男の着こなし.com

肉を食べないことで得られる効果、メリットとデメリット

肉を食べることは体に悪い!?

数年前から「肉を食べない健康法」について紹介されている本が、数多く出版されるようになりました。

  
一方で積極的に肉を食べることをすすめている本も多数出版されています。

  

どちらの意見が正しいのか、はっきりとした答えを出すことは難しいのですが、以前に私も健康の為に肉を断っていた時期があります。

洋服をカッコよく着こなす為にも、日頃から食生活や運動などの健康を意識しているのですが、たまたま肉を食べていないタイミングが続いたこともあり、あえて肉を食べない生活を実践してみました。

そこで今回はその時の体験、経験をふまえて「肉を食べない」ことの効果、メリット、デメリットについて私が感じたことを紹介します。

あくまでも個人的な感想ですが、肉を食べない生活を検討している人の参考になれば幸いです。

肉を食べないメリット

一般的に「肉を食べない」ことで得られるメリット効果と言われているものがあります。

肉は野菜と比べて消化に時間が掛かります。欧米人に比べて腸が長い日本人は、腸の中に食べ物が留まっている時間が長くなるために、消化の悪い肉が腸内で腐敗して悪玉菌を増やす原因になると言われています。

なので肉を食べなくなる事で、腸内環境が良くなるといったメリットがあります。

私の場合は肉を食べないことで便通が良くなるようなメリット、効果についてはよくわかりませんでした。元々便秘体質ではなかったので何とも言えません。

参考ドローイングに快便効果!?

また肉を食べないとイライラや怒りっぽい性格が穏やかになるとも言われています。これは肉食動物と草食動物の関係を連想させるのだと思います。

ライオンの子供

これについても私はもともと怒りっぽい性格ではないせいか、肉を食べないことで特に性格が変わったようには感じませんでした。

他にも肉を食べないと汗や排泄物の匂いが変わると言われています。

この効果は私も実感できました。間違いないと言っていいです。明らかに体臭やおならの匂いが変化しました。

私は昔から腋臭体質なのですが、肉を食べないでいたときは、明らかに腋臭の匂いが抑えられていました。完全に改善したわけではないのですが、ベタベタした汗ではなく、さらさらとした汗になって匂いが弱まりました。

参考体臭対策は制汗剤だけの問題ではない

ただ肉を食べないようにすると、揚げ物を摂取する機会も自然と減るので、体臭の変化に関してはそちらの影響もあったかも知れません。

私の場合は完全な菜食主義者のように、魚や卵、乳製品まで断っていたわけではないので、一般的に言われている肉を食べないメリットや効果が薄かったのかも知れません。

体臭の変化以外のメリットについては、これといって実感することもなく、何となく「健康に良いのかな~」という程度でした。

一方で「肉を食べないことのデメリット」は想像以上に感じることになりました。

肉を食べないデメリット

肉食推進派の人の代表的な意見というのは、肉は高たんぱくでエネルギー摂取効率が高い優れた食品といったものです。

他にも肉を食べると幸せホルモン(セロトニン)の分泌が促されたり、ビタミンB群が豊富で疲労回復に役立つといった意見もあります。

要するに肉を食べる事で効率よく栄養を吸収する事ができ、健康に良いという事になります。

肉を食べないでいると、食事から十分な栄養が得られにくくなり、健康面でのリスクがあるという主張です。

私はこの辺については、あまり賛同していません。栄養失調状態の人であれば、効率よくエネルギーを摂取できる肉が良いのかも知れませんが、現代の一般的な日本人は極端に栄養が不足しているとも思えません。

そもそもお米にもタンパク質は含まれていますし、野菜や果物にも含まれています。スポーツ選手や肉体を酷使する仕事の人でもない限り、たくさんのタンパク質が必要だとも思えません。

実際に私が肉を食べないでいた時に、健康面でのデメリットは何も感じませんでした。一般的に言われている肉を食べない事によるデメリットというのは、必ずしも全ての人に当てはまるものではありません。

ただ私が感じた肉を食べないことによる意外なデメリットというのは、外食に困るのと周囲の人に気をつかう事です。

自炊の場合は自分で食事のメニューをコントロールが出来るので、肉を食べないことはむしろ食費を安く済ませることが出来たのですが、外食の場合はメニューの中から肉が含まれていないものを選ぶとなると、8割方はダメでした。

外食に関していうと、無駄に高くつくことが多かったです。お店選びも大変になりました。

お弁当も肉抜きとなるとかなり難しいです。ほとんどが肉を中心とした揚げ物のメニューなので、ほか弁なのに「冷たいうどん」や「サラダ」などを選ぶことになります。魚がメインのお弁当でも付け合わせに肉料理があるので、徹底的に肉を食べないとすると、本当に選ぶのに四苦八苦しました。

お弁当屋のメニュー表

当時はやたらと「しらす弁当」を食べていたものです。

そして肉を食べないことのデメリットの中で最も辛かったのが、人の家に招かれた時の食事です

これで私は「肉を食べない生活」を断念しました。

あらかじめ「肉を食べない」と断りを入れて残していたのですが、自分の健康よりも食事を残すことへの罪悪感のほうが辛かったです。さらに料理を作ってくれた人にも申し訳なく感じました。

これは実際に肉を食べない生活をしてみないと感じない事だと思います。健康面よりも精神的な苦痛が伴う可能性があります

牛一頭分で十人分

「牛一頭を育てるために必要な穀物の量は、十人分の穀物の量と同じ」

という情報を知ってから、私は「肉を食べない」ということを意識するようにしていたのですが、そのために食べ物を残すという選択は、とても苦しいものでした。

「肉を食べない」生活を徹底するには、外食を断ち、付き合う人間まで変える必要があります。完全に「肉を食べない」という生活は、相当な覚悟がないと出来ることではありません!

 

健康も大切ですが、周りの人も大切です。

 

「肉を食べない」でいた頃、久しぶりに実家に帰ることになり、電話であらかじめ「肉は食べない」と伝えておくと、母親の手料理がもの凄く質素になってしまいました。

質素な食事

それまでは実家にたまにしか顔を出さないこともあり、料理好きの母親は腕によりをかけて豪華な手料理で迎えてくれていたのですが、そんな母親にまで気を使わせてしまい、とても申し訳なく感じました。

昔から菜食主義の家庭で育っているのであれば別ですが、途中から食生活を大きく変えるのは、自分だけの問題ではないということです。

周りに迷惑をかけることが増え、それが大きなストレスになります。

「肉を食べない」ことは健康のためなのに、非常に強いストレスを感じて病気になるかも知れません。

私が感じた「肉を食べないこと」のデメリットというのは、この部分が大きいです。実践してみようと考えている人は、人間関係にまで影響する事を覚えておいてください。

ちなみに現在の私の食生活は、あまり気にしなくなりました。自宅では肉料理をしない程度です。

一度ハムを頂いたときは、残さずに美味しくいただきました。

一人で外食やお弁当を購入する場合は、肉がメインの料理を選ぶことはないのですが、付け合わせに肉があるのは気にしていません。

お弁当

焼き鳥屋や焼肉屋に連れていかれたときは気にせず肉を食べています。なるべく肉だけにならないようにと、冷麺やビビンバを頼むようにはしていますが。

「肉を食べない生活」を実践してみようと考えている人は、健康面へのメリットやデメリットの事だけではなく、このような精神面での苦悩があるという事を覚えておいてほしいと思います。

飲み会の席で友人から、

「こいつは肉を食べないから!」

と面倒くさげに言われ、みんなのお通しの枝豆を目の前におかれた時は悲しくなりました。枝豆は好きですけどね・・・。

枝豆

せっかくの楽しい場を盛り下げていることにもなるので、「肉を食べない」を徹底するには、生活そのもの、付き合う人も変えなければ難しいと思います。

なので「肉を食べない」ということを考えているのであれば、周囲の人に公言しないほうがいいと思います。そして初めは自宅だけで始めるのが良いと思います。

肉中心の食生活だった人には、それだけでも十分に効果、メリットを感じられるはずです。揚げ物も減るので痩せやすくなるかも知れません。

ただ赤ちゃんが飲むおっぱいにも動物性の脂質が含まれています。長寿のお年寄りはよく肉を食べているといったデーターもあります。現在の私は必ずしも肉を食べることが身体に悪いとは思っていません。

欧米の食文化が入ってきてから日本人の寿命は飛躍的に延びました。長寿のイメージがある沖縄県民は肉が大好きです。

焼肉やステーキだけでお腹を満たすような極端に肉食に偏らなければ、それほど問題ないのではないでしょうか。

焼き肉

あとは高級なお肉をあまり食べないことです。サシが入ったお肉は脂質がたっぷりと含まれています。わざわざ運動不足にして太らせた牛よりも、適度に動いている牛の硬いお肉のほうが、より自然なお肉だと思います。

これが私が肉を食べない生活を実践して感じた事です。積極的に肉を食べるような事はしませんが、徹底的に避ける事もしないといったスタンスで落ち着きました。

これが正しいのかどうかは分かりませんが、肉を食べない生活を考えている人の参考になれば嬉しいです。

あともう一つ、「肉を食べない」ことについての変わった話があるので、最後に紹介します。

肉食と草食と脳の関係

ここから紹介する話は全然信じなくてもいいです。先に言っておきます。信じられなくて普通です。かなり変な話なので。

 

十数年前に読んだある本の中に、

「うつ病患者や幽霊が見える人は肉を食べない人が多い」

という内容がありました。

当時も今も私には全く霊感がなく、それが本当なのかどうかも確かめるすべはありません。何となく心に残っていたのですが、数年前に「幽霊が見える」という女性に出会いました。

若い女性の後ろ姿

何気ない会話をしていても、いつも途中で霊の話になり、

「あ、あそこにもいる」

など、ひっきりなしにそのようなことを言っている人でした。

毎度毎度そのような展開になるので、いい加減にイヤになった時に、あの本の内容を思い出し、

「肉を食べないとダメだよ」

と告げると、その女性はポカンとして、

「何で私が肉を食べないの知ってるの?」

と驚いていました。そこで、

「いつから肉を食べなくなったの?」

と聞くと、

「二十歳ぐらい」

と答え、幽霊が見えるようになった時期を聞くと、

「二十歳ぐらい」

と答えました。本の内容と一致していたので、私も内心びっくりしたのですが、

「肉を食べれば、きっと見えなくなるよ」

と、教えてあげました。

その後、その女性とは疎遠になり、彼女がどうなったのかはわかりません。

一般的に肉を断つことによって、性格や気持ちが穏やかになったという意見もあるので、肉を食べない草食動物のことを考えると、多少は臆病になるようなことがあるのかも知れません。

それが霊感と関係しているのかどうかは分かりませんが、もし心当たりがある人は意識してみてください。

落ち込んでいる人に肉を食べさせて元気づけるような事があるように、昔から人はそのような効果を実感していたのかも知れません。

ちなみに私は学生時代に運動部に所属していたのですが、当時は漫画の主人公のように毎食肉を求めていました。身体が肉に含まれているタンパク質を強烈に求めていたのかも知れません。

参考プロテインを飲み過ぎるとリスクになる

やはり肉には何かしら、そのような効果(良くも悪くも攻撃的)をもたらす成分があるのかも知れません。

極端に肉食に偏ると攻撃的な人間になったり、体臭が獣っぽくなったりする事があるのかも知れませんが、一方で極端に肉を避けていると臆病な人間になってしまうことがあるのかも知れません。

やはり何事もバランスが重要なのではないでしょうか。無理に肉を食べる必要もありませんし、無理に肉を避ける必要もありません。

もちろん菜食主義者の全ての人がうつ病や霊感があるわけではないですし、肉食の人が攻撃的だとも限りません。性格には教育や文化、育ってきた環境、遺伝子も関係してきます。

ただし、途中でいきなりどちらかに極端に振れるのが危険なんだと思います。

極端な食生活の変化は徐々に体質が変わるのではなく、一気に勢いがついて振り切ってしまう可能性があるのではないでしょうか。

医者でも研究者でもない私が、肉を食べろとも食べるなとも言えませんが、極端な食生活の変化は身体や脳、性格にまで影響を与える可能性があるのだと思います。

もし食生活の改善の為に肉を食べない生活を考えているのであれば、少しずつ変えていくことをおすすめしておきます。

今まで牛丼の特盛ばかりを食べていた人は、普通盛りにしてサラダや漬物を合わせたり、ステーキや焼き肉のようなものでも脂身の少ないお肉を選んだりといった感じで、少しずつ肉を食べる量を減らしてみてください。

完全に「肉を食べない」と決めつけてしまうと、周囲の人に気を使わせるばかりでなく、身体のホルモンバランスなどが崩れて精神的に不安定になるかも知れません。

糖尿病患者が糖分を避けて血糖値が下がり過ぎると、冷や汗が出たり震えが出てしまうように、極端な変化は身体にとっても毒です。

肉を食べないといっても魚や大豆から十分なタンパク質を摂取できていれば、それほど問題ないのかも知れませんが、長年肉食中心の食生活だった人は、いきなり肉を完全に経つのではなく、少しずつ変えていった方がリスクも減らせると思います。

あ、幽霊の話は信じなくていいですから、忘れてください(笑)。

追記 雑食動物の食事内容

先日、テレビで肉食に関して興味深い内容が放送されていたので追記します。

ある外国人(たぶんカナダ)が大きなクマをペットとして飼っているという内容だったのですが、エサで一切の肉を与えていないとのことでした。

そのクマは犬のように飼い主になついており、飼い主は平気でクマの口の中に顔を入れて笑っていました。

クマと戯れる男性引用元:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52218733.html

観ているこっちが恐怖を感じるほどの大きなクマなのですが、飼い主曰く「野菜や穀物で育てているから大丈夫だ」と平然としていてました。

自然界のクマは雑食で昆虫から木の実まで何でも食べるそうです。

たまに人間がクマに襲われるニュースがありますが、そのようなクマは少数派なんだそうです。何かのきっかけで肉を味を覚えてしまうと、人間を襲うクマになってしまうのだそうです。

肉を食べるということは、悪く言えば凶暴性が増すことなのかも知れませんが、一方で良く言えば元気になることもあるのかも知れません。

「漢方薬に万能薬はない」という話を聞いたことがあります。

冷え性の人に体を温める漢方薬は良薬ですが、体温が高い人に体を温める漢方薬は毒になります。あくまでも身体のバランスを整えることが東洋医学の考え方です

なのでこれさえ飲んでおけば万全という漢方薬はありません。

この東洋医学的なバランス感覚を意識すると、肉を食べる、食べないといった目安も、わかりやすくなるのではないでしょうか。

誰にでもそれほど好きでもない食品を、急に食べたくなった経験があると思います。

これは脳が過去に食べた食品の記憶から、現在不足している栄養素が含まれている食品を食べさせる為に、食欲をそそるような信号を出すからです。

風邪のひき始めには、肝機能を良くする成分が含まれているカレー(ウコン)を食べさせようと促します。

おそらく肉も身体が求めているタイミングで食べるのであれば、健康にとっても良いのではないでしょうか。

同じ食品を食べても美味しいと感じる時とそうではない時があるように、身体が必要な栄養素を求めている時に食べると、苦手な食べ物でも美味しく感じられるものです。

身体の水分が足りなくなった時に飲む水は最高に美味しいですが、喉の乾きが満たされると、ミネラルウォーターでも美味しさは感じられません。

日頃から適当に肉を食べるような食生活ではなく、たまにやってくる「今日はなんだか肉を食べたいな~」という身体からのサインを大切にしてください。

おそらくそのタイミングで肉を食べることは、単純に美味しいだけではなく、健康にとっても良い可能性があります。

もちろんこれは肉だけに限らず、他の食品にも言えることです。何となく「魚を食べたい」「チーズを食べたい」「かぼちゃを食べたい」「スイカを食べたい」と感じるということは、身体(脳)がそれらの食品に含まれている栄養素を求めているからです。

私自身もつい最近、猛烈にニラレバ炒めを食べたくなり、王将に駆け込みました。

私は基本的にレバーが苦手なのですが、オリンピックのような頻度(数年に一度)でニラレバ炒めが恋しくなります。実際にとんでもなく美味しく感じられました。

ニラに含まれている成分なのか、レバーに含まれている成分を欲していたのかは分からないのですが、とても満足できる美味しい食事となりました。

このように日頃から自分の気持ちと向き合い、その時々に心から欲している栄養(食べたい食品)を見逃さないようにするのが、健康にとっても良いのではないでしょうか。

肉が好きだからと毎日のように食べてしまうのではなく、心から食べたいと思った時にだけ食べるようにしてみてください。

自分の心と向き合うコツはお腹を空かすことです。食事の時間だからと適当に選んでしまうと好みになってしまいますが、お腹が空いていると本当に心から食べたいものが感じられるはずです。

肉食のメリット、デメリットについては様々な情報がありますが、最新の研究結果だとしても、自分の身体にピタリと当てはまるとも限りません。

一杯のコーヒーで眠れなくなる人もいれば、五杯ぐらい飲まないと眠気が取れないという人もいます。カフェインの効果は認められていますが、全ての人に同じような効果が出るとは限りません。

あくまでも自分自身で判断するしかありません。学者が調べて科学的な根拠が認められたというデーターでも、100%などありません。

6割の人に効果があったというデーターでも、抜群に効果があったのが2割程度で4割は「何となく効果があったような気がする」程度だという事もあります。

科学的な根拠があるデーターを参考にするのは構いませんが、そのまま鵜吞みにするのではなく、自分の体感も大切にしてください。

おそらく肉食に良いも悪いもありません。あるのは相性の問題だけであり、肉を食べないおかげで100歳まで生きられる人もいれば、肉を食べていたおかげで100歳まで生きられた人もいます。

やはり東洋医学的なバランス感覚が大事なのではないでしょうか。おそらく完全な菜食主義やヴィーガンの人の中にも、バランスが崩れて不健康になってしまっている人がいるはずです。

その時々に身体が不足している栄養を補える食事が健康に良いのであり、特定の食材が健康に良いのではありません。

その為にも日頃から自分の気持ちと向き合って選んでみてください。

無理に肉を食べる必要はありませんし、無理に我慢する必要もないのだと思います。

【関連記事】
健康のために野菜から食べている人へ

良質なタンパク質の見極め方、肉はダメ?

髪の毛に良い食べ物、栄養の真相

コメント

  • とても興味深い内容で楽しかったです♪
    健康面でのメリットよりも人間関係で辛くなるというのは、なるほどな~と思いました、肉断ちに興味があって調べていたのですが、ほどほどにしておこうと思います。
    あと、まさか幽霊まで関係しているとは驚きました(笑)

    by もねもね €2015年9月3日 13:08

  • 私は肉を食べなくなって1年以上経ちましたが幽霊は見ていませんwこれから見えるのかな?

    by 菜食初心者 €2015年12月23日 10:18

  • 私は50代の男ですが肉を断ってから体調が良くなりました、魚は食べています。

    以前は肉が大好きで毎週のように焼き肉を食べ、外食も肉中心の生活をしていました。

    血圧やコレステロールの上昇が目立つようになり、様々な健康法を試した結果、肉を食べないことが最も効果がありました。

    そして優しくなったと言われることも増えました、自分でも性格が穏やかになったと感じています。

    肉の生産者の方には申し訳ないですが、やはり肉は食べない方が良いかと思います。

    by 草食系中年 €2016年2月19日 10:22

  • 物心ついた時すでに肉は嫌いでしたが、霊感とか特にないと思います。
    思春期とかはそれなりに占いとか好きだったしちょっと予感とか当たったり、でもそんなの
    半数くらいの人が経験あり程度?今や全く何もありません。
    私も一度だけものすごい無理して他所でかつ丼を食べたことがあります。
    そのお家の人に肉が嫌いだと話す機会がなかったのです。でもだからと言って肉は嫌いですし、
    その後も普通に避けられるなら避けています。たったそれだけで断念する意味がわかりません。
    他の食べ物でもそうですが、苦手でも無理に食べることは稀にあります。
    この記事を書いた人は結局のところ元々肉が好きで食べたいんだろうと思いますが。
    肉は好きじゃないとなるべく言っておくのでベジタリアン?と聞かれますが、違います。
    ベジタリアンになっても不自由はないですが。イカ刺しとアジ、シラスくらいは食べたいかな。
    卵も乳製品もなしでいいです。今もほとんど食べません。

    by 肉嫌い €2016年2月25日 01:49

  • 最近の健康ブームは何でも極端だと感じています、炭水化物抜きダイエットなどリスクが高過ぎます。肉を完全に絶つのも同じようなリスクを感じていたので、やはり肉を減らすぐらいが良いですよね。肉といっても様々な肉がありますが、これまた特定の肉だけにこだわるより、様々な肉を食べることでリスクを減らすことになるのではないでしょうか。また食事は命を頂くことです、そこに感謝もせずに簡単に残す人には、罰が当たるという意味で、幽霊が見えるのかも知れませんね。

    by ラム肉好き €2016年4月23日 13:03

  • 世界中の家畜に食べさせている飼料を人間が食べれば飢餓はなくなります、飢餓への恐怖がなくなれば戦争は起こりません、選択するだけで世界平和が訪れます

    by 匿名 €2016年8月31日 07:53

  • あくまで信用のおけない一例と断っているのに
    ひたすら幽霊が見えるという一点に固執して否定するあたり
    肉を食べないという極端な選択を取る危険性は理解できました

    by 匿名 €2016年9月3日 09:23

  • ヴィーガンを公言している有名人は攻撃的な人物が多い気がするな。イライラしてるのかね。

    by 匿名 €2018年7月23日 18:06

  • 無理しないのが一番ってことだね

    by 匿名 €2019年2月11日 15:00

  • 好き勝手な食生活の人が意外と長生きしたりするしね、我慢するのが一番よくないんじゃないかな

    by もろおか €2019年6月13日 22:19

down

コメントする