男の着こなし.com

薄毛対策は余計なことをせずに自分を信じること

薄毛対策の真実

ここまで長い文章を読んでいただき、ありがとうございました。ここが最後になるのでもう少しお付き合いください。

ここまで世の中に出回っている薄毛対策の多くを否定するような内容になりましたが、必ずしもそれらの薄毛対策が効かないと言いたいわけでもありません。

薬の効き具合に個人差があるように、抜群に効くという方がいてもおかしくありません。

コーヒーを一杯飲むだけで眠れなくなる方もいますし、五杯以上飲まないと眠たくなるという方もいます。

Aという育毛剤を開発したメーカーが考えている薄毛の原因と、あなたの薄毛の原因がピタッとマッチすれば素晴らしい効果があるかも知れません。

ですが、薄毛の原因は様々なことが言われています。どれが正しいのかもわかりませんし、いくつかの原因が複合的に重なっていることもあると思います。

大学病院のようなところで徹底的に分析してもらえば、何かしらの特定の原因を見つけられるかも知れませんが、それは現実的ではないと思います。

だからこそ、私は薄毛の原因にフォーカスするのではなく、身体全体の不調と向き合って改善していってほしいと考えています。

実際に私自身も薄毛ばかりに気を取られていた頃に実践した、様々な薄毛対策で改善されることがなかったのですが、オシャレに目覚めたこともあり、身体全体の健康を意識するようになってから、薄毛が改善されていきました。

私の薄毛の原因が何だったのか特定することはできませんが、身体全体を健康にすることで薄毛の原因にもアプローチ出来たのだと思います。

【スポンサーリンク】

100%などない!

風邪を治す薬はありません。鼻水を抑える薬や熱を下げる薬はありますが、風邪を治すのは自分の身体(免疫力)です。

最近はちょっとした微熱なら解熱剤を処方しなくなりました。免疫力を高めるために熱を上げているので、無理やり熱を下げてしまうと免疫力が活性化せずに、風邪が長引いてしまうからです。

もちろん高熱の場合は別です。命の危険や後遺症が残る可能性のある高熱の場合は、お医者さんに適切に処理してもらうべきです。

何かしらの病気が原因で薄毛になっている場合も同様です。何かしらの病気で身体が不調になっている方や、精神的なストレスを抱えて髪が抜けてしまう方もいると思います。

そのような方に、「自分の力だけで健康的な身体を取り戻しましょう!」と言いたいわけではありません。

 

ここを混同しないでほしいと思います。

 

何かに頼るのが悪いのではなく、何か頼りながらも自分の力を引き出せるようにしてほしいと思います。

高血圧の方に血圧を下げる薬を飲むな!と言いたいのではなく、薬を飲みながらも血圧が上がってしまった原因と向き合い、生活習慣を改善していってほしいと言うことです。

少しずつ血圧が下がってくれば薬の量を抑えることが出来ますが、薬に頼り切りだと何も改善していきません。

薄毛対策も同じなのではないでしょうか。頭皮マッサージを行うことが悪いのではなく、頭皮の血行が悪くなってしまった原因と向き合い、生活習慣を改めていってほしいと思います。

その為の方法が食生活の改善(主に食べ過ぎを抑える)であり、姿勢や歩き方などの身体の使い方の改善であり、睡眠環境を整える(回復力を高める)ことであり、そして考え方を改める(健康になれば薄毛は治ると確信する)ことだと思います。

確信する凄さ

薄毛に対する考え方が変わると、食生活も行動も睡眠もすべて変わります。

それらの行為を行ったときの気持ちよさ、心地よさが変わります。

「健康になれば薄毛も改善されるんだ!」と確信すればするほど、健康になるための行為を選択することが楽しくなります。

これはパブロフの犬で考えるとわかりやすいかも知れません。

パブロフの犬というのは、エサを与える前に必ずベルを鳴らすようにすると、そのうちベルが聞こえた時点で犬がよだれを垂らすようになることです。

犬の中で「ベルの音=食事」という認識が生まれるので、目の前にエサが運ばれてくる前から身体が反応する(よだれを垂らす)ようになります。

この現象と同じように、「身体が健康になれば薄毛も治るんだ!」と強く確信できると、「身体を健康にするための行為=薄毛解消」という認識が生まれ、それらの行為を積極的に選択したくなります。

逆に確信できずに「身体に良い食事=美味しくない、物足りない」という認識のままでは、苦痛にしかなりません。当然美味しさも感じられません。

もう一つダイエットでたとえてみます。

食事制限や運動などのダイエットを行っている女性が、「痩せて海でモテモテだわ~」と心から確信できていると、ビーチで男性モテているであろう気持ちよさを、ダイエットを行っている時からも感じられるようになります

一方で「太っちゃった、何とか痩せなきゃ」ぐらいの考え方でダイエットを始めた女性だと、そのダイエットを行ったことでやってくるであろう素敵な未来(望んでいる未来)を想像できないので、目の前の苦痛しか感じられません。

これは男性の筋トレでも同じです。

目標もなく何となく筋トレを始めてしまうと、目の前の苦痛や疲労にしかフォーカスされていないので三日坊主になってしまいますが、「マッチョになって女にモテモテだぜー!」と想像を膨らませていると、筋肉痛や疲労を感じる度に「よっしゃー、これでまた筋肉が大きくなるぜー」と心地よさを感じるようになります。

はたから見るとヒィヒィいって辛そうに見えるかも知れませんが、本人はその痛みや苦しみで最高に気持ちよくなっています。

同じような空腹感や疲労感でも、考え方(捉え方)が違うと苦痛にも心地よさにも変化します。

パブロフの犬の「ベルの音=欲しているもの(エサ)」という認識を脳に埋め込んだのは外部の人間ですが、このような認識を自ら脳に埋め込む行為が「確信する」ということです。

「薄毛を何とかしたいな~」ぐらいでは、確信度が全く足りません。

「薄毛を何とかする!」でもまだまだです。

「薄毛は治るんだ!」と強く確信することで、その為の様々な行為(身体の健康)を積極的に選択したくなります。それは心から求めている事と合致している事なので、パブロフの犬のよだれのように嬉しくてたまらなくなります。

これは言ってみれば自己洗脳のテクニックです。

パブロフの犬のように他人から仕掛けられたことは洗脳技術そのものですが、心から自ら望んでいる未来に対して働きかけるのは何も問題ありません。

完全に薄毛を諦めてどうでもいいと思っている方に、私がここまで紹介してきた内容を何度も吹き込んで考え方を変えてしまうことは、本人が望んでいない考え方に変えたことになるので洗脳になりますが、自らの意志で検索してこのページにたどり着いた方というのは、少なくとも「薄毛を治したい」と悩んでいる方なので手助けになると思います。

洗脳の詳しいメカニズムについて理解する必要もないのですが、心から薄毛を治したいと思っている方は、「薄毛は治るんだ!」と確信してください。

確信すればするほど、身体はどんどん健康になっていきます(健康になる選択肢を選びたくなります)。これが確信する凄さです。

「どうせプラシーボだろ、大した意味ないよ」と思う方は、実際に「大した意味」が訪れることはありません。あなたが考えている通りの現実(大したことない)が続くことになります。

「考え方を変えたぐらいで治るわけないだろ」と思う方も、実際にその通りになります。何も変わらない現実を選択することになるので、老化で現状維持すら出来なくなります。

 

以上、ここまでが私が薄毛を解消できた理由についての説明でした。最後まで読んでいただきありがとうございます。

ちなみに当サイトは、ファッション向けの情報を紹介しているので、おまけでオシャレへの意識が薄毛に好影響を与える流れについて付け足しておきます。ファッションに興味がない方は、ここまでで十分だと思います。

【スポンサーリンク】

おまけ ファッションと薄毛

私がファッションに興味をもち始めた頃というのは、いわゆる高級ブランドや有名ブランドの洋服ばかりを購入していました。ファッション雑誌で紹介されている最新ファッション=イケている洋服、という認識しかありませんでした。

それから紆余曲折を経て、「洋服が似合う」という基準を改めるようになり、自分の身体に合う洋服を選ぶようになり、周囲の女性から褒めてもらえるようになっていきました。

女性に「○○さん(私)、オシャレですね~」「素敵ですね」と言われるのが、なんとも心地よく、パブロフの犬のよだれのように私の頭の中で、快楽物質が分泌される回路が構築されていきました。

すると「もっとオシャレになりたい」という気持ちになり、洋服以外にも靴や鞄や財布などの小物にも意識が向かうようになり、さらに姿勢や歩き方による見え方を気にするようになりました。

それらについて考えていることが心地よく、実際に女性に褒めらえる前から楽しくなっていることに気がつきました

またきちんと体型にを合わせた洋服や靴というのは、身体の疲労感を大きく軽減してくれました。身体が軽くなって行動的になり、健康面だけではなく、あらゆる面(主に仕事)で好影響が生まれてくれました。

いつもお気に入りの洋服を身に着けていると、それだけで笑顔で気分爽快なので、誰と接しても好印象を持ってもらえることが増え、人生がどんどん好転していきました。

さらに美肌やスタイルにも関心が向くようになり、生活習慣を見直して睡眠環境を整えていくようになりました。この頃には離婚後のショックもかなり薄れていました。

ちなみに薄毛に関してはファッションに興味を持つ前に、さんざん向き合ったのにも関わらず、これといった効果がなかったので、これ以上悪くならないように健康に気を付けて、薄毛なりに似合う髪型をしていればいいかなと思っていました。

オシャレに興味を持つことで健康になったこともあり、その頃には薄毛が進行することもなく、ピークの頃から比べると若干改善してきたようにも感じていました。

そうして「シャンプーをやめると、髪が増える」という本に出合いました。

その頃はまだ「シャボン玉石けん」で全身を洗っていたのですが、オシャレのために身体の健康を意識していたこともあり、体臭も少なくなってきていたので、思い切って「シャボン玉石けん」の使用頻度を減らしていきました。

三ヶ月ぐらいかけて「湯シャン」だけで問題ないようになり、それからさらに半年ぐらい経ってからでしょうか、周囲の薄毛に悩んでいる男性に「何か特別なことをしているの?」と聞かれることが増えてきました。

さらに数ヶ月が過ぎ、私の薄毛をからかっていた兄に数年ぶりに会うと、なんと逆転しており「どうやるんだよ!」と強く迫られることになりました。

「どうもしないで前向きに健康になっただけ」と伝えたのですが、「何か隠しているだろ!増毛か?」と怪しまれました。

本当に私がやったことは、身体の不調と向き合って健康になったことと、前向きに「女性にモテたい!」という気持ちをもったことと、シャンプーで髪を洗うことをやめたことだけです。

風邪を治すには水分をとって眠ることが一番です。解熱剤や咳止めを飲んで仕事を続けていると治るのが遅くなるように、薄毛(何かしらの原因で不調)を治すのも、健康的な生活を心がけて、しっかりと眠ることが一番なのではないでしょうか。

世の中には不摂生な生活をおくりながらもフサフサの方がいますが、人は人です。

不潔にしていても風邪をひかない人がいるように、免疫力も人それぞれですし、相性の問題もあると思います。私は一年に一回ぐらいは風邪をひきますが、インフルエンザには一度もなったことがありません。

身体の不調が薄毛となってあらわれる人もいれば、白髪になる人もいます。顔色が悪くなったり、お酒が弱くなったり、疲れやすくなったり、人それぞれなのだと思います。

誰かと比較するのではなく、あなた自身の身体としっかりと向き合ってみてください。昔の自分と比べて劣っているところがあれば、そうなってしまった原因を探し、生活習慣を見直してほしいと思います。

「風が吹けば桶屋が儲かる」のように、身体の不調が改善されれば、巡り巡って薄毛にも好影響があるのではないでしょうか。

ちなみに「風が吹けば桶屋が儲かる」の意味をウィキペディアで調べると、

大風で土ぼこりが立つ

土ぼこりが目に入って、盲人が増える

盲人は三味線を買う(当時の盲人が就ける職に由来)

三味線に使う猫皮が必要になり、ネコが殺される

ネコが減ればネズミが増える

ネズミは桶をかじる

桶の需要が増え桶屋が儲かる

とありました。これぐらい遠いところ巡り巡って桶屋が儲かるのだそうです。

身体の不調を整えることも、すぐに薄毛解消に結び付くとは限りませんが、全身はつながっているので、まったく影響がないと考える方が不自然なのではないでしょうか。

ちなみに私は歩き方や姿勢や食事や睡眠環境を変えることで、肌ツヤがとても良くなりました。昔は床屋さんで顔そりをしてもらうとカミソリ負けをしていたのですが、現在は全くなくなりました。

他にも爪が綺麗になりました。昔は爪に縦の線が入っていたのですが、かなり薄くなりました。

あと二日酔いも良くなりました。私は普段あまりお酒を飲まないのですが、宴会などでお酒を飲むと昔は翌日に響いたものですが、現在はほとんど影響がありません。肝臓の働きが良くなったのか、睡眠環境のおかげなのか、どちらの影響もあるのかも知れません。

また逆に言えば薄毛のために生活習慣を見直すということは、薄毛以外にも様々な好影響があるということです。疲労を回復しやすくなれば、毎日を生き生きと暮らしていけるものです。

「薄毛を治したい」「女性にモテたい」といった目標だけではなく、「大切な家族を守りたい」「大きな仕事を成し遂げたい」といった目標を達成するためだとしても、身体の調子が悪ければ達成できるわけがありません。

「家族の生活を守るんだ!」というお父さんであれば、身体が健康であるのは当然のことです。べろんべろんに酔っぱらって、だらしのない姿を子供に見せたり、二日酔いで次の日の仕事に影響がでたりすれば、家族の生活を守ることなど出来ません。

このようなお父さんは口では「家族の生活を守るんだ!」と言っていても、確信度(本気度)が低いということです。

このような確信度では、大きな仕事のチャンスが目の前にあらわれても、パブロフの犬のよだれのような反応が出ません。チャンスとも気が付かずに見逃してしまいます。

一方で心から「家族の生活を守るんだ!」と決心(確信度が高い)しているお父さんであれば、このようなチャンスを瞬時に察知して、がっちりとつかむことができます。

そのようなお父さんは不摂生な生活などおくりません。仕事のために一時的に生活リズムが崩れることはあるかも知れませんが、飲んだくれて(遊び)で不健康になることは選択しません。

健康であることが目標(家族の生活を守る)と合致しているので、健康であるための行動を自然と選択します。その選択が心地よいということです。

仕事で様々な人と接するときに不利に働くような不健康な見た目にはなりません。職場や取引先の女性に嫌われやすい見た目(不潔や薄毛)にもなりません。

目標を達成するためには、魅力のある外見であることが当然のことのように考えているので、結果的に見た目も身体も若々しく保つことになり、薄毛になんてなるわけがないと確信しており、誰からも好かれる清潔感のある洋服を身に着けています。

 

厳しい言い方になりますが、身だしなみを整えることもなく、健康を意識せずに不摂生な生活をおくっている方というのは、どんどん身体が衰えていきます。薄毛になるのも当然の流れなのかも知れません。

生きている目標がない(あっても確信度が低い)ので、身体は死へ向かっていきます。

お年寄りでも目標がある方は生き生きとしていますが、そうではない方は年齢以上に老けているものです。

私も偉そうなことは言えないのですが、離婚直後で人生に絶望していた頃というのは、お腹が出て髪が抜けて疲れ切っていました。

人は希望の未来を失ってしまうと、成長しなくなるのだと思います。

 

だからこそ、薄毛を諦めないでください。

 

薄毛なんて絶対に治ると確信してください。

 

薄毛が解消された先の未来を想像してください。

 

好きな髪型にして愛する人と楽しんでいる自分を想像してください。

 

頭の中でリアルに想像できればできるほど(確信度を高められるほど)、その為に必要な日々の行動が目に入るようになり、パブロフの犬のよだれのように気持ちよさを感じられるようになります。

ちなみに上手に未来をイメージするには、姿勢を正して上を向くとイメージしやすくなります。

腕を組んでうつむいてしまうと、過去の記憶がよみがえってきやすいので気をつけてください。

薄毛なんて治って当然だと確信してください。さらにその先の素晴らしい未来を作り上げてください。何度も何度もイメージしてください。声や音を加え、心地の良い香りをつけ、五感でそのイメージを感じ取ってください。

これこそが確信度を高めるテクニックです。理想の未来を毎日イメージすることで、現実(身体)が理想側へ変化していきます。

誰かに押し付けられた未来ではなく、あなたの理想の未来をイメージしてください。たくさんの美女を相手にするにも、疲れ知らずの健康的な身体が必要なはずです。

そうなっているのが当たり前だと確信できると、現在のあなたの身体(脳)が徐々に変化していきます。

あなたの理想の未来にふさわしい洋服を身に着けることも効果的です。理想の未来像を現在感じることで確信度が益々高まっていきますよ。

ファッションに関しての知識は他のページでたくさん紹介しているので、良ければ参考にしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。あなたの薄毛が改善されることを心から願っています。

いや、願ってもいないです。考え方が変われば、身体が変わるのは当然のことなので、なんの心配もする必要はありません。どんどん勝手に望む未来像に近づいて行っちゃってください。

最初へ:薄毛対策の基本


down

コメントする