男の着こなし.com

女子受けするメンズファッションを鵜吞みにすると失敗します

女子受けする男性ファッション?

しばしば男性向けのファッション雑誌などを眺めていると、

  • 女子受け抜群のファッション!
  • モテる男は○○を着ている!
  • 今年の夏は○○がモテる!

といった感じの特集が組まれているのですが、そもそも女子受けする男性ファッションに正解などあるわけがありません

特定の洋服やブランドで決まるものではありませんし、当然モテる男がそれらのアイテムを身につけているとは限りません。

もちろん目安として、

  • 清潔感
  • フィットしている洋服
  • 年相応のファッション

といったものは上げられますが、これは女子受けするファッションということではなく、そもそものファッションの基本です。

これは逆に男子受けする女性ファッションで考えると、わかりやすくなります。

男子受けする女性ファッション

私は勉強もかねて、しばしば女性のファッション誌を見ることがあります。流石に購入することはありませんが、最近は雑誌の読み放題があるので気軽に見ることが出来ます。

すると男性向けファッション誌と同じように、よく「モテる女のコーデ特集」などが組まれています。

そこに登場する女性ファッションの傾向というのは、単純にそのファッション誌がおしているものばかりです。

その雑誌の読者層に合わせて紹介しているだけであり、男性にモテる理由など解説されていません。

そして男性である私から見て、どのファッションの女性に魅力を感じるかというと、単純に可愛らしいと感じる女性です。

ファッションが関係ないということではなく、上手に自分の魅力を引き出しているファッションを身につけている女性に魅力を感じます。

「この子と、あの子が素敵だな」

と思うことはありますが、そこにファッションアイテムの共通点はありません。

女性のミニスカートが好きな男性であれば、どんな女性でもミニスカートを履いているだけで魅力を感じるのかも知れませんが、私はそのような特定のファッションの好みがあるわけではないので、素敵だなと思う女性のファッションに、これといった傾向はありません。

単純にファッションや髪型が似合っていると素敵だなと思うだけです。そこにブランドの名前は全く関係がありません。

むしろわかりやすい個性的なファッションほど、「うーん」と感じてしまいます。

これは女子受けする男性ファッションでも同じなのだと思います。

特定のブランドやファッションアイテムのおかげで女性にモテることなど、稀です。

キャバクラのような特殊な環境であれば、お金持ちアピールが出来る高級腕時計のおかげでモテることになるかも知れませんが、これは上客として扱われるだけであり、本当にモテていることにはなりません。

男性受けする女性ファッションだって、露出を高めて胸元でもアピールすれば、多くの男性から注目されることになりますが、それが男子受けしてモテている事だとは多くの女性は感じません。

女子受けする男性ファッションというのは、シンプルに似合っているファッションのことです。

シンプルといっても、何をもって似合っているのかの判断が難しいのですが、最も簡単なのは似合っていないポイントを排除していくことです。

不正解を避けよう!

女子受けするファッションに正解はありませんが、「不正解」はあります。

この不正解を徹底的に排除していくことで、結果的にバランスの取れた悪くないファッションに仕上がります。

清潔感のあるファッションというと、単純に新しい洋服やクリーニングと考えてしまう方が多いのですが、日頃の手入れだったり、汚れが目立たない生地を選ぶことだったり、姿勢や仕草(肘をつく等)を改めること等も含まれます。

ピカピカに磨かれた革靴でも、手を使わずに靴同士を擦り合わせて脱いでしまうと、直ぐに汚れてしまうものです。

新しい洋服でなくても、ブラシをかけて毛玉を抑えたり、きちんとアイロンをかけたり、専用ハンガーにかけることで、清潔感の演出が出来るものです。

どんなに有名なブランドの新しい洋服でも、日頃の姿勢や歩き方が悪ければ余計な皺が出てカッコよく見えないものです。

毎月のように有名な美容師にカットしてもらっていても、髪質や生え方によっては一ヶ月でバランスが大きく崩れてしまうかも知れません。逆に二週間に一度ぐらい1000円カットをしてもらう方が、清潔感が保てるかも知れません。

ヒゲが濃い人であれば、定期的に床屋さんで顔剃りをしてもらうことで、自分では剃ることができない耳の周りなどを綺麗にしてもらえます。もちろんヒゲや顔の産毛が薄い人であれば、それほど気にする必要はないのかも知れません。

女子受けするファッションに正解がないというのは、それぞれの男性に個性があるからです。

自分にとって清潔感が失われやすい箇所と向き合うことこそが、結果的に女子受けもするファッションということになります。

自動車の整備士で手が汚れがちの人であれば、頑固な油汚れ専用の石鹸や洗剤を使用することかも知れませんし、デスクワークで姿勢が悪い男性であれば、整体に通うことや運動を取り入れることが正解かも知れません。

髭の濃い人なら最新の高機能電気シェーバーを使用することで清潔感が保てるようになるかも知れませんし、ヒゲの薄い方ならノーブランドの1000円の電気シェーバーで十分かも知れません。

肩幅がない男性なら、程よく肩パットが入っているジャケットを選ぶことかも知れませんし、肩周りの筋肉を鍛えることかも知れません。

顔が怖い男性なら髪型を変えたり、眼鏡をかけることで緩和されるかも知れませんし、頼りなさそうな顔の男性なら髭を生やすことで押し出しが強くなるかも知れません。

髭を生やしている男性がモテるのではなく、髭が似合っている男性がモテるだけです。

髭が流行っているからと、似合いもしない髭を生やしても女子受けするわけがありません。

これはあらゆるファッションアイテムについても同じです。

何か特定のアイテムにこだわるのではなく、自分自身にこだわることで、女子受けしない不正解のポイントを緩和させることが出来ます。

それが結果的に女子受けするファッションということになります(女子受けだけでなく多くの人に好感をもってもらえるファッションですが)。

まとめ ファッションは基本が大切!

料理でも基本をおろそかにしてしまうと、せっかくの高級食材を台無しにしてしまうものです。

ろくにフライパンを温めずに高級和牛を焼いてしまうと、表面の脂が溶け出して焼きムラが出来てしまうものです。

一方で安い牛肉でもしっかりと下味をつけ、丁寧に焼くことで美味しい料理にすることが出来ます。

もちろん元々の素材の力が違うので、塩コショウだけで勝負できるわけではありませんが、硬い牛肉にあった調理法を選ぶことで、美味しい料理が出来るものです。

世の中にはイケメンということだけで、これといった努力をしなくても女子受けするラッキーな男性もいますが、それを羨んでも何も変わりません。

高級和牛(イケメン)は塩コショウ(Tシャツ、ジーパン)だけでも、美味しく(女子受け)仕上がりますが、硬い牛肉(一般男性)には、硬い牛肉なりの調理法があるものです。

自分の体型と向きあい、髪質や肌ツヤと向き合い、姿勢や歩き方と向き合うことで、自分の良いところも悪いところも理解できるようになります。

悪いところが理解できると何かしらの改善する方法が見えてくるので、全体的にバランスが良くなるものです。

「女性にモテる為に筋トレをしろ!」

といった情報をそのまま鵜吞みにして筋トレを頑張ったとしても、前歯が抜けていればまず無理です。まずやるべきことは歯の治療です。

女子受けを狙って筋トレをすることが不正解ということではなく、自分にとっての正解をしっかりと見極めてください

華奢な身体の男性であれば、まさに筋トレが大正解なのかも知れません。

人によっては食生活を変えることかも知れませんし、デオドラントケアをすることかも知れませんし、自己啓発セミナーに通って自信をつけることが正解の男性もいるかも知れません。

女子受けするファッションの正解はありませんが、不正解を避けてバランスをとる(全体を整える)ことで、結果的に女子受けもするファッションに近づくことを理解していただけたでしょうか。

もちろん高級ブランドのファッションや腕時計も、人や場によっては正解ということになるので、そこは勘違いしないでください。

高級ファッションアイテムそのものが悪いということではなく、身に着ける人や場(TPO)によって正解にも不正解にもなるということです。

【関連記事】
女性が嫌がる男性ファッション

正しい姿勢を簡単に理解する方法

モテテク本を読み漁って気づいたこと

down

コメントする