男の着こなし.com

ネットで洋服を購入する時のポイント!用途別に考えよう

ネットで洋服を購入するリスク

当サイトでは、口を酸っぱくするほど何度も「洋服を購入する際には必ず試着をしましょう」と言ってきました。

とはいえ、地域によっては難しいこともあると思います。

私も都心に住んでいるわけではないので、たまにネット通販のお世話になります。少し前に「サマーカーディガン」を購入しました。

届いてみると、やはりネット通販のリスクともいえる「思っていたのと違う」ということになりました。

そこで今回はネットで洋服を購入するときのポイントについて紹介します。

【スポンサーリンク】

ポイントはやっぱりサイズ

洋服をカッコよく着こなすには、サイズ合わせが一番のポイントになります。

試着をするのが理想ではありますが、最近のネット通販のショップの多くは、洋服のサイズ感の情報も提供してくれています。

あくまでも参考程度ではありますが、それらをしっかりと確認することは重要です。

目当ての洋服を着用しているモデルさんのスペックがあれば、必ずチェックしてください。

また実際にその洋服を購入した方のレビューも参考になります。

「思っていたよりも大きかった」

「洗濯をしたら縮んでしまった」

「写真と違って安っぽい」

など、購入者さんの貴重な意見があるかも知れません。

またお気に入りのネット通販のブランド、メーカーが見つかれば、そこの洋服を中心に選ぶのも有効です。購入した洋服を着ているモデルさんが、他の洋服を着ている姿が参考になります。

ここまでは一般的な意見だと思いますが、私がネットで洋服を購入するときに意識しているのは、「あまりサイズが重要ではない洋服」を購入するということです。

サイズが重要ではない洋服とは?

サイズが重要ではない洋服というのは、要するに人前で披露することが少ない洋服ということです。サイズをそれほど気にする必要がありません。

少し前に私がネットで購入したサマーカーディガンも、基本的に部屋着という扱いです。

自宅で肌寒いときにちょうどいい洋服として、ネットで購入しました。

他にも過去にパジャマをネットで購入しました。パジャマも誰かに見せる為の洋服ではないので、多少のサイズのずれは気になりません(着心地は重要ですが)。

そもそもパジャマをリアルのお店で試着できるのかどうか知りませんが、私の住んでいる地域にパジャマの専門店がないということもあり、ネットで調べて購入しました。

参考パジャマを着る派の男性はモテる!?

本音を言えば、これらの洋服も試着して選ぶことが理想的ではありますが、必ずしも全ての洋服が試着できるとは限らないので、ネット通販も候補に入れています。

あと過去に購入したことがあるのは「七分袖のシャツ」です。私は腕が長くて一般的なシャツだと袖が短くて困るのですが、腕まくりをする前提のシャツであれば合わせやすくなります。

ただしオーダーメードの場合は別です。私は数年前にネットでオーダーメードのシャツを試してから、ずっとそこのお世話になっています。

参考格安のオーダーメードシャツを試してみた

部位別に細かくシャツのサイズを指定できるので、どの既成シャツよりもサイズが合います。定期的に生地が追加されるので、カジュアルなシャツも全てオーダーメードにしています。

オーダーメードは一般的なネット通販とは違いますが、私のように既成サイズと合わない方は検討する価値があると思います。

逆に言えば、既成サイズと相性の良い体型の方であれば、ネット通販とも相性が良いといえます。

とはいえ、洋服のサイズはメーカーによっても、流行によっても変わるので、やはり試着して確認するのが理想的です。

再購入は可

ちなみに既に所有している洋服と同じモノを購入するのであれば、ネット通販でも問題はありません。

既に所有している靴と同じメーカー、同じシリーズのようなことです。

「ユニクロのシャツのLサイズがピタリと合う」という方であれば、ユニクロの公式オンラインショップで新作のシャツを購入しても失敗は少なくなります。

それでも理想は試着をすることです。別のところで詳しく紹介しましたが、洋服には意外と個体差があるものです。

参考洋服の個体差について

Tシャツのように、ある程度伸縮性のある生地でつくられている洋服であれば、それほど問題にはなりませんが、ジャケットのように張りのある生地でつくられている洋服だと、実際に何着か試着してみると、着心地に差があるのがわかると思います。

あと肌着もネットで購入していました。私はYシャツの下に肌着を着る派なのですが、グンゼの肌着は毎年ネットで購入しています。

【スポンサーリンク】

まとめ 用途で分けよう

基本的に洋服を購入する際には試着をするべきですが、部屋着のように人前で着ない前提の洋服であれば、多少のサイズのずれは気にしなくても問題ありません。

ちなみに私が購入したサマーカーディガンは、サイズは悪くなかったのですが、思っていた質感と少し違いました。やはり写真はプロが綺麗に撮るので、このようなことがネット通販ではよくあることです。

それでも求めていた部屋着としての役割は十分に果たせてくれているので、満足しています。

また試着が難しい下着や靴下なども、ネット通販と相性が良いといえます。

ただし生地の素材はチェックしてください。化学繊維と相性が悪いという方は珍しくありません。体臭を悪化させる原因になることもあります。

ネットで洋服を購入するポイントというのは、用途別に分けて考えるということです。

ジャケットやコートなど生地の面積が大きいアウターにあたる洋服の場合は、より慎重に選んでください。送料さえ払えばサイズ交換が出来るショップもあるので、意識してみてください。

またネット通販だと驚くほど安い洋服が見つかるものですが、大抵はそれなりの品質の洋服です。安すぎる洋服も避けた方が無難です

大手ブランドの洋服がセールでお得な場合は、ある程度の品質は確保されていますが(偽物は別)、ノーブランドの格安品は、やはり格安の理由があるものです。

「セールで9割引き!」

のようなことも珍しくありませんが、そのような洋服はそもそもの値付けが間違っている可能性が高いです。セール時のお得感を引きだたせる為に、あえて高額な価格設定がされていることがあります。

そもそも1000円の価値しかない洋服に、2万円の値札をつけているようなことです。9割引きでも2000円で売れて儲かります。

これは洋服に限ったことではありませんが、ネット上にはこのような商品が多いので気をつけてほしいと思います。

リアルの店舗で試着を繰り返し、洋服の品質について目が肥えてくると、本当の掘り出し物がわかるようになります。

多くの方が洋服のデザインばかりを意識していますが、その上で生地の質や縫製を見極め、サイズとの相性を確かめられると、長く愛用できる洋服を見つけられるようになります。

もちろんセール品のなかに、このような洋服が見つかることもあります。

良い洋服の定義は、価格やブランドではなく、品質(デザインも含む)と相性(サイズ)です。デザインは雑誌やパートナーの意見を参考にしてもいいですが、相性は自分で見極めなければなりません。

ある程度の知識がある方は、ネットでもそれなりに品質や相性を見極められますが、初心者さんほどネットの罠にはまりやすいので気をつけてほしいと思います。

【関連記事】
ウィンドウショッピングのすすめ

洋服の個体差についての考察

グンゼの肌着は高品質で男性の味方です


down

コメントする




CAPTCHA