男の着こなし.com

腕時計の電池の寿命が短くなる3つの原因と対策方法

腕時計の電池の寿命

一般的に腕時計に使用されている電池の寿命は「2年から5年」と言われています。

ですが、何度か電池の交換を繰り返してきると、そのうち1年も経たずに時間が遅れてしまうことがあります。

電池が遅れてきたDW

この場合は、いくつかの原因が考えられます。

ライトアップやストップウォッチなどの機能を頻繁に利用して、単純に電池の消耗が激しかった場合などは、原因がはっきりしていますが、そうではないケースもあります。

そこで今回は腕時計の電池の寿命が短くなる3つの原因を紹介します。またそれぞれの対策方法も紹介します。

【スポンサーリンク】

1 電池の質

一般的な乾電池は様々な価格帯が売られています。同じ単三電池でも数倍もの価格差があるものです。

様々な単三電池

腕時計の電池も同様です。電池の品質には大きな違いがあります。

また腕時計のメーカーによっては、そのメーカーが販売している電池の使用を推進しているところもあります。一般に販売されている腕時計用の小型電池は、腕時計メーカーの基準を満たしていないことが多いそうです。

また電池は使用していなくても自然に放電してしまうので、電池を購入した時点で弱っているケースもあります。

商品の回転が早い時計屋であれば、数年間放置された電池が使われることはありませんが、さびれたお店で購入した電池には、そのようなリスクがあります。

自分で電池交換をされる方は、お店選び(電池選び)も重要だと覚えておいてください。

2 油切れ

電池を使用しない機械式時計は、3~4年に一度の分解整備が必要と言われています。

動力がゼンマイなので電池交換の必要はないのですが、様々な部品が組み合わさって歯車が動いているので、徐々に油が切れてくると動きが鈍くなってしまいます。

機械式時計の裏側

その僅かな油切れが抵抗になり、徐々に針が遅れてしまいます。

電池式のアナログ腕時計は、機械式ほど部品は多くないのですが、それでも針を動かす程度には歯車が使用されています。

機械式と同じように歯車が油切れを起こすと抵抗が増してしまいます。機械式だと遅れが目立つのですが、電池式の場合は電池の消耗が激しくなります。

この場合は電池を交換しても抵抗が増えたままなので、また直ぐに電池がなくなってしまいます。

対策としては機械式時計と同じよに分解整備をすることになります。

3 故障

明らかに衝撃を与えてしまったり、破損した場合は故障とわかりやすいのですが、ちょっとした衝撃を受けた時に内部の歯車が傷つくことがあります。直接歯車が傷つくというよりも、内部の僅かな塗装が剥がれて歯車などが傷つくようなことです。

他にも電子レンジなどの電磁波の影響を受けて歯車が狂うことがあります。金属は磁石に近づけると磁力をまとってしまいます。金属のパーツが磁力を持つとお互いに反発して狂いが出てしまいます。

磁石にくっついた鍵

また素人が腕時計の電池交換を行うと、無理やりこじってしまったり、余計な衝撃を与えて故障することがあります。またホコリが混入しても歯車に影響を与えてしまいます。

この場合も分解整備が必要です。見極めるのが難しいのですが、電池交換をしても遅れが目立つ場合は故障が考えられます。

プロによる分解整備は、ホコリが少ない部屋で徹底的に管理されて行います。金属の磁力も抜いてくれます。これらは簡単に素人が行えることではありません。

分解整備の見極め方

分解整備は腕時計によって価格が違います。

国産の腕時計だと一万円を切ることが多いですが、海外のモデルだと数万円は覚悟しなければなりません。高級腕時計ほど高額になると考えてください。

ですから数千円の腕時計であれば、買い替えた方がお得です。

価格に関わらず大切にしたい腕時計であれば、やはり分解整備をすることをおすすめします。

また腕時計の内部の分解整備だけではなく、本体やベルトを綺麗に磨いてもらうことも可能です。

逆に言えば、それほど愛着がない腕時計は分解整備をしてまで使用することはないと思います。とりあえず電池交換だけを済まし、電池の消耗が激しくなれば腕時計の寿命と考えても構いません。これが見極めるポイントになります。

ちなみに針の動作がないデジタル表示の腕時計は、大きなショックを与えて故障しなければ、電池交換だけでも長年使用することが出来ます。

デジタル使用のジーショック

海外の話ですが、20年前に亡くしたカシオの腕時計が見つかった時に、まだ動いていたことがニュースになったほどです。

品質のバラツキ

腕時計に限らず、あらゆる工業製品の品質にはバラツキがあります。よく言われている「アタリ、ハズレ」というのは、この品質のバラツキによるものです。

腕時計で「アタリ」と呼ばれるものは、細かなパーツの精度や組み立ての質が高いということです。「アタリ」の腕時計は、動作がスムーズなので電池の消耗が少なくなります。

きちんとしたメーカーであれば様々な基準が設けられているので、少なくとも保障期間内は問題なく動く品質はクリアしています。

メーカーの保障期間が3年だとすれば、最低でも3年は持つように設計されていますが、逆に言えば「アタリ」の製品は、動作がスムーズで抵抗が少ないので5年持つようなことです。

油は歯車同士が触れ合う箇所を潤滑する意味があるのですが、歯車の精度が高いと触れ合う箇所のひずみが少なくなります。一方で歯車の精度が悪いと油が切れた途端にギコギコして動作がぎこちなくなるようなことです。

腕時計のムーブメントの歯車

これは車などの高度な工業製品でも同様です。車のエンジンは物凄く高回転で回されるので、僅かな歪みは性能に直結します。

メーカーが定めている馬力などの性能は、最低でもクリアしている数値です。アタリの場合はメーカーが公表している数値よりも高いということが珍しくありません。

車のエンジンの性能を見極めるには、そのエンジンの最高の力を出す(レースなど)ことで見極めることが出来るのですが、腕時計の場合は最高速で回すわけではないので、品質を見極めるのは難しいです。

全く同じ時期に作られた腕時計をいくつか集めて、全く同じ時期に作られた電池を使用し、全く同じ空間(温度、湿度)で動作をさせ続けて比較をすれば、より長く動いていた腕時計の方が品質が高いと判断出来ますが、これは現実的ではありません。

一定のリズムでしか動かない腕時計の質は、見極めることが出来ないので「アタリ、ハズレ」は運次第です。

ですが、腕時計は分解整備をすることで精度がよくなるケースもあります。

特に初めての分解整備が大切だと言われています。真新しい歯車同士が噛みあっているので、どうしても目に見えないほどの金属粉が出やすいわけです。それらを綺麗に掃除をして新しい油を足すことで、歯車同士のアタリが良くなって精度が上がるケースがあります。

また一流の時計師が丁寧に歯車の組み立てやネジの締め付けを行い、その現状の状態に合わせて時間を調整をすることで、より精度の高い状態に仕上げてくれます。

やはり長く愛用したい腕時計であれば、定期的な分解整備をすることをおすすめします。

【スポンサーリンク】

まとめ

腕時計の電池の寿命が短くなる原因をまとめると、

  • 電池の質
  • 油切れ
  • 故障

になります。原因を見極めて対策をしてください。

簡単な目安を紹介しますと、腕時計を購入してから初めての電池交換の時までは、分解整備は必要ありません。

大切に使い続けたい腕時計であれば、二度目の電池交換の時期に分解整備をしてください。そうでもない腕時計であれば電池交換だけでOKです。三度目の電池交換で寿命と考えていいと思います。

そして一つ注意してほしいのが、腕時計を購入した時に、すでに完成してから年月が過ぎているケースです。新品でも倉庫の中で何年間も埋もれていた可能性があります。

倉庫に埋もれている段ボール

このような腕時計は、購入して間もなく電池が切れることがあります。

きちんとした時計屋さんで購入していれば、保障期間内で対処してくれますが、適当に購入した腕時計だとそうもいきません。

安物であれば諦めもつきますが、高級腕時計は補償がきちんとあるお店で購入することが大切です。ネットで購入する場合は必ず保障期間を確認してください。

購入した時点で分解整備の時期を迎えていれば、何度電池交換をしても直ぐに電池切れしてしまいますが、保障期間内であれば交換や分解整備を行ってくれます。

また親の形見や大切な人からのプレゼントされた腕時計であれば、やはり電池交換だけではなく、定期的な分解整備をすることをおすすめします。

分解整備は腕時計を購入したお店であれば大抵は受け付けてくれます。またメーカーのホームページからも申し込むことが出来ます。

また安くすませたい方は、分解整備を得意としているショップにお願いする方法もあります。

以前に機械式の腕時計を分解整備した時の記事がありますので、よければ参考にしてください。

参考腕時計のオーバーホールを安くする方法

同じショップでも電池式の腕時計の分解整備を受け付けてくれます。

何度も電池交換をしてまでも使い続けたい腕時計を所有しているということは、とても幸せなことです。

電池交換や分解整備にお金はかかりますが、その価値はプライスレスではないでしょうか。お金さえあれば何でも簡単に手に入る時代ですが、どんなにお金をかけても愛着が生まれるわけではありません。

愛着をもてる腕時計に出会えたことは本当に幸せなことです、末永く愛してあげてください。

【関連記事】
愛着のある腕時計は精神安定剤!?

最高の腕時計を見つける方法

格安で腕時計の分解整備をする方法


コメント

  • 凄く勉強になりました!
    私の腕時計の電池交換する感覚がどんどん短くなってきて、とうとう半年で遅れ出したのでおかしいと思っていました。
    私のは安い腕時計なんですが、大切にしたいのでオーバーホールとやらに出してみます、磨いてもらうのも楽しみです、ありがとうございました!

    by アメロ €2016年6月17日 19:49

down

コメントする




CAPTCHA