男の着こなし.com

簡単に目力をつける方法!キーワードは渇望です

目力を付ける方法

今回は簡単に目力をつける方法をいくつか紹介します。

最初は目の周りの筋肉をほぐすことがポイントです。これは準備体操のようなことです。

目元をマッサージしてほぐすという方法もあるのですが、簡単なのは大袈裟にウィンクをすることです。両方の目をなるべく大きくウィンクしてみてください。

ウインクする男性

大きなウインクは目の周りの筋肉のストレッチになります。片方の目が苦手な方でも頑張って出来るように動かすだけで、目の周りの筋肉のトレーニングになります。

ちなみに日本語には母音が少ないので、会話をしている時に表情筋をあまり使わない傾向があります。

一方で英語は様々な母音を使うので、表情筋の使う範囲が広いと言われています。普通に話すだけで自然とおでこや眉間の筋肉まで使っています。

日本のアニメは口をパクパクさせるだけで違和感なく成り立たせることができますが、アメリカのアニメは口のすぼませたり、イーッと横に広がせないと不自然になるそうです。

外国人は片方の眉毛を上げて驚いた表情を見せることがありますが、多くの日本人は出来ないと言われています。これも言語による表情筋の使い方の違いです。

目力の為に外国語を話す必要はありませんが、意識して目の周りの筋肉をほぐしてください。

欲求の飢え

それでは最も手っ取り早く目力を手に入れる方法を紹介します。

 

キーワードは「飢え」です。

 

実は食事を抜くだけで目力がみなぎってきます。これは周囲の人にも伝わります。俗に言う「目が血走っている」状態になります。

人間は欲求が満たされないと目力が宿ります。

これは食欲に限った話ではありません、何かを求めている人というのは、常に目標物を探している状態なので自然と目に力が入ります。

目力のあるダンセ氏

「飢え」は本能に訴えます。

例えば咽が乾いている状態でもそうです。脳が無意識に水を探すようになると目標物を的確に発見する為に、目の周りの筋肉を活発にさせます。

逆に考えると「目力がない」と言われている人は、現状に満足している状態です。満腹のライオンと同じ状態です。

特に不満もなく幸せなことは素晴らしいのですが、はたから見ると生命力が感じられません。やる気があるようには見えません。

これはお年寄りを想像するとわかりやすいのですが、好きなことや趣味を楽しんでいるお年寄りの目は生き生きとしていますが、一方でそうではないお年寄りから覇気は感じられません。

必ずしも目力がないことが悪いことではないのですが、特に若者がそのような目や表情だと女性にモテることにはつながりません。

よく女性は付き合う前の男性に夢を聞くものです。目標のある男性はそれだけで魅力的にうつるということです。

夢を語らなくとも男性の目に目力がみなぎっていると、それだけで女性は魅力的に感じてしまうものです。女性と目が合うだけで「ロックオン」されたと思わすことができます。これは要するに「気があるぞ」と思わせられるということです。

ロックオンされた女性

ただし女性を睨み付けるようなことをしてはいけません。容姿や髪型や服装にもよるのですが、目力は恐怖も増徴させてしまいます。女性に怖いと思われたら元も子もありません。

ジャニーズのタレントのように、軽い笑顔で自信満々に女性の目を見つめるのがポイントです。

女性のメイクの意味

一方で女性が目を大きく見せるメイクをする理由は、男性に可愛く見られたいからです。

目が大きいと可愛く見えるのは、赤ちゃんを見ればわかると思います。赤ちゃんは白目があまり見えません。黒目でパッチリとしています。

まん丸な目の赤ちゃん

この黒目パッチリ状態は誰にでも愛されます。生物の本能に訴えるレベルです。なのでイヌやネコの赤ちゃんでも同様に可愛く感じられます。

赤ちゃんという存在はとても弱いので、周りに育ててもらったり、守ってもらう必要があるわけです。それを本能が理解しているので、子供は愛されやすい目の状態になっています。

多くの女性が目指しているのは、素敵な男性に愛されたいという目標です。男性に睨まれることは望んでいませんが、多くの男性にターゲット(モテたい、優しくされたい)にされたいとは思っています。

それでメイクで目元を大きくして子供のように守ってもらう対象になろうとします。それだけ相手の本能に訴えかける力が目にはあるということです。

ロックオンして放置

目力のある男性は全ての女性に対して気があるように思わすことが出来ます。それでいて放置をするので、女性はたまらなくなってしまいます。

ドヤ顔の男性

「なんで私に気があるくせに振り向いてくれないの?」と女性のほうからアプローチをしてくるわけです。

全く気がない女性を振り向かせるのは相当時間もかかりますし、例えイケメンでも簡単ではありません。

イケメンでなくてもモテる男性には目力があります。目力で女性に興味があるぞと思わせています。その中から反応が良かった女性だけをターゲットにします。

すでに女性を惹きつけているので、落とすのが容易なわけです

モテない男性は女性を惹きつける努力をすることもなく、自分の好みだけで女性を選ぶので振り向かせるのに時間がかかって失敗します。

イケメンでもないのにモテる男性というのは、振り向いてくれた女性だけを狙うので成功する確率が高くなります。

目力をつける究極の方法

もう一つ目力を付ける方法を紹介します。これは簡単ではありません、モテない男性ほど辛いことになるのかも知れません。

それは「自慰行為をしない」という方法です。

性欲も食欲のように満たされてしまうと目力はなくなります。飢えて食べ物(女性)を求めている男性に目力は宿ります。

ちょっと想像してみるとわかりやすいのですが、風俗に行く前の男性の目はギラギラしています。

ですが、風俗から出てきた男性の目に力はありません。

日頃から自慰行為を頻繁に行っていると、常に目力がない状態になります。

簡単に性欲が満足する状態というのは、女性にモテたいという気持ちを鎮めることになります。本能から女性にモテるための努力をしなくなってしまいます。

性欲を我慢してギラギラの状態をキープしていると、脳は性欲に飢えている状態なので女性にモテるためにあらゆる努力をします。

男性ホルモンを増やして精悍な顔つきにします。筋肉をつけやすくします。体臭を変えてフェロモンを出して女性を惹きつけようとします。

一方で日ごろから簡単に性欲が満たされてしまうと、これらの努力、変化は必要ありません。脳は現状維持で満足してしまいます。

よく仕事に夢中な男性が魅力的だと言われますが、これも同じような理由です。

活力のある男性

目標物に向かって視線を定めているのでギラギラして目力が宿ります。これが仕事ができる男性がモテる理由です。

女性は自分に向けられたギラギラでなくても、異性として魅力的だと感じるわけです。

結婚した男性がモテるようになるのも似ています。守るべき家族が出来ると新たな欲求が生まれます。家族を守ろう、仕事を頑張ろうとすると目力が増して魅力が増します。

まとめ 目力とは渇望

まとめると目力がみなぎる状態というのは、欲求に飢えている状態です。「俺はまだまだこんなもんじゃないぜ!」とより高みを目指している状態です。

徹夜でマージャンしている人は、睡眠に飢えながらも目の前の獲物に標準を合わせているので、目が血走っています。ダブルの効果でとんでもない目力が発揮されます。

獲物に飢えている猛獣の目には、物凄い目力が宿っています。

獲物を見つけたライオン

そして性欲も同じです。現代社会はお手軽に性欲を処理する方法が増えました。昔は努力をして女性を振り向かせるないと満たされなかったはずの性欲が、いとも簡単に満たされてしまいます。

モテようと努力を重ねている人と、現状に満足してしまっている人では、どちらが魅力的になるのかわかると思います。

目力のないライオン

そして女性はそのような男性を一瞬で見抜きます。本能で察知します。「生理的にムリ」とは、まさに本能が判断させることです。

日常的に自慰行為をしている男性でも、一週間ぐらい抑えると周りの男性を一瞬で見抜けるようになります。

欲望を抑えてギラギラと渇望している奴と、そうではない奴がすぐにわかります。

慣れてくると「こいつは昨日したな」と感じるようになります。感じたところでいいことはないですが・・・。

そいつと横に並んだ時に女性も一瞬で見抜いてくれます。当然あなたの方が魅力的にうつります。

「目力がない」状態を言葉をかえて表現すると、

  • 覇気がない
  • やる気がない
  • 生命力がない
  • 魅力がない
  • 元気がない

のようなことです。

だらけたライオン

覇気のない、目力のない男性を見た女性は、

  • エサ(経済力)を捕まえられない
  • 守ってくれない、戦えない
  • 若々しくない
  • 子孫を残せない

と感じ取ってしまいます。これでモテるわけがありません。

中々信じられないかも知れませんが、日常的に自慰行為を行っている方は、一週間だけでもいいので控えてみてください。毎日していた人ほど、効果、変化が実感できると思います。

ボクサーは試合の一週間前から禁欲をすると言われています。全身の筋肉を使って極限のスピードで動くボクサーは、僅かな肉体の違いでも感じとるのではないでしょうか。

あなたも自分自身の欲求をコントロールして、目力を手に入れてほしいと思います。

現代は様々な欲求が満たされています。食べ物が不足することも、安全に眠れないこともありません。性欲もインスタントに処理できるようになってきました。

草食系男子という言葉は、まさに目力がない男性のことです。よほどのイケメンでもない限り相手にされません。

女性に相手にされないからと簡単に欲求を満たしてしまうと成長がありません。異性にモテるための努力は素晴らしいことです。自分を大きく成長させてくれます。

本当に手に入れたいモノを、しっかりと見定めてロックオンしてください。中途半端に妥協する必要はありません。

人間は目標が定まると、無意識に脳がその方法を探し出します。

無意識に目標に向かって成長することができます。その過程の人の目にはしっかりと目力がやどっています。

草食系や肉食系は体型の事ではありません。目力の事です。

あなたが本当に手に入れたいモノは何でしょうか?それを手に入れる為に頑張っていると、自然と魅力的な目力が宿るようになりますよ。

前へ:目力がないと女性にモテない?生命力が感じられないからです
mae iti ni iro tugi iro
2ページ中、2ページ目を表示

【関連記事】
女性の目を合わせられない男性へ

怖い目つきを和らげる簡単な方法

マッチョが女性にモテないって本当?

コメント

  • 納得しました。
    私は女ですが、ギラギラした目の男性が好きです。
    ギラギラした目で見られると、それだけでドキドキしてしまいます。
    その人がタイプであれば、忘れられなくなります。
    まるで、突然、自分が女であると再確認させられるからです。
    普段は、人類皆人間、というような、性別もまったく思い出さないで生活しているで。

    つまり、男の人は、少々、苦しんでいるぐらいの状態、飢餓状態というか、の方が魅力的なんでしょうね。

    by 匿名 €2016年1月8日 18:30

  • 女の人がコンサートにいくと、よくアーティストと目が合ったって喜んでいるよね。男の人が目が合ったことを自慢するのは聞いたことがないな

    by 匿名 €2018年8月11日 16:38

down

コメントする