男の着こなし.com

足が短く見えるのはズボンの股下のトップの位置が低いから!

股下の位置

またまた柔道着を例に出して申し訳ないのですが、柔道着のズボンを見ると股下に余裕がある構造になっています。

柔道着

和服の構造がそのようになっています、そもそも足を長く見せようと考えられていません。

スタイルの良い俳優でも時代劇に出演すれば足が長く見えることはありません、和服はシルエットがゆったりとしているので足の付け根が曖昧になります。

これが洋服でズボンの股下のトップの位置が低いと、足の付け根の位置が低く見えて短足になります。

ジーパンの腰履きが代表的な例になります、あえて大きいサイズを履いてダボつかせています、これだと極端に足が短く見えるので、あえてやっていると伝わってきますが。

足が短く見える着こなし 引用元:http://blog.goo.ne.jp/yodobaku1967

一部のファッション上級者であれば、サルエルパンツという選択肢もあります。

サルエルパンツをオシャレに着こなすには、そもそものスタイルが良い必要があります、上半身の着こなしでスタイルの良さをアピール出来ないと、本当に残念な仕上がりになります。

高身長で細身の方でなければ難しいと思います、上半身の洋服をピタッとまとめて、裾の長さも短めにする必要があります。

オシャレな男性があえてやっていると伝わるからこそ、意味があるファッションです。

安易にこのようなファッションを取り入れてしまうと、足が短いだけになるので気をつけてください。

【スポンサーリンク】

サイズ合わせの重要性

年輩の男性に多いのですが、洋服のサイズを必要以上に余裕を持たせる傾向があります。

大きすぎる洋服は見た目の重心が下がってしまいます、そしてズボンの股下の位置も下がります。

少し前までのスーツのシルエットというのは、まさに大きめサイズでした、日本の政治家が海外の政治家と並ぶと滑稽に見えてしまうわけです。

近年はスーツのシルエットが見直されてきているので、そのようなケースが少なくなってきてはいるのですが、中年以降の男性の多くは、以前として大き目のサイズを選ぶ傾向があります。

スーツ姿はカッコいいのに、私服がダサいお父さんというのがその典型です。

スーツは細かくサイズ合わせが出来ますが、私服のサイズを適当にしてしまいます。

カジュアルな洋服というのは、スーツのようなサイズ展開になっていないので、サイズ合わせを慎重に行う必要があります。

【スポンサーリンク】

オーバーサイズのデメリット

当サイトで何度も口を酸っぱくしていっているのですが、大きいサイズの洋服を選んでしまうと、洋服に皺が多く出てしまうので、より自分の体型を強調させることになってしまいます。

ブカブカのブレザー

小さすぎる洋服も問題ですが、大きすぎると生地が余って縦に皺が入ってしまいます。

サイズが大きすぎるズボンというのは、股下の位置が下がって上手に着こなしていないサウエルパンツのような印象になります。

足が実際の長さよりも短く見えてしまいます。

ここを改めるだけで見た目の印象は大きく変わります。

足を長くすることは出来ませんが、足を短く見せる条件を避けることは出来ます。

SMLのようなサイズ展開のズボンでは、きちんとサイズを合わせることは難しいです。

ユニクロのようなカジュアルなお店でも、数センチ刻みでサイズ設定を展開しています、そのようなお店で試着を重ねてピッタリのサイズを選んでください。

今まで試着もせずに適当に大きめのズボンを選んでいた方は、それだけで足が長く見えるようになります。

股下の位置が上がってズボンのシルエットも細くなるので、見た目の印象は段違いになります。

そしてズボンの裾も適正な長さに調整してもらってください、ズボンの裾に皺が多いと足が短く見えてしまいます。

きちんとベルトを通して裾の長さを調整してください、適当に手で押さえて決めないように気を付けましょう。

次は姿勢の大切さについて紹介します、上半身の姿勢の状態でも足の長さに影響を与えることがあります。

次は:実際の身長のよりも低く見えてしまう条件を避けろ!
mae iti ni san iro 4 tugihe
4ページ中、3ページ目を表示


down

コメントする