男の着こなし.com

良質なタンパク質とは、身体の健康状態で左右されます

タンパク質ブーム?

最近は炭水化物を減らしてタンパク質を多く摂取することが、健康に良いと言われるようになってきました。

健康的な食生活は大切なことですし、洋服をカッコよく着こなすにはベストな体型を維持する必要があるので、日頃から良質なタンパク質を摂取することは重要です。

タンパク質を多く含む食品を上げると、

  • 大豆

などですが、一般的に良質なタンパク質と言われているのが、低脂肪の植物性タンパク質を含む大豆製品の豆腐や納豆などです。

豆腐のあんかけ

脂肪分の多い動物性のタンパク質より、低脂肪の植物性のタンパク質の方が優れていると言われているのですが、アメリカのハーバード大学の研究で興味深い発表がありました。

赤身肉や卵やチーズなどの脂肪分の多いタンパク質を摂取する食事は、他の点では健康な人の死亡リスクの上昇との関連は認められなかった

簡単に言うと健康な人は脂肪分の多い動物性タンパク質を取ろうが、低脂肪の植物性タンパク質を取ろうが死亡リスクに影響はない、ということです。

そこで今回は良質なタンパク質について考察します。

【スポンサーリンク】

タンパク質の質

ハーバード大学は約13万人を対象に、30年以上にわたる膨大なデーターを元に研究したそうです、またアメリカなので様々な人種が対象になっています。

健康な人は動物性のタンパク質を摂取しても死亡リスクはあがりません、よく日本で言われているように「牛肉=身体に悪いタンパク質」ということではありません。

香草の乗ったステーキ

ただし、健康な人だけです。

一方で不健康な生活習慣のある方は別です。

  • 運動不足
  • 飲酒
  • 喫煙
  • 肥満

これらに当てはまる方は、動物性タンパク質を取ると死亡リスクがあがります。

要するに健康な方は脂肪の多い肉からタンパク質を摂取しても問題ないのですが、生活習慣が乱れている方はタンパク質の質にも注意を向ける必要があります。

特に太っている方は肪分の多い牛肉を避け、魚や大豆にシフトすることが死亡リスクを下げることになります。

どうしても肉を食べたい場合は、脂身の少ない部位や鶏のむね肉やささみなど、自分に身体に合わせた良質なタンパク質を含む食品を意識する必要があります。

肉を食べても良い人

このハーバード大学の研究で重要なことは、「健康な方は極端な食生活の摂生をする必要ない」ということです。

健康の為に植物性のタンパク質を選ぶことは素晴らしいことではありますが、「植物性のタンパク質しか取らない」のような、極端なことになる必要がないことを証明してくれました。

「肉は健康に悪い」

と言っている方がいますが、肉そのものが悪なのではありません。正しくは肉を食べる前の健康状態が悪いと肉の脂肪分が負担になるということです。

特定の食材に対して良いも悪いもありません。

【スポンサーリンク】

まとめ

肉を食べると不健康になるのではなく、不健康な人が肉を食べると悪影響を与えることがあります。

普段から健康に気を使ってベストな体型を維持している方は、無理に肉を我慢する必要がないとハーバード大学の研究が明らかにしてくれました。

「健康の為なら死んでもいい」かのように、あらゆる健康に気遣っている方もいますが、今現在身体が健康な状態であれば、極端な節制は必要ないのではないでしょうか。

シンプルな卵かけごはん

大好きなものを我慢してストレスをためるより、ほどほどに楽しんでストレスを軽減させたほうが健康にとっても良いと思います。

肉が健康に良い、健康に悪いと決めつけるのではなく、身体が健康であるなら何でも美味しく頂けるということです。

もちろん肉が苦手な方は無理に食べる必要もありません、美味しく頂ける魚でも豆腐でも好きな食材を選んでください。

東洋医学では身体全体のバランスを大切にするそうです、身体を温める食材も体温が高い人にとっては毒になります、完璧な食材や漢方薬はありません。

その時々の身体の状態を見極めて、足りない物を補って全体のバランスを整えるわけです。

これは漢方に限らず一般的に健康の良いと言われている食材でも同様です、過剰に摂取すると毒になることがあります、また逆に健康に悪いからと極端に遠ざけることで特定の栄養素が不足することもあります。

脂肪をたっぷりと蓄えた太っている方に肉は必要ないかも知れませんが、痩せてガリガリの人に肉は最高の栄養となりえるわけです。

健康の為にと極端に脂肪分を避けると、肌や髪がカサカサになるかも知れません。

健康に良いと言われている野菜ジュースやスムージーも、極端に飲み過ぎると尿管結石になることもあります、完璧な食材などありません。

手作りスムージー

明らかに粗悪な加工品は避けるべきですが、特定の食材を良い、悪いと決めつける必要はないと思います。

当たり前のことですが、極端に偏った生活習慣を見直して健康的な身体を取り戻すことが最も大切なことです、食べるものだけで考えるのではなく、様々な角度からバランスを取ることを意識しましょう。

健康的な身体は男としての魅力がアップします、肌ツヤが良くなり目力が宿ります、姿勢が良くなって洋服が似合います、当然女性からモテることに繋がります。

太っている方は植物性のタンパク質を意識してください、痩せていたり肌がカサカサの方は動物性タンパク質を意識してください。

良質なタンパク質に正解などありません、今現在のあなたに合わせたタンパク質を摂取するように心がけましょう。

【関連記事】
肉を食べないメリット、デメリット

プロテインの飲み過ぎに注意

低カロリーな居酒屋メニューを意識


down

コメントする




CAPTCHA