の位置がずれてフィットしていませんでした。

本人は満足気に話しているので、あえて指摘するのは避けたのですが、話を聴いている内に腕時計の位置がずれている原因がわかってきました。

その高級腕時計は通販で探して最安値で購入したらしく、しかもメタルブレス(金属のバンド)の調節を自分でおこなったそうです。

メタルブレスの調節をするには専用の工具が必要なので、多くの方は腕時計を購入したお店で調節してもらうのですが、道具を持っている方は自分で調節することも出来なくはありません。

おそらくですが腕時計の位置がずれている原因は、この調節が失敗しているからです。

よく腕時計に締めつけられるのがイヤで、指一本分の隙間をもたせる方もいますが、指一本と言っても人差し指と小指では違いますし、指の縦と横でも違うものです。

また腕時計本体の重量やベルトの形状によってフィット感に差があるものです。基本的に手首が細い人ほど、指一本分は余裕があり過ぎてずり落ちやすくなります。

腕時計の位置がずれやすい方は、ベルトを調節を見直すことで解決する場合があります。

【スポンサーリンク】

メタルブレスの調節

メタルブレスの幅を調節する時は、時計の針でいうところの12時側と6時側のバンドの幅を調節するのですが、これが適当だと重量バランスや手首の形に合わなくてずれやすくなります。

単純に長さだけの問題ではありません。同じ長さでも12時側と6時側のどちらを調節するかで、幅の広いバチッと留めるバックルの位置が変わります。腕時計の本体と相対する手首の内側のバックルの位置が変わるということです。

メタルブレスの高級腕時計

左右対称に全く同じ幅が理想ではあるのですが、その状態で少し緩い場合、どちら側かを短くする必要があります。

この時に相性があります。バンドの12時側と6時側のどちらかを短く(長く)した方が相性が良いかを見極めてください(6時側が多い)。

お店で調節してもらう場合はバランスをとってもらえると思います。自分で調節できる方は、どちらも試して相性の良いバランスを見つけてください。

革のベルトの調節

革のベルトの調節はそれほど難しくありません。少しきつめの穴に通せばずれることはありませんし、徐々に革が伸びて馴染んできます。

革ベルトの腕時計

革は刺激があると徐々に伸びますが、刺激が少なくなるとその状態をキープするようになります。フニャフニャに柔らかければいいわけではなく、頻繁に刺激がある箇所だけが柔らかくなり、そうではない箇所は張りを保ってくれます。

これが革が馴染むということです、硬い革ほど体型に合わせてフィットしてくれます。張りを失った革や布のベルトでは、このようなフィット感はありません。

革のベルトでも締め付けられるのがイヤで緩めにする方がいますが、それだとずれた位置に合わせて革が馴染んでしまい、ずれた位置をキープしやすい状態になる可能性があるので、緩すぎにならないように気をつけてください。

これは革靴をイメージするとわかりやすいと思います。靴紐も結ばずに緩めに履いていると、どんどん履き口が広がって伸びてしまうようなことです。

また革のベルトを交換するのも一つの選択肢です。

基本的に腕時計のベルトがずれやすい方は手首が細い方です、細い方は少し短めの革ベルトに交換するとバランスがとりやすくなります。

革のベルトも穴を通す位置、バックルの位置が手首の内側の中心に来るのが理想です。

腕時計のベルトのバックルの位置

今現在使用している革ベルトのバックルの位置を確かめ、その革ベルトの長さを測ってください。

特にバックル側(12時側)のベルトの長さが重要です、バックルの中心が手首の内側の中心を超えていれば短めのベルトを探してください。

革ベルトの長さは、短い、長いと言っても5mm程度の違いなのですが、この5mmでも逆に働いてしまうとずれやすくなってしまいます。

今までのベルトより5mm短くすることが理想なのに、適当に選んで5mm長いベルトを選んでしまうと10mmの差になるので気をつけてください。

腕時計の革のベルト交換というと、ベルトの幅だけで決めてしまう方が多いのですが、長さも意識することで、よりフィットさせることが出来ます。

またベルトが長すぎると見た目のバランスもよくありません、ベルトの先が文字盤の近くまで巻き込んでしまう方も長さを意識してください。

極端なことを言えばレディース用のベルトでも構いません、ベストな長さを意識してください。

【スポンサーリンク】

まとめ モノより調節

腕時計がずれる原因はベルト調節だけとは限りません。高級な腕時計ほど重い金属(金やプラチナ)や宝石が使用されています、同じ大きさの腕時計でも重たいほどずれやすくなるものです。

金ピカの下品な腕時計

また腕時計本体の大きさも影響します。女性用の小型の腕時計はずれやすいものです。

必ずしもベルトの調節で上手くいくとは限りませんが、現在ずれが気になっても身につけているということは大切な腕時計だと思うので、改めてきちんとベルトを調節して欲しいと思います。

そして革のベルトは必ずしも純正品がフィットするとは限りません。あなたの手首の太さや形と相性の良い長さや太さを探してください。

【amazon】腕時計 革ベルト

【楽天】腕時計ベルトランキング

安物の合成皮革のベルトでも、ベルトの位置によって強度を変えてフィット感を上げているものもあります。通常の革のように馴染まないだけに工夫をしているものです。また革ベルトなのにメタルブレスのようにバチッと留めるバックル(Dバックル)もあります。

高級な腕時計でも手首にフィットしていなければ魅力は半減してしまいます。借りてきた腕時計に見えてしまうかも知れません。

高級な洋服でも同様です。サイズがあっていなければ皺が目立ってしまいます。手入れを怠ると皺になります。高級な生地ほど光沢があるので皺や汚れが目立つものです。

高級な革靴でも同様です。サイズがあっていない革靴ではまともに歩けません。立ち姿もぎこちなく、良い姿勢をキープすることなど出来ません。

参考男性の歩き方についての考察

高級なアイテムが悪いというわけではなく、きちんと体型と向き合って選ぶことが大切だということです。

多く方が適当に大き過ぎるスーツやジャケットを着ています。せっかくの自慢の腕時計もジャケットの袖に隠れてしまっています。

スーツの袖が手首にかかっている例

猫背で姿勢が悪くても同様です。前かがみになるとジャケットの袖が手首にかかって腕時計が隠れてしまいます。

高級なファッションアイテムを活かす為にも、大好きなファッションアイテムを活かす為にも、そのアイテム以外の要素を見落とさないでください。試着もしないでピタリとある洋服を選ぶことな至難のわざです。

腕時計のベルトの調節もその一つです。きちんと向き合うことで、あなたの魅力をより引き出してくれると思います。

モノだけが高級でもカッコいいとは限りません。そもそもスーツには大きなブランドロゴがついているわけではありません。それでもカッコよくスーツを着こなしている方とそうではない方がいます。

だらしのないファッションで姿勢や表情まで悪いと、高級な腕時計も偽物に見えるものです。一方でノーブランドの腕時計でもカッコよく身につけている方がいるものです。

きちんと意識にあげて向き合ってください。自分の体型や特徴を知ってください。万人に似合う腕時計などありません。流行している腕時計でも全ての人に合うことはありません。

私が現在愛用している腕時計のブランドの展示会にいった時に、同じような見た目の腕時計の最高峰(六百万!)のモノを身につけさせてもらったのですが、ひと回りサイズが大きく、しかも複雑機構で分厚く存在感があったので、正直バランスがよくありませんでした。

私の愛用している腕時計の価格は100分の1程度ですが、私の腕の太さには合っていると感じました。おかげ益々愛着がわいたものです。

あくまでも、あなたに似合う腕時計を選ぶようにしてください。腕時計がずれやすい方は、本体の大きさも意識してほしいと思います。

【関連記事】
腕時計の格安オーバーホールを試してみた

右腕に腕時計をするなら理由を明確に!

腕時計の電池消耗が早くなる理由


down

コメントする