男の着こなし.com

革靴を履くと痛みを感じる時にするべき5つのアプローチ

革靴が痛い・・・

たまにしか革靴を履かない方や新社会人などは、革靴を履いた時に痛みを感じるケースがあると思います。

新しい黒い革靴

基本的に痛みが出ている状態で革靴を履き続けることは望ましくありません。擦れて傷がつくだけではなく、転倒して大けがをする恐れもあります。

革靴が一足しかない場合は、とりあえず痛みの出ない革靴に買い替えることが一番です。痛みを我慢してまで履き続けることはありません。

そして痛みが出てしまう革靴は処分して・・・とは言いません。何とかなるケースもあります。

そこで今回は痛みが出てしまう革靴に出来る5つの方法を紹介します。

【スポンサーリンク】

1 中敷き

基本的に革靴を履いた時に足に痛みが出るというのは、革靴が小さくてぶつかるからです。

靴の中敷きを薄手のタイプに交換するだけで、靴の中の空間全体が広がります。

ダイソーの靴の中敷き

これが最も簡単に対処できる方法になります。

また靴下を薄手のタイプにする方法もあります。ただしクッション性がなくなるので、より痛みが出てしまうことも考えられるので注意してください。

参考無印良品の直角靴下が素晴らしすぎる!

革靴の中敷きは100円ショップにもたくさん売られているので、薄手のタイプをいくつか選んで試してみてください。本当に僅かな厚みの違いでも影響が出るので、相性の良い中敷きを探すことがポイントになります。

2 パッド

外反母趾やくるぶしが痛み場合は、ピンポイントにパッドを貼る方法もあります。

痛みの箇所がはっきりとしているケースには有効です。

足のサイズや幅は左右で違うことも珍しくありませんので、片方の足だけに貼ってもOKです。

ただし、踵やつま先を底上げするような貼り方はしないでください。靴の高さが変わってしまうと歩き方に影響を与えてしまいます。

外反母趾やくるぶしの痛みなど、横方向の痛みにパッドを使用してください。

3 革の柔軟剤

革は使用している内に柔らかくなっていくものです、定期的に油分を足して手入れをしていると、ひび割れることなく革は柔らかくなります。

この流れを促進することが出来る専用製品があります。

こちらは起毛している革や合成皮革にも対応しています。

ただし、この手の商品を使用すると伸びすぎてしまうケースがありますので、少しずつ使用することをおすすめします。

僅かでも柔らかくなれば痛みは軽減されるので、あまり頼り切らずに、徐々に履いて慣らすことをおすすめします。

4 シューストレッチャー

シューストレッチャーも革を伸ばす専用製品です。

ピンポイントに革を伸ばすことが出来ます。革を柔らかくするスプレーと併用することをおすすめします。

こちらも極端に力を入れ過ぎてしまうと、革が伸び過ぎてしまうので徐々に使用してください。見た目でわかるほど伸ばす必要はありません。

5 馴染ませる

痛みがでる革靴でも履き続けていれば馴染むとは言われていますが、痛みを我慢してまで履くことはおすすめ出来ません。

革靴を馴染ませるというのは、ここまで紹介してきた方法と合わせて、徐々に革靴を履く時間を伸ばして馴染ませる方法です。

自宅の中で履いていてもいいですし、近所のコンビニに行くときだけなど、短時間の着用を繰り返しながら、徐々に馴染ませることがおすすめです。

革靴は革が伸びるだけではなく、靴の中底も徐々に沈んで変化します。体重のかかる踵や指の付け根あたりが凹んでフィットするようになります。

これはシューストレッチャーではどうしようもありません。あなたの体重を靴の中底にかける必要があります。要するに履く必要があります。

痛みが出るまで我慢する必要はありませんが、徐々に仲底に体重をかける時間を与えて馴染ませてください。これは自宅の中でも出来ることです。この馴染ませる期間は、あえて中敷きを外してしまっても構いません。

【スポンサーリンク】

まとめ 痛みはNG

基本的なことですが、伸縮性のない革靴を、スニーカーのように靴紐を緩めて履いているようでは、フィットさせることなど出来ません。

靴紐がゆるいスニーカー

革靴を履く度に、きちんと靴紐を結ぶだけで解決するケースもあるので、靴紐が適当な方は、今一度しっかりと靴紐を結ぶようにしてください。

参考靴紐を綺麗にしっかりと結ぶ方法

革は柔らかければいいというものではありません。革靴全体が柔らかいと直ぐに型崩れをしてしまいます。

革にはある程度の張りが必要です。

柔らかい革のベルトの寿命は短いのですが、硬い革のベルトは馴染むのに半年ぐらいかかります。ですが、そこからの寿命は逆に長いものです。

きちんとした革靴も、張りのある革があなたの足の形、歩く動作に合わせて徐々に変化することで、時間をかけて足に馴染んできます。

参考革靴の皺に愛着を!

オーダーメードの革靴でもない限り、いきなり足にピタリと合うことは稀です。また人間の足は左右でサイズが違うことも珍しくありません。

これがスニーカーであれば、靴紐で調整出来るのですが、革靴だとかなり難しくなります。

革靴でも紐靴であれば多少は可能なのですが、やはりスニーカーほどフィットさせることは出来ません。

だからこそ購入時のサイズ合わせが非常に大切になります。ここが全てと言ってもいいかも知れません。

また最近では、スニーカーのような履き心地を実現している革靴も売られています。

これはスニーカーで有名なアシックスが開発した革靴です。このようなタイプの革靴は、靴底が違うだけではなく、内側のクッションが考えられています。

日本のメーカーということもあり、歩いて稼ぐ営業マンに絶大な人気を得ています。

これから革靴の購入を考えている方は、検討してみる価値があると思います。様々な価格帯のシリーズが販売されているので、予算に合わせて選んでみてください。

この手の革靴は見た目がチープな印象なので、正直私は敬遠していたのですが、最近は高級なタイプも販売され、見た目の質も大分よくなってきました。

ただし、革靴を通販で購入することはおすすめしません。必ず靴屋さんで試し履きしてください。

このシリーズの革靴は、ショッピングモール内にある靴屋さんをいくつか巡れば、おそらく見つかると思います。

一度ご自身の足のサイズにあった革靴を見つけることが出来れば、同じシリーズで買い足す分には、通販で安く購入するのも良いかと思います。

足に痛みが出る革靴を履き続けることにはリスクが伴います。直ぐに馴染めばいいのですが、革靴によっては数ヶ月かかることも珍しくありません。

合わない革靴は擦り傷だけの問題ではなく、骨を変形させることもあります。特に女性のヒールはつま先に体重がかかるのでリスクが高くなります。

男性も無理して痛みの出る革靴を履き続ける必要はありません。痛みが出た場合は直ぐに履き替えてください。

そして痛みが出る革靴を捨てる前に、今回紹介した方法を試してみて欲しいと思います。

またハイブランドの革靴であれば、最近は転売することも簡単になってきたので、そこも頭に入れておいてください。合わない革靴を素早く手放すのも選択肢の一つです。

モノを大切に扱うことは素晴らしいことですが、合わないモノを無理して使い続けることとは違います。上手に判断して快適な革靴ライフをおくってほしいと思います。

ちなみに革靴を履いた時に痛みがでる原因は、サイズ合わせの他に歩き方に問題があるケースもあります。

参考男性の歩き方についての考察

日頃から歩く機会の少ない方が、就職や転職で革靴を履いて歩くようになると、歩き方そのものが原因で、足が痛くなるケースがあるということです。

多くの方が自分の歩き方を意識にあげていないので、自然と負担のかかる歩き方になっていることが珍しくありません。革靴に意識を向けると同時に、歩き方も意識してみてください。

【関連記事】
靴磨きは100円ショップでOK?

スニーカーを長持ちさせる方法

洋服を馴染ませる簡単な方法


down

コメントする