男の着こなし.com

メンズのコートは流行を無視した方が長持ちする!

十年以上愛用しているコート

先日、十年ぶりに再会した友達に指摘されて気づいたことなのですが、私がその時に着ていたコートを見て驚いていました。

友人「まだそのコート着てるんだ!」

私「ああ、そういえばそうだな、よく覚えているな」

友人「だってそれ青島モデルのやつだろ」

私「ああ、それで覚えていたのか」

といった感じの会話になりました。

青島モデルとは、20年ぐらい前に話題になったドラマ(踊る大捜査線)で主人公が着ていたコートのことです。

私がこのコートを購入した時というのは、まだファッションに目覚める前だったのですが、丈夫な生地で色落ちも少なく防寒もバッチリなので、今でもカジュアルなファッションの時に着ています。

主人公が着ていたコートと色が違うので気がつく人はいないのですが、その友人には話したことがありました。

このコートはモッズコートやミリタリーコートと呼ばれるタイプで、今でもこのタイプのコートを着ている男性は珍しくありません。

ネットで調べてみると、今でも青島モデルとして売られているようで、ロングセラー商品のようでした。

メンズコートに流行はない?

そもそもメンズファッションというのは、大きな流行があるわけではありません。

全くないわけではないのですが、男性は女性ほどファッションに興味があるわけではないので、一部の層にしか流行は起こりません。

ユニクロのダウンジャケットが流行していた頃は、毎年のようにダウンの区切りやシルエットが変わっていったので、流行遅れに感じるデザインもありましたが、現在では様々なメーカーがダウンジャケットを販売している事もあり、極端に古臭く感じるものは少なくなってきました。

ただダウンジャケットの表面に使われる生地は薄いナイロンが多く、突起物に引っかけてしまったり、熱で溶けてしまうケースがあります。

また中のダウン(羽毛)も経年劣化しやすいので、きちんとメンテナンスをしないとボリュームダウンしてしまいます。

だからこそ買い替え需要がうまれ、ユニクロのようなファストファッション側にとっては相性が良いコートなのですが、要は消費期限が短いタイプのコートになります。

一方でその他のコートに関していえば、それほど流行があるわけでもなく、メンテナンスも難しくありません。

コートを着ているシーズン中は、定期的に洋服ブラシでホコリを落としてあげるだけで十分です。春先にクリーニングに出せば次の年でも問題なく着ることが出来ます。

もちろん生地の耐久性や色落ちなどの問題もありますが、そもそもコートは頑丈に作られることが多いので、頻繁に洗濯するような使い方でなければ、十年ぐらい平気で持つものです。

むしろコートの本来の寿命が来る前に、体型が変わってしまったり、メンテナンスを怠ることで、着られなくなっていきます。

毎日仕事に着ていくようなコートだと、電車や車の椅子で擦れたり、鞄のストラップで擦れて傷みが目立ってしまうケースがありますが、これらも扱い方次第で抑えることは可能です。

他にも職場のロッカーのハンガーを厚みのあるタイプに替えたり、椅子に座るときにコートを脱いだり、バランスよく背中やお尻の生地が設置するように整えることも大切です。

厚みのあるプラスチックのハンガーなど100円ショップでも売られていますし、コートを脱いだり形を整えてから座るのにもお金は掛かりません。心掛け次第です。

流行に左右されにくいメンズコートというのは、扱い方次第では十年以上もっても不思議ではありません。

むしろ流行を避けた方が、長持ちしてくれます。

洋服の寿命とは?

そもそも多くの洋服の寿命というのは、着る側が縮めてしまっていることがほとんどです。

肌着のように皮脂汚れが付きやすい服は、ガンガン洗濯して一年ぐらいで買い替えるのも良いのですが、その他の洋服は扱い方次第で寿命は大きく変わります。

私はプライベートでも襟付きのシャツを着ることが多いのですが、これは清潔感が出やすいというメリットだけでなく、ジャケットやコートのようなアウターに首元の皮脂を付着させない目的があります。

数年前からTシャツにジャケットを羽織るようなファッションがありますが、頻繁に洗濯できないジャケットの寿命を一気に縮めてしまいます。

女性ファッションと比べて流行が少ない男性ファッションだからこそ、扱い方次第で洋服が長持ちするものです。

自分の体型に合わせて生地の硬さがとれた洋服というのは、着心地も良くフィットしてくれるので、新品の洋服よりも似合いやすいものです。

せっかく硬さが取れてフィットするようになった洋服でも、扱い方が悪いと傷んで寿命を迎えてしまうので、気をつけてほしいと思います。

基本的にコートは防寒の事が考えられているので、激安の粗悪品でもない限り、頑丈な生地をしっかりと縫製してくれている事が多いです。

2~3年置きにコートを買い替えているという方は、改めて扱い方を意識してみてください。自ら寿命を縮めるような事をしているかも知れません。

ダウンジャケットのようなコートでも、定期的に硬く絞った雑巾で拭いて上げるだけで、ちょっとした汚れが頑固な染みになる事を防ぐことが出来ます。

このようなメンテナンスをすることで、生地が擦れやすい箇所も理解できるようになり、普段の行動やクセなども改める機会になってくれます。

洋服のメンテナンスと向き合うことで、自分自身のレベル(姿勢や所作)も上がっていきますよ。

流行を取り入れるファッションが悪いわけではありませんが、流行がわかりやすいファッションほど、流行遅れに巻き込まれる可能性が高まってしまうので、中途半端に流行を追うよりも、自分のファッションと相性の良いコートを選び、大切に扱いながらフィットするように成長させてほしいと思います。

【関連記事】
グンゼの肌着の着心地が別格だった

洋服ブラシの効果を理解している?

洋服の品質は価格に比例しない!?

down

コメントする