男の着こなし.com

異性にだけさりげなくアピールできるファッション

異性に好かれるファッションとは

異性に好かれるファッションで分かりやすいのは、男性なら男らしい体型をアピールできる薄着のファッションになりますし、女性なら肌の露出が多いファッションほど、異性の目をひきつけることが出来ます。

これだけであれば誰もがイメージできると思いますが、あまりにもこれ見よがしだと同姓に嫌われてしまったり、TPOとのズレが生じて残念な印象になってしまいます。

自分の好きなファッションをするのは自由ではありますが、その事で得られるメリット(高揚感)と、デメリット(他者からの低評価)を理解した上でバランスを取らないと、一定の層(いわゆる常識人)の人達に嫌われてしまいます。

一方で「異性にさりげなくアピールできるファッション」であれば、誰からも嫌われずに狙っている層にアピールする事が可能です。

これは最近の女子アナの恰好を見ると、よく分かります。

スカートが義務付けられている女子アナ

ニュース番組や情報番組などでは、椅子に座った状態で進行されるものですが、この時に必ずといっていいほど、女子アナはスカートを履いており、デスクも足が見えるデザインが採用されています。

この理由は凄く単純で、女子アナの足を隠してしまうだけで視聴率が下がってしまうからです。外国のニュース番組だとテーブルの下が隠されている事も多いのですが、日本だとあからさまに視聴率に影響が出てしまいます。

あまりにも結果に差が出るので、男性が中心の討論のような場でも進行役にスカート姿の女性をセットに配置するようになっています。

ただこれもあからさまにミニスカートを履いてしまうと同性から嫌われてしまうので、見えるか見えないかぐらいのラインをキープしています。

これは割と昔から取り入れられていたのですが、最近はスタイルの良い女子アナにボディラインがくっきりと出るニットを合わせるような事が増えてきました。

胸元が開いた衣装だと、これ見よがしになって同姓や常識人といった層から反発を受けてしまいますが、肌の露出を増やさずとも女性らしさを醸し出すと、さりげなく異性にだけアピールする事ができるわけです。

実際にそれで視聴率が上がるので、最近は特にその傾向が強くなっています。この辺はテレビの高画質化なども関係しているのかも知れません。

これが異性にだけさりげなくアピールできるファッションの分かりやすい例です。実際に男性の私も、ついつい目が釘付けになってしまいます。本能には逆らえません。

一方で男性が女性にさりげなくアピールできるファッションとなると、少し難しくなります。

男性らしさをアピールできるファッション

男性らしさをアピールできるファッションというのも、男らしい体型が分かるものなので、マッチョであれば薄着になるだけで良いのですが、誰もがマッチョではありませんし、むしろお腹だけが出ている中年男性がほとんどです。

なのでお腹を目立たせないゆったりとしたファッションを選ぶ人が多いのですが、オーバーサイズの洋服を着こなせるのはスタイルが良い事が伝わってくる若者だけなので、どことなくズボラな印象になってしまいます。

参考オーバーサイズの着こなしは難しい

お腹を隠せるメリットがある一方で、どことこなくズボラな印象になり、清潔感まで失われてしまうので、安易に体型を隠してしまうとデメリットの方が上回ってしまう事が珍しくありません。

お腹の出っ張りだけをスマートに抑えられる洋服こそ、男性らしさをさりげなくアピールできるファッションという事になります。

そう考えると選択肢は限られてきます。

実際にニュース番組や討論番組に出ている男性が選んでいるファッション、「スーツ」がその答えになります。

スーツはかなり細かくサイズを合わせる事ができ、体型に合わせてシルエットも選択できるので、多くの男性の体型のコンプレックスを隠しながらも、男性らしさを引き出す事ができます。

SMLのようなサイズ展開しかない洋服だと、モデル体型のような男性でないとフィットしてくれません。

モデルのような高身長でなくても、たまたま相性の良い体型であればスマートに着こなせる事もあるのですが、多くの男性は適当に大きめのサイズを選んでしまうので、どことなくだらしなさが出てしまい、男らしい体型をアピールできません。

当ブログでジャケパンスタイルを勧めているのも、スーツのようにサイズを細かく合わせやすいからであり、お腹の出っ張りをさりげなく抑えながらも、身体にフィットさせる事ができるからです。

マッチョな男性が冬場にランニングシャツを着ると、これ見よがしな下品なアピールになってしまいますが、伸縮性のある生地のフィットした洋服を選ぶと、洋服の生地越しからでも男性らしさをアピールする事ができます。

女性視聴者が多い昼間のワイド―ショーなどを見ると分かりやすいのですが、夏場のような薄着が適している季節でも、多くの男性アナウンサーがスーツを着ているのは、だらしのないボディラインを隠す為でもあります。

もちろん誠実さや清潔感といった要素もポイントなのですが、スーツというのは本当に良く出来ている洋服で、多くの男性の魅力を上手に引き出してくれます。

最近はスーツを毛嫌いする男性も多いですが、よほど立派な体型の持ち主でもない限り、スーツを着ない方がデメリットが上回ってしまいます

参考スーツのメリットを理解しよう!

これを理解していない男性ほど、「スーツなんて意味がねぇ!」などと言うのですが、スーツやジャケパンスタイルを崩さない男性というのは、そのメリットを理解しているものです。

少し前にホリエモンが出演している番組で、プライベートで交流している人達が映っていたのですが、結構な確率でジャケパンスタイルであった事が印象的でした。

ホリエモンは誰もが認める人物なので、ラフな恰好で崩れた体型を隠さなくても評価されるものですが、ホリエモンの考え方に感化されて恰好まで真似てしまうと、何かとマイナス評価を受ける事が増えてしまうわけです。

流石にガッチリとしたスーツを着ている男性は少なかったのですが、ジャケパンスタイルでカジュアルさも出しながらスマートに着こなしている男性が多かったのが印象的でした。おそらくホリエモンの考え方を尊重しながらも、現実的にマイアス評価を受けないバランスを取っているのだと思われます。

もちろん中にはホリエモンのようにラフな恰好をしている男性もいたのですが、いかにもジムに通って鍛えていそうな立派な体型の男性と、ただただだらしのない体型の男性に分かれていました。

そのだらしのない体型の男性でも、その世界では実力者と認識されていれば評価が下がるような事もないのですが、少なくともそのような情報を共有していない人からすると、清潔感のないだらしない男性にしか見えません。

おそらくホリエモンだって彼の事を全く知らない外国人からすると、男性らしい魅力など微塵も感じられません。

私も含めて多くの一般男性というのは、何かしら突出した実力があるわけでもなく、事前に相手側がこちらの内面の事を知っているわけでも興味があるわけでもないので、初対面でだらしのない奴という評価を受けてしまうと、そこから覆すのはかなり難しくなります

だからこそビジネスマンというのはスーツを選ぶのであり、ネットが普及している現代でもスーツを手放せない男性は少なくありません。

カジュアルなファッションでも見事に着こなす事が出来れば別ですが、サイズ展開が少ない洋服というのは、よほど立派な体型の持ち主やイケメンでもない限り、相当難しいものです。

コーディネートのセンスも求められますし、選択肢が増えてしまうだけに、TPOとのズレも生じやすくなってしまいます。

要するに、スーツやジャケパンスタイルというのは簡単だという事です。

スーツ最強説!

スーツというのは長い服飾の歴史の中で、いかに男性を魅力的に見せられるように進化してきました

ほどよく中年太りを隠せるだけでなく、男らしい胸のボリュームを補ってくれたり、力強い肩やたくましい背中の姿を演出してくれます。

もちろんスーツといっても適当に大きめを選んだり、体型の変化に無頓着でサイズがズレてしまうと、男性らしい魅力を醸し出す事など出来ないのですが、きちんとサイズを合わせたスーツほど、男性らしいをアピールできる洋服はありません。

ネクタイ一つとっても目の錯覚を利用してスマートに見せる効果がありますし、ジャケットの裾の長さで足の短さを誤魔化せるような工夫も取り入れられています。

参考目の錯覚を利用したファッション

補正効果のないカジュアルなファッションほど、素の実力がそのまま出てしまいます。スタイルの良い美男美女でもない限り、評価を上げる事は難しいという事を覚えておいてください。

グラマラスな体型の女性であれば、Tシャツをラフに着こなすだけでも凹凸のあるボディラインが浮き出るものですが、そうではない女性であれば、しっかりとフィットした洋服を選ばないと女性らしいボディラインが伝わってこないような事です。

スーツはカジュアルなファッションよりもずっと簡単に、女性にさりげなく男性らしさをアピールできる洋服なので、安易に軽視しないでほしいと思います。

スーツは張りのある生地だけに疲れやすいと感じる男性も多いですが、それは姿勢が崩れている証でもあり、逆に考えると姿勢が乱れて男らしくない自信なさげな状態を教えてくれる洋服でもあります

サイズに余裕のあるカジュアルなファッションだと、姿勢が崩れても生地がひきつく事もありませんが、それだけに姿勢が崩れっぱなしになってしまいます

最近はスマホやデスクワークの影響もあり、背中を丸めて自信なさげに見えてしまう男性が多いのですが、それだけにスーツを毛嫌いしたり、余計な皺が出て似合っていない人も増えています。

悪いのはスーツではなく自分側であり、そこを軽視してカジュアルなファッションに逃げてしまうと、体型は崩れっぱなしになってしまい、益々男らしさを失う事になってしまいます。

たまに「まだスーツなんか着ているの?」といった事を言う人もいますが、圧倒的な仕事力で評価されている一部の天才か、自由人気どりの勘違い野郎ぐらいなので、相手にする必要はありません。

接客業や営業職でなければ、スーツを着なくても良い仕事がたくさんありますが、それでも多くの男性がスーツを選択しているのは、それだけのメリットがあるのを実感しているからです。

カジュアルなファッションのようにセンスを求められる事もありませんし、流行に敏感である必要もありません。モデルのような体型を維持しなくてもフィットさせやすいので、多くの一般男性のレベルを合格ラインまで引き上げてくれます。

参考スーツの違いがよく分かるドラマ

安易に文化人気どりのスーツ否定派の意見を取り入れてしまうと、多くの一般人男性の魅力は失われてしまいます。

しっかりとスーツを向き合う事こそ、誰からも嫌われる事なく異性にさりげなく男性らしさをアピールできるようになるという事です。

スーツ離れが叫ばれる現代だからこそ、スーツの魅力がより引き立ってきたので、真剣に向き合う価値がありますよ。

まとめ ボディラインは本能に訴える

それほど意識していなかった女性でも、ふとした拍子に女性らしいボディラインが浮き出ると、急に意識するようになった経験は多くの男性にあるのではないでしょうか。

これは女性だって同じです。ただの同僚だと思っていた男性が不意に腕まくりをした時に、血管が浮き出た男らしい腕が見えると、急に男性として意識するようになる事です。

容姿や体型を変える事は簡単ではありませんが、ファッションを変えるのであれば、それほど難しい事ではありません。

異性にさりげなく魅力をアピールできる洋服というのは、美男美女ではない多くの一般人にとって無視するべきではありません。

ボディラインは本能に訴えかける事ができます。肌の露出を増やすような相手や場所を選ぶ方法ではなく、誰にでもさりげなくアピールできるのがスーツの魅力です。

胸の大きな女性やマッチョな男性がピタッとフィットした洋服を着ると、これ見よがしになってしまう事もありますが、多くの人はそうではないからこそ、きちんとサイズを合わせて姿勢を良くする事で、さりげなくアピールすることが可能になります。

それに最も適しているのが男性にとってはスーツだという事です。

女子アナがスカートを履いて椅子に座り、ボディラインが浮き出るニットを着る事で視聴率が上がる事が物語っているように本能は正直です。逃れられません。

ただスーツといっても適当に着ている男性も多いので、しっかりと向き合う事で向上する余地があります。

緩い革靴を履いているだけでまともに歩けなくなりますし、姿勢も崩れてしまいます。

サンダルやスリッパでは小走りなど出来ないように、フィットしていない靴では男性らしい頼もしい動作は出来ません。

一方でしっかりとスーツと向き合うようになると、自然と胸を張った男性らしい体型に近づいてくれます。洋服は肩で着るものなので、丸まっていた背中が元に戻るだけでグッと似合いやすくなります。

スーツを着ると疲れてしまうからと毛嫌いしていると、姿勢を正すきっかけがつかめません。

仕事ができるサラリーマンというのは、カッコ良くスマートにスーツを着こなしているものですが、これは逆に考えるとスーツをカッコ良く着こなしているからこそ、堂々とした姿勢になり、内臓の機能も向上して肌ツヤや髪質も良くなり、良い姿勢で自信のある表情や声色になり、それが相手にも伝わって仕事の成果につながっているのかも知れません。

ホリエモンのように圧倒的な仕事力がある人物であれば、見た目の事など気にしなくても良いのかも知れませんが、私も含めて多くの一般人には突出した才能などありませんし、大抵はどんぐりの背比べの勝負になります。

だからこそ、見た目の誠実さや自信の表れといった要素が結果を分ける事が多くなります。

スーパーでリンゴを購入するにしても、同じカゴに盛られているリンゴの中から綺麗な見た目のものを選ぶような事です。

隣にある高級リンゴに勝てるとは言いませんが、同類の中では見た目の印象が結果を左右します

これは異性に選ばれる事でも同じです。異性にさりげなくアピールできるファッションといっても、それだけでイケメンや美人に勝てるわけではありませんが、同レベルの争いの中からは頭一つ抜きんでる事が可能です

素の実力だけで勝負できない人だからこそ、丁寧にスーツを着こなす事で魅力がアップしてくれます。

周りに同じようなスーツを着ている男性がいても、多くの男性は適当に着ているだけなので、どうしても隙があります。

靴紐を緩めて履いているせいで姿勢や歩き方が崩れていたり、シャツの襟に垢があったり、メンテナンスを怠ってシワがあったりと、どことなく残念な印象が残っています。

きちんとスーツと向き合っている男性が少ないからこそ、しっかりと向き合う事で一つ上の着こなしをする事ができ、さりげなく女性に男性らしさをアピールする事が可能です。しかも周りの男性に気づかれる事もありません

女性は男性よりも圧倒的にファッションセンスが高いので、そのような微差に気がついてくれます。靴磨きやネクタイ選びやベルトや鞄のような事でも、どこかバランスが悪いと女性はあっさりと見抜いてしまいます。

そのような隙のある男性が多いからこそ、真剣にスーツと向き合う事が武器になってくれるので、女性に好かれたい男性は改めてスーツの着こなしを意識してみてください。

よほどファッションセンスがある男性であれば、カジュアルなファッションでも上手く組み合わせる事で、スーツのような補正効果を引き出す事ができますが、これはスーツを着こなす事よりもずっと難しい事です

身体に合わせやすいスーツすら着こなせい男性が、モデル体型にしか合わないカジュアルなファッションを着こなす事など不可能です。

女性視聴者が多いお昼のワイドショーでも、男性アナウンサーが安易にカジュアルなファッションを選ばないように、スーツは本当に万能なファッションです。

女性は同性に嫌われる事なく男性に好かれるファッションとなると、メイクや髪型も含めてTPOのバランスを取る必要があり、選択肢も多くて大変なのですが、男性に限っていえば姿勢よくスーツを着こなすだけでOKです。

女性にさりげなく男性らしさをアピールできるファッションとして、スーツほど優れているものはないので、しっかりと向き合ってみてください。

これが出来るようになると、ジャケパンスタイルにも応用が利くようになりますし、カジュアルなファッションでもバランスを見極められるようになります。

余分な生地が多くて皺が出やすいカジュアルなファッションこそ、姿勢の影響が丸わかりなので、素の実力が浮き彫りになる事を忘れないでください。

若者ほどカジュアルなファッションが似合うのは、まさにこれが理由です。瑞々しい肌や髪質から清潔感が伝わり、体型が崩れていない事も分かるからこそ許されるのであり、体型が崩れっぱなしの中年のおじさんが若者と同じようなファッションをしてしまうと、ただただ清潔感のないだらしのないファッションに成り下がってしまいます。

均整の取れた立派な身体を維持している男性でもない限り、スーツの方がずっと効果的だという事を忘れないでください。しっかりとスーツと向き合う事で、さりげなく女性に男性らしさをアピールする事が出来るようになりますよ!

【関連記事】
女性に好かれるファッションとは?

ファッションセンスがない男の特徴

男性ファッションの9割は姿勢?

down

コメントする