男の着こなし.com

Tシャツと肌着(アンダーウェア)の違い!似て非なるもの

肌着で外出はダメ!

先日、軽い同窓会のようなものがありまして、久しぶりの旧友との再会を喜んでいたのですが、一人凄い男がいました。

バーベキュー 肌着

真夏で屋外のバーベキューだったので、Tシャツ姿の同級生がほとんどだったのですが、そいつは明らかに肌着って感じのシャツで現れました。

ラフな格好なのはいいのですが、ラフ過ぎて驚きました。

WS000000 (イメージ)

そいつがファッションに無頓着なのは昔からなのですが、いよいよどうでもよくなってきたようです。気は良い奴ですけどね。

同じような白いシャツでも、Tシャツと肌着では見た目の印象は大きく違うものです。

そこで今回はTシャツと肌着の違いについて紹介します。改めて理解して使い分けてほしいと思います。

Tシャツと肌着の違い

私は肌着で人前に出たことがなかったので、特に違いについて意識したことがなかったのですが、あえて肌着姿で鏡の前に立ってみると、明らかなTシャツとの違いが色々見つかりました。

WS000000

Tシャツと肌着の大きな違いは機能性です。

肌着(下着、アンダーウェア)の目的は、快適な着心地と目立たなさが重要なことが見てとれました。

肌着は着心地を考えて通気性や伸縮性のある生地で、しかも薄手につくられているのが特徴です。もしTシャツが肌着のような薄さだと、いかにも安物という印象にうつってしまいます。

参考女性が苦手な男性ファッション一位が好け乳首

冒頭で紹介した同級生もそんな感じでした。

また形状にも違いがありました。長袖の肌着は八分袖とでもいいましょうか、袖の長さが少し短めに設定されています。これはおそらくワイシャツからはみ出さない工夫です。

肌着 短い

また肌着の首周りのデザインはU首やVネックなどが選べることが多いものです。上にYシャツを合わせたときに目立たない工夫がされています。さらに伸縮性のある素材でシルエットが細めにつくられているのも肌着の特徴です。

立派な体型を維持している男性であれば、肌着でもカッコいい肉体を誇示できるかも知れませんが、そうではない多くの男性にとってはボディラインの粗をさらけ出してしまいます。

逆にTシャツを肌着替わりにしてしまうと、上に着る洋服のシルエットに影響を与えてしまう(着ぶくれ)ので、きちんと分けて考える必要があります。

肌着は野球選手のアンダーウェアほどではありませんが、Tシャツと比べるとピタっとしていて動きを妨げないようになっているものです。

早稲田の佑ちゃん 引用元:http://ameblo.jp/252400/theme2-10021157268.html

そもそも肌着は見た目のことは考えられていません。黒子に徹しているのが特徴です。だからこそ肌着で現れた同級生が、とても残念な印象にうつってしまいました。

マッチョの人なら肌着でもピタッと張り付いて自慢の身体をアピールできるかも知れませんが、どうしても生地が薄くて透けてしまうので、やはり避けるべきです。

女性が苦手な男性ファッションでも、男性の浮き乳首は散々な結果になっているものです。

参考女性が苦手な男性ファッションとは?

一方できちんと作られたTシャツであれば、生地も厚めで透けることは少ないです。また肌着ほどピタッとはしていないので、Tシャツだけでもそれなりに見えるようになっています。

あえて少し大きめのTシャツを着ることで、だらしのないボディラインを隠すことも可能です。

肌着は身体のラインを何も補正してくれないので、やはり人前に出ることは避けるべきです。肌着は吸水性や速乾性などの機能性が高いのが特徴ですが、どんなに高級の肌着でも見た目の印象は良いものではありません。

肌着のメリット

肌着で人前に出ることはおすすめできませんが、高温多湿の日本で肌着は快適なアイテムです。

欧米ではワイシャツの下に肌着は着るべきではないといわれますが、日本ではあえて肌着を着た方が快適な事は珍しくありません。

特に最近の肌着は透けにくい工夫がされているものも多いですし、度重なる洗濯に耐えられる強度や洗濯後の乾燥の早さを謳っている使い勝手のよいものもあります。

当ブログでは以前にグンゼの肌着について紹介したことがあるのですが、

参考グンゼの肌着は紳士の味方!

やはりグンゼは専門分野ということもあり、機能性がとても高くて感動したものです。グンゼの肌着は安いわけではありますが、手が出ないほど高いわけでもありません。

肌着は人前で見せるものではないので、安物でも良いかと考えてしまう男性が多いのですが、快適性や機能性の違いがあるので、しっかりと選んでほしいと思います。

まとめ Tシャツオンリーもリスク

肌着とTシャツには明確な違いがあります。多くの男性は理解しているとは思いますが、混同しないように気をつけてください。

どうせYシャツの下に着るからと適当なTシャツを着るのではなく、機能性の高い肌着を合わせた方が快適で清潔感を保つことにつながります。

たまにYシャツの下のカラフルなTシャツやプリントTシャツを着ている男性もいますが、やはり透けていると良い印象にはうつりません。

大事なビジネスの場で、

「こいつは見えないところに手を抜く奴だな」

と思われてしまうかも知れませんし、オシャレに敏感な女性は必ず気がつきます。一方できちんと考えられている肌着であれば、見た目に影響を与えることはありません。

また日頃から肌着を着ていると、上に着る高価なシャツの汚れを減らすことにもなります。安価な肌着だからこそガンガン洗濯できますし、清潔感を保ちやすくなります。

ちなみに私は腋臭体質なので脇汗対策が大変なのですが、肌着の脇の辺りに液体の漂白剤をかけて揉み洗いをしてから洗濯機に入れています。

漂白剤を直付けしてしまうと生地が傷んでしまうのですが、安価な肌着だからこそ遠慮なくできるものです。

また以前に無印良品の直角靴下を紹介したことがあるのですが、

参考直角靴下で疲れが軽減した!

肌着や靴下のように見えない箇所に少しお金をかけると、日頃の身体の疲れ具合は大きく変わってきます。

体力が有り余っている若い頃であれば、これらのメリットはあまり感じないかも知れませんが、疲れやすくなる中年男性ほど違いを感じられると思います。

同じ仕事でも疲れ具合が軽減されると、結果的に顔色や姿勢などの見た目への影響が出るものです。

肌着の快適性は男性ファッションにとってバカに出来ない要素なので、スーツやYシャツを着る機会の多い男性ほど、しっかりと向き合ってください。

安易にTシャツを肌着替わりにしないでください。似て非なるものです。きちんとしたTシャツほど、それだけで完成するファッションなので、詰まった織り目の透けにくい生地で構成されています。

そのような良質なTシャツを活かす為にも、Yシャツの下には安価な肌着を組み合わせて使い分けてください。せっかくのTシャツをパジャマや肌着替わりにしてしまうのは、もったいないですよ。

【関連記事】
肌着を裏返しにしたら着心地改善!

男性用補正下着が存在したいた!

グンゼの肌着があらゆる要素で別格

コメント

  • おじさんが肌着を着るのにはそれなりの理由があったんだ。でもやっぱり抵抗があるなー

    by 匿名 €2018年6月10日 10:49

  • 今日、半袖ワイシャツの下に
    ユニクロの白VネックTシャツ着てたら先輩に
    突然ぼろくそに言われた。
    かれこれ3年以上同じ組み合わせなんですけど?

    あの人気にくわないといつまでも言うから
    丁度いい&しょうがないので肌着を購入予定
    グンゼのにしようかな。

    by 名無しさん €2018年7月30日 18:02

  • そもそもTシャツは下着です。
    紳士がTシャツ一枚でいるべきではありません。

    by 匿名 €2018年11月12日 15:04

  • ユニクロのエアリズムにしたら体臭が悪化した
    機能性の高い生地にも相性があるから肌着選びは重要
    ベージュの肌着はすけないけど、脱いだ時におっさんくさくなるから、
    個人的にはグレーの肌着がおすすめ

    by 匿名 €2019年5月10日 22:42

down

コメントする