男の着こなし.com

マッチョは洋服が似合いません、ほどほどでいいんです

マッチョは洋服が似合わない!?

前回の記事で洋服が似合う体型を目指すには、大胸筋を鍛えることが有効だと紹介したのですが、ボディビルダーやプロレスラーのような体型を目指せといっているわけではありません。

むしろマッチョはスーツやジャケットが似合いません。

ダウンタウンの松本人志さんがマッチョになったのは、ご存知でしょうか。

マッチョな松ちゃん 引用元:http://news.mynavi.jp/news/2014/08/26/471/

洋服の上からでもわかるぐらいの大胸筋が盛り上がっています、昔の松本さんはスーツが似合っていたのですが、最近は正直似合っていません。

【スポンサーリンク】

プロレスラーは裸が一番

マッチョのスーツ姿と言えば、プロレスラーの記者会見を想像してみるとわかりやすいと思います。

正直、みなさんスーツが似合っているとは言えません。

プロレスラーは鍛え上げられた裸が最も輝くので、似合う洋服は肌の露出が多いランニングやTシャツ姿です。

棚橋弘至 引用元:https://shop.njpw.co.jp/products/detail.php?product_id=616

誤解のないように言っておきますが、私はプロレスラー大好きです、心から尊敬しています、「愛してまーーーす!」(親日派)。

画像の棚橋弘至さんがラジオで洋服について語っていたのですが、基本的に2Lの伸びる素材の洋服を選ぶのだそうです、すると身体にピタッと張り付いて身体のラインをアピールできます。

身体のラインを出しても恥ずかしくない方、鍛えている方、若い方はTシャツ姿だけで十分にカッコ良くなります、洋服を着こなすテクニックなど必要ありません。

一方で体型が衰えてた中年男性は、きちんと洋服を着こなさないと粗が目立ってしまいます。

【スポンサーリンク】

中年体型のおじさん

一般の男性の多くは、中年になるのしたがってお腹が出てきます、だからこそ身体のラインを隠すことが可能なジャケパンスタイルとの相性が良くなります。

スーツ姿はカッコイイのに、私服がダサイというおじさんは、体型を隠すことが出来ないからです、私服でもスーツのように体型を隠すことが出来るジャケパンスタイルを取りいれてください。

スーツやジャケットは生地に張りがあるので、身体のだらしないラインを上手く隠してくれます。

一方で体型を隠しすぎようとオーバーサイズを選んでしまうと、洋服に余計な皺が増えてだらしなく見えていまいます。

ジャケットの皺

だからこそ、きちんとサイズを見極めて洋服を選んでください、TシャツのようにSMLしかサイズ展開がないカジュアルな洋服がピタリと合うなんて奇跡です。

スーツやジャケットのように、細かくサイズがわけられている洋服を選ぶことがポイントです。

スーツやジャケパンスタイルというのは、中年体型のおじさんがカッコよく着こなせる数少ない洋服です、逆に言えば他の洋服は体型が崩れていると似合いようがありません。

お洒落な高田純次 引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150218-00000005-dal-ent

プロレスラーのような立派な体型ではない方こそ、きちんとサイズを細かく合わせることが出来るジャケパンスタイルが似合いやすい洋服になります。

体を鍛えることは素晴らしいことですが、ある程度お腹さえ凹ますことが出来れば、後は洋服の方で補整することができるので、ほどほどにダイエットを頑張ってほしいと思います。

高田純次さんのように、カッコよく洋服を着こなせるように頑張りましょう。

前へ:高田純次さんのようにダンディに着こなすには、お腹周りがポイント
mae iti ni san iro tugi iro
3ページ中、3ページ目を表示

【関連記事】
ダイエットのコツは、食べる順番にあり

本気でカッコよい体型になりたい方へ

プッシュアップバーの効果がヤバい!?


down

コメントする




CAPTCHA