「間違った鼻毛処理」が鼻毛を飛び出させる理由

自分磨き

鼻毛が伸びる理由

世の中には一切の鼻毛処理をしなくても鼻毛が飛び出ない人がいる一方で、毎日のように鼻毛処理をしないと気になるという人もいます。

鼻毛の伸びる速度や長さの違いというのは、先天的な理由(個人差)もあるのですが、後天的に鼻毛が飛び出しやすくなることも珍しくありません。

そもそも鼻毛には呼吸をする時にウイルスやばい菌、ホコリの侵入を防ぐ役割があるのですが、単純に自宅や職場環境が汚れていると鼻毛が伸びやすくなります。他にタバコなども影響します。

煙を吐き出す煙突

同じ動作を繰り返す職人の手のひらにマメができるように、鼻毛が伸びるのも身体側が環境に合わせて変化した理由でもあります。

この鼻毛が伸びやすい環境を変えることこそが、鼻毛対策の本質です。

長時間いることになる環境、自宅のリビングや寝室や職場の掃除をしたり、換気をすることで、身体が必要以上に鼻毛を伸びる事はなくなります。

とはいえ、職場の環境を変えるのは簡単ではないので、やはり日頃から適切な鼻毛処理を心掛ける事が大切です。

ただ鼻毛処理と一言でいっても、間違った鼻毛処理をしてしまうと、鼻毛が伸びやすくなるのとは別に飛び出やすくなってしまう事があります。これだけは避けなければなりません。

間違った鼻毛処理とは

そもそも自然界に鼻毛を処理をしている動物などいません。動物も極端に環境が変化すれば鼻毛が伸びやすくなるかも知れませんが、鼻毛がボーボーに飛び出てしまうことはありません。

じゃれ合う猿

テレビでアフリカの部族などを見ても鼻毛がボーボーなことはありません。本来は鼻毛処理など必要ないということです。

腕毛やすね毛で考えると分かりやすいのですが、処理をしていないからといって、伸び続けるものではありません。一定の長さのところで収まります。

ある鼻毛処理のアンケート調査では、

【抜く】男性:44.8% 女性:16.0%
【切る】男性:50.8% 女性:44.1%
【どちらもしない】男性:4.4% 女性:39.9%

とありました。世の中の4割ぐらいの人達が鼻毛処理をしなくても問題ないという事です。

何故に鼻毛を処理しなければならないかというと、冒頭に上げた空気の悪さが関係しているのですが、間違った鼻毛処理をしてしまうと、毛穴が傷ついて鼻毛の生え方が変わってしまう事があります

それこそが、「鼻毛を抜く」という行為です。

鼻毛を抜くと毛穴からばい菌が侵入して炎症してしまうことがあるのですが、問題なのはそこだけではありません。

鼻毛に限らず毛を抜く時は毛穴の流れにそって抜く必要があります。すね毛を抜くにしても足先に向かって抜く場合と、毛並みに逆らって抜くのでは痛みが全然違います。

鼻毛は基本的に鼻の奥に向かって生えているので、一定の長さのところで成長が止まれば、鼻毛が飛び出るような事にはなりません。

稀に鼻からピョコンと毛が飛び出てきたとしても、流れに沿って奥に押し込むだけで本来は見えなくなります。

ただ過去の私も含めて多くの人が、その飛び出た鼻毛を安易に抜いてしまうので、鼻の奥に向かって生えていた毛穴が傷ついてしまい、毛の生える向きが変わってしまったり、くせ毛のようになってしまいます

これがアンケートで「どちらもしない」という回答がある理由でもあります。鼻毛処理をしなくても大丈夫な人が少なからず存在しています。

鼻毛を無理やり抜くことで毛穴が荒れ、毛の生える向きが変わって外に飛び出しやすくなります。これが間違った鼻毛処理なので、しっかりと覚えておいてください。

過度の刺激が与えられるとマメやタコができるように、鼻の内側の皮膚にも悪影響を与えてしまいます。鼻毛を抜く習慣のある方は今すぐ止めてください。

正しい鼻毛処理とは

正しい鼻毛処理というのは、飛び出てきた鼻毛のみをカットすることです。

今後のことも考えてなるべく多くの鼻毛を根本からカットしたくなる気持ちもわかるのですが、鼻毛はカットすればするほど元の長さに戻ろうとします。

眉毛やすね毛をカットしても、いずれ元の長さに戻るように、鼻毛にも適正な長さがあります。同じように鼻毛も短くカットしてしまうと、元の長さに戻ろうとする力が働いてしまいます。

鼻毛を抜くことで傷ついた毛穴や鼻の内側の皮膚は簡単には元に戻りませんが、なるべく負担をかけないようにすることで、少しずつ本来の鼻毛が伸びるサイクルに戻っていきます。

鼻毛の処理は刃先が丸まった専用のハサミでカットするのが理想ですが、

飛び出た鼻毛だけをカットするのであれば、眉毛などをカットするようなハサミでも問題ありません。

電動の鼻毛処理カッターを使用して良いのですが、鼻毛をカットし過ぎになる可能性もあるので、なるべくなら飛び出てきた鼻毛だけをカットしてください。

鼻毛の向きや伸びやすさが落ち着くまでは、毎日のように頻繁にカットする必要があるかも知れませんが、徐々にその頻度が少なくなっていくはずです。

そもそも鼻毛がそれなりの長さで保たれていれば、大気中の汚れやばい菌が鼻に侵入してくるのも防ぎやすくなります。

おそらく日常的に鼻毛を短くしていると、身体はその状態が危険だと判断して積極的に鼻毛を伸ばそうとしてしまいます。

知り合いの男性でブラジリアンワックスで鼻毛を根こそぎ抜いている奴がいるのですが、そいつは常に鼻をグシュグシュとさせて鼻をかんでいます。鼻毛にも役割があるので、安易に短くすれば良いというものではありません。

例外

他に鼻毛が伸びる原因の一つにホルモンバランスの崩れがあります。年輩の男性の眉毛が長く伸びていることがありますが、同じように鼻毛が伸びやすくなることがあります。

そのような場合は生活習慣を改めて健康を取り戻すぐらいしかないので、そのような場合は割り切って処理が簡単な電動の鼻毛カッターがおすすめです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ホルモンバランスが崩れるような年齢でなければ、やはり適切な処理で鼻毛の機能をしっかりと復活させるように意識してみてください。

一部の芸能人の鼻毛事情はあまり参考にしないでください。テレビやカメラでドアップにされる芸能人の中には鼻毛を永久脱毛している人も少なくありません。特に女優さんは徹底的に処理されています。

これらはピンセットで抜くような方法ではありません。プロによる脱毛なので安易にマネをしない方が良いかと思います。どうしても鼻毛を抜いてしまいたい男性は、エステなどでプロにお願いした方が良いと思います。

まとめ 鼻毛は抜くから飛び出やすくなる!

鼻毛が飛び出る最も大きな原因は、鼻毛を抜く習慣によって鼻毛が生える向きが外側になってしまったからです。

稀にどこでも鼻毛を抜いているような男性がいますが、まさにその習慣が鼻の内側の皮膚を引っ張って外に向けることになっています。

酷い場合は鼻の内側の真ん中の皮膚が盛り上がって、ごっそりと飛び出ている男性もいます。そのような状態では短い鼻毛でも飛び出て当然です。

基本的に鼻毛は抜かないでください。それは間違った鼻毛処理です。

そして鼻毛を短くカットし過ぎないでください。鼻毛が少な過ぎると鼻炎や花粉症の原因にもなってしまいます。

鼻毛に負担を掛けずに飛び出てきたところを少しだけカットする正しい処理を続けていけば、少しずつ鼻の内側の皮膚も元の状態に戻ろうとします。すると鼻毛の向きや長さも安定する可能性があります。

そうなれば鼻毛本来の機能も回復します。健康の為にも正しい鼻毛処理を心がけてください。

どんなにカッコいいファッションをしていても、鼻毛が飛び出ていると女性に幻滅されてしまうので気をつけてほしいと思います。

逆にどんなに綺麗な鼻毛処理をしていても、常に鼻をグシュグシュとさせていると別の意味で清潔感が失われてしまいます。鼻水が出ないように口呼吸になってだらしない見た目になってしまうかも知れません。

人間にとって鼻毛は必要な機能の一部でもあるので、正しい鼻毛処理を行うようにしてください。

【関連記事】
口呼吸を簡単に改善させる方法

口臭を改善しなければならない理由

男性のムダ毛処理はほどほどに・・・