男の着こなし.com

若々しいの意味をはき違えると若作りになる!?

若々しいは若作り?

若々しい」と「若作り

言葉はとても似ているのに、意味は全く違います。

「若作り」は悪いイメージが付きまとうと思います、「痛々しい」や「よくやるねぇ」などネガティブな印象を与える言葉です。

メイク道具

「若作り」は無理をしてやっているイメージですが、一方で「若々しい」はより自然なイメージです。

若く見せようとする努力が見えてしまうと「若作り」、努力が見えないと「若々しい」になります。この違いはファッションやオシャレにとって大きいです。

そこで今回は「若作り」と「若々しい」の違いについて考察していきます。しっかりと境界線を見極めてポジティブなイメージになる若々しさを手に入れましょう。

若作りの間違え方

若作りが残念な印象になる理由は、周囲の人に若く見せようとしているのがバレバレだからです。

極端な例をあげるとリーゼントや聖子ちゃんカットやソバージュといったところでしょうか。

ロイヤルの社長のリーゼント 引用元:http://ameblo.jp/brandouroyal/entry-11011461485.html
(ロイヤルの社長はキャラクターとして素敵ですけど)

現在の若者がやっていない髪型やファッションなので、一目瞭然で若作りに見えてしまいます。

これは若者言葉を無理して使っている中年のような痛々しさのような事です。しかも大抵は少し前の若者言葉なので、より一層古さが引き立ってしまいます。

中年男性が絵文字を使ったりLINEのスタンプを使うと、無理な若作りにしか見えません。

若さを求めている事が伝わってしまうのが、若作りの印象になる人の特徴です。

若々しい人の特徴

一方で若々しいと言われる人の特徴は、若者言葉やファッションをしているわけではありません。

中年の魅力的な有名人を思い浮かべてもらうとイメージしやすいのですが、多くの人が年相応の格好をしています。

決して若く見られようとしていません。

年相応のファッションや髪型だと若々しく見えないと考える人が多いのですが、きちんと年相応のファッションや髪型を取り入れている一般人は少ないです。

年齢を重ねて体型や髪質や肌質の変化に合わせて、ファッションや髪型を変えられる人は意外なほど多くありません。

大抵は昔の流行や昔の自分が似合っていたファッションを引きずっています。その極端な例が聖子ちゃんカットやリーゼントというわけですが、ここまで極端でなくても多くの人が昔を引きずってしまい、中途半端な若作りになってしまいます。

このギャップを取り除いて年相応のファッションをするだけで、ギャップだらけの周辺の人に比べて「若々しい」印象になる事ができます。

現在の自分の状態としっかりと向き合ってアップデートしている人が、若々しい印象になる事ができます。

若々しくない若者

二十歳の青年に対して「若々しいね」とは言いません。誰が見たって若いからです。

逆に若者が中年男性のようなファッションや髪型をしていると、年相応ではないので「おじさんっぽい」という印象になります。

「若々しい」という言葉は、あくまでも若くない人に使う言葉です。

同年代の人よりも、やる気やオーラや活気を感じさせる人を「若々しい」と言います。

元気な中年男性

 

だからこそ目指すべきファッションというのは、現代の若者ファッションではなく、現代の同年代のファッション、年相応のファッションということになります。

若者のファッションや流行を取り入れることは若作りになりますが、年相応のファッションや髪型は若々しい印象になります。

多くの人がそれすら出来ていないので、相対的に周囲の同年代の人と比べて若々しさが漂います。

髪型が左右非対称のデザインカットの中年男性には、ミニスカートを履いているおばさんのような痛々しさが漂います。

稀に似合う人もいるのですが、モデルや俳優のようなスタイル、容姿、ライフスタイル(高級車など)を維持していないと難しいです。現在の森高千里さんがミニスカートを履いても綺麗ですが、同年代の多くの女性には似合いません。

年相応のファッションとは

年相応のファッションを定義するのは難しいのですが、物凄く簡単に言うと無難なファッションです。

無難なファッションと言っても適当でいいというわけではありません。だからと言ってファッション雑誌の突飛な格好でも当然ありません。

無難なファッションというのは相手の印象に残らないファッションとも言い換えられます。オシャレなファッションは印象に残りますが、ダサいファッションも印象に残ります。

相手の印象に残らないファッションというのと、あまり良いイメージがないかも知れませんが、逆に考えると「悪くはない」という事でもあります。

オシャレなファッションは簡単ではありません。容姿や体型も重要になるので、誰もがオシャレになれるわけではありません。一方でダサいファッションはある程度避けることが可能です。

ダサいファッションの条件というのは、

  • サイズが合っていない
  • 昔のデザイン、シルエット
  • 清潔感がない、不潔

と言ったところでしょうか。

ジーパンが無難なファッションだからと、昔のシルエットの色落ちしまくったジーパンを履いてしまうとダサくなってしまいます。一方で最近のシルエットで色落ちしていないジーパンであれば、中年男性でもそれなりに清潔感を保つことができます。

色落ちしたジーンズ

肌がみずみずしい清潔感のある若者であれば、ダメージジーンズでも清潔感があるものですが、全く同じダメージジーンズでも中年男性が着てしまうと不潔に見えてしまいます。

サイズが合っていない洋服も同じです。大きめのサイズの洋服をラフに着こなすのは、若者であれば可愛げもあるのですが、ただでさえ清潔感がない中年男性が真似てしまうと、だらしのなさだけが際立ってしまいます。

参考オーバーサイズの着こなしは難しい

年相応に見える無難なファッションというのは、特定のファッションを指すのではなく、ダサく見えてしまう要素を徹底的に避けることがポイントになります。

多くの一般男性が出来ていないことなので、無難なファッションにするだけでギャップだらけの周囲の男性と比べて、圧倒的に若々しい印象になる事ができます。

まとめ 普通の凄さ

オシャレな人というと特別な髪型やファッションをしていると考えがちですが、それはファッションが仕事のモデルや芸能人の印象です。

彼らの多くはプライベートで最先端の突飛な格好をしているわけではありません。

参考にするべきは、ファッション雑誌に登場する人ではありません。むしろあなたの周りにいる若々しい印象の男性の方が、ずっと参考になります。

理由はわからなくても何となくオシャレだなと感じる人というのは、きちんと自分の年齢に合わせてファッションや髪型を変化させてきた人です。

若者ファッションを取り入れていたり、これ見よがしにブランド物をアピールしていなくても、若々しい印象にうつる人がいると思います。

そのような人が身につけているのファッションこそが、年相応の無難なファッションということです。

年相応というのは若者に近づくことではありません。中年の人が髪を真っ黒に染めてしまうと若々しくは見えません。肌質と合わない不自然な髪色になってしまうと、最悪の場合はカツラに見えてしまうかも知れません。

参考白髪を染めすぎると余計老けます

稀に中年女性でも補正下着でツンと上向きのバストの人がいるのですが、違和感満載で奇妙なスタイルにうつってしまいます。

年代に合わない要素は痛々しい若作りにしか見えないので、極端な事は取り入れるべきではありません。

ファッションや髪型を若返らせるのではなく、年相応に合わせることで若々しい輝きが増すものです。

多くの男性は年相応のファッションや髪型を意識できていません。多くの中年男性にこのギャップがあるからこそ、きちんと無難な普通のファッションにするだけで、若々しく見えるようになります。

これは女性のファッションで考えてみると分かりやすいと思います。現在の松田聖子さんは聖子ちゃんカットをしていませんし、最近の若い女性のファッションやメイクをしているわけではありません。

しっかりと現在の松田聖子さんに似合う髪型や洋服をしています。

当たり前の事なのですが、多くの中年男性が現在の自分と向き合っていません。中途半端に若作りをしたり、昔を引きずっています。

しっかりと現在の自分と向き合う事こそが、若々しい印象になるポイントです。

全力で現在の自分に似合う普通のファッションと向き合ってください。しっかりと現在の自分の体型に合うサイズを選び、自分の年代に合う色を選び、きちんとメンテナンスして清潔感を保ってください。

普通のファッションといっても投げやりでは普通のレベルにすら達しません。全力で普通を目指している男性だけが、若々しい印象になる事が出来るという事です。

【関連記事】
髪質改善のポイントは健康改善

目の錯覚を利用した着こなし術

ファッションセンスのない男の特徴

コメント

  • 女性は年代に合わせて髪型やファッションを変化していくけど、男性は無頓着な人が多いよね

    by 匿名 €2019年6月1日 13:28

down

コメントする