男の着こなし.com

宝塚の男役の仕草は女性の理想像!男らしさアピールのプロ!

宝塚は究極の男性像

私は宝塚歌劇団の舞台を見たことがないのですが、おそらく女性が演じる男性像というのは、女性が理想とする男性像なんだと思います。

これは逆に考えてみるとわかりやすいと思います。歌舞伎役者の男性が演じる女形はとても女性的で魅力があるものです。歌舞伎も女性らしい仕草を徹底的に研究した集大成なのだと思います。

実際の女性の仕草よりも、女形の役者さんのほうが女らしいぐらいです。

女方 引用元:http://bejineko.blog73.fc2.com/blog-date-200811.html

宝塚歌劇団の男役にも共通点があるように感じます。一般の女性にとっては、一般の男性よりも、宝塚の男役の仕草のほうが男性らしさを感じるということです。

女性らしい仕草に男性が惹かれるように、男性らしい仕草に女性は惹かれます。宝塚の男役から女性が理想としている男性らしい仕草を学ぶことができます。

宝塚の男役の仕草

宝塚の男役は姿勢が徹底的に研究されています。うつむくことはありませんし、内股になることもありません。常に堂々と胸を張って自信が漲っています。

物凄く当たり前のことですが、女性の理想の男性像は「頼もしさ」です。ナヨッとしている男性が好きな方は少数派です。

稀にそのような男性がタイプだという女性がいますが、大抵は過去にオラオラ系の男性に対して悪いイメージをもつ過去やきっかけがあったからです、おそらく本心ではありません。

また「男らしい女性がタイプ」という男性も滅多にいません。これも大抵は本人が弱々しくて引っ張っていってくれる女性がタイプということです。本音を言えば「女性らしい可愛い女の子」に引っ張ってもらいたいはずです。

男性の理想像を具体化しているアニメやマンガに、よく「男らしい女性キャラ」が登場しますが、決して見た目が男らしいわけではありません。むしろ体型は女性らしい巨乳です。

「男らしさ」とは見た目だけではありませんが、宝塚の男役には男らしさを仕草で上手に表しているものです。男性らしい身体付きでないのにも関わらず、知識、テクニックとして男らしさを演出しています。

これらのテクニックというのは、誰もが取り入れられるものです。要は努力次第で頼もしい男性に近づけるということです。

男性らしい髪型やファッションというのは、それこそ男性であれば誰もが自然に取り入れられるので、姿勢や仕草を知ることで頼もしい男性らしさを加えることが出来ます。

そしてそれらのテクニックの中でも、特に興味深い仕草がありました。

宝塚の男役の方の多くが、手の甲を見せる仕草を行っています。

WS000000 引用元:http://blog.livedoor.jp/enbublog-journal/archives/1701200.html

yu_DS_ForYOU
引用元:http://matoblog.blog71.fc2.com/blog-category-29.html

この手の甲を見せる仕草が男らしさの象徴ということです。

女性は男性の手に色気を感じると、別のところで詳しく紹介したことがあるのですが、

参考女性が男性の手が好きな本当の理由

女性は男性が思っている以上に男性の手を気にしています。だからこそ女性目線の宝塚の男役は手の甲をアピールする仕草をしているだと思われます。

一般男性がこのような仕草やポーズを取ることはありません。

少女漫画の共通点

女性が理想とする男性像にも色々ありますが、ジャニーズですらこのような仕草はしません。雑誌のモデルでもイメージがありません。

唯一イメージ出来たのが「ヴィジュアル系バンド」だけです。

ビジュアル系バンド 引用元:http://jptopic.org/

彼らはよく手の甲を見せた決めポーズをしています。

興味深いのは宝塚もヴィジュアル系バンドも女性の理想を形にしたものです。ジャニーズは女性に寄せてはいますが、男らしさを全面に押し出すのではく、中性的なポジションなんだと思います。

また女性の理想像が具体化されている少女漫画の王子様は、手の甲を見せる仕草をしています。

男性向けのマンガの女性キャラがことごとく巨乳なように、女性向けのマンガに登場する男性キャラには女性の理想が込められています。

男性が想像する男らしさというのは、わかりやすく盛り上がった筋肉だったりするのですが、女性は想像力が豊かなので、盛り上がった筋肉以外からも色気を感じ取るということです。それが手の甲や腕に浮き出た血管なのだと思います。

男性のように筋肉をつけられない宝塚の男役の女性は、姿勢や仕草で男らしさをアピールしています(あくまでも推測です)。

ジャニーズやEXILEであれば、肌の露出の多い衣装で男らしさをアピールできますが、女性の身体の宝塚の男役はそうもいきません。だからこその仕草なんだと思います。

これは多くの男性が取り入れられる要素ではないでしょうか。いつも手の甲を見せつけるのは不自然ですが、日頃から爪を綺麗に整えておくことが、とても大事なのは理解できたのではないでしょうか。

まとめ 男性らしい仕草や姿勢

しつこいようですが、男性が思っている以上に女性は男性の手に注目しています。

必ずしもピアニストのようなキレイな指が良いのではありません。無骨な男らしい指が好きという女性も珍しくありません。

男性の手は男らしさの象徴として、女性に注目されています。

一般の男性が手の甲を見せつけるようなポーズをするのは不自然ですが、手がセックスアピールになるということは頭に入れておいてください。

さりげなく荷物をもってあげたり、手を貸してあげるという動作は、男性の想像以上に効果があります。女性の頭の中に妄想させることができます。

日頃から爪が伸びていたり、ささくれだっていたり、荒れていたりしないように気をつけてください。

参考爪を綺麗に切るポイント!

筋トレを頑張って腹筋が割れても、滅多に女性にアピールできるわけではありません。一方で男らしい姿勢や仕草というのは、日常の動作の中で男らしさをアピールすることができます。

姿勢が悪いだけで身長が低く見えてしまいますし、頼りなく見えてしまうものです。

宝塚の男役といっても女性なので男性らしい身体付きをしているわけではありませんが、自然と胸を張った堂々とした姿勢をしているものです。

逆に言えば、それほど筋肉がない男性でも姿勢さえ良ければ、それなりに男らしく見えるということです。

参考姿勢を正すポイントお尻にあり!

特に意識していない女性に対してでも、何かのきっかけで女性らしさが垣間見れると意識することがあると思います。思わぬ○○チラなどは強烈に異性として意識するものです。

これは女性も同じです。

男らしい仕草は女性の頭の中に「男らしさの種」を撒くことになります。その種が芽生えるかどうかはわかりませんが、少なくとも男性だと意識させることができます。

イケメンやマッチョには簡単になれるわけではありませんが、男らしい姿勢や仕草は誰でも取り入れられると思います。宝塚の男役のように女性ですら取り入れて効果があるわけです。

これは内面のことではありません。あくまでも外見のことです。

内面は相性や好みがあるので何とも言えませんが、あくまでも外見を男らしくすることはプラスになります。

これには髪型やファッションも含まれますが、今回伝えたいことは「男らしい姿勢や仕草を意識してください」ということです。

「女らしい女性」を嫌いな男性がいないように、「男らしい男性」が嫌いな女性はいません。容姿や内面は簡単に変えられませんが、仕草や姿勢は宝塚の男役や歌舞伎役者の女形のように後付けすることが出来ます。

好きな女性の前では男らしく振る舞うことを意識してください。これは偉そうにしたり、雑になったり、乱暴になるという意味ではありません。あくまでも自然な男らしさのアピールです。

好きでもない女性が小走りで前を通り過ぎた時に、胸が揺れているのを目撃すると意識してしまうものです。興味がない相手ほど落差があるので強烈に意識することになります。

これは女性も同じです。日常の何気ない動作で男らしさが出るように心がけてください。

宝塚の男役のように手の甲をアピールするのは不自然ですが、男らしい姿勢や仕草を自然にできるようになると、多くの女性に好かれる(意識させる)ことにつながるものです。

【関連記事】
道具なしでも簡単に握力を鍛える方法

女性が本当に好きな男性の体型の本音

正しい姿勢に簡単に導く意外な方法

down

コメントする