男の着こなし.com

成人式でスーツをオシャレに着こなすにはNGを避けること!

成人式のスーツ姿

男性の成人式のスーツ姿というのは、一般的なサラリーマンより自由度が高く、多少のおしゃれなアイテムが許される場ではあります。

しかし、そのさじ加減を誤るとダサい着こなしに成り下がるので、学生服では許されてもスーツではNGポイントを意識して避ける必要があります。

WS000000

スーツやジャケットの着こなしについては、学生時代には中々意識出来ないことなので仕方がないのですが、だからこそ成人式できちんとスーツを着こなせれば、周りの同級生の男とは一味違ったカッコよさを演出することが出来ます。

多くの同級生はカッコよくスーツを着こなせません、大人の男性への一歩として成人式でカッコよくスーツ着こなしをてください、好きだったあの子を振り向かせましょう。

和服、着物という選択肢

女性は成人式で振り袖姿が圧倒的に多いのですが、男性で和服を着る人は地域にもよりますが、どちらかと言えば少数派です。

地域の特性(沖縄は和服が多い)など、特に和服に対してこだわりがないのであれば、男性は成人式にスーツをおすすめします。

理由は、和服を着こなすのがとても難しいからです!

和服は姿勢が悪いと直ぐにだらしない印象になってしまいます、時代劇や映画の武士を想像してもらうとわかりやすいと思います、ピンと背筋が伸びて良い姿勢を保っています。

よほど和服にでも慣れていない限り、和服をカッコよく着こなすことは難しいことだと理解して下さい。

習い事などで日本の伝統文化に携わっている人であれば問題ありませんが、いきなり成人式だけ和服というのは、避けた方がいいと思います。

和服は思い出としては印象に残ると思います、一般の人が一生の内に和服を着る機会はそうそう訪れないので、それはそれで一つの選択肢だと思います。

振り袖姿の女性

女性の場合は帯でがっちりと締めてあまり動けなくなるので、それほど着くずれしないのですが、男性の和服は着くずれしっぱなしなんです(苦笑)、なのでもし和服を選んだ方は、写真撮影まではなるべく大人しくしていてください。

【スポンサーリンク】

間違いだらけのスーツの着こなし

男性のスーツの着こなしを成人式だけに限っていうと、就活生や社会人のスーツの着こなしよりは、華やかなアイテムを選ぶことが出来ます!

数年前までは若者がスリーピース(ベスト付き)のスーツを着るということは、ほとんどありませんでしたが、今では珍しくなくなりました。

参考大谷翔平の成人式のスーツがカッコいい

スリーピースは防寒着としての役割も優れており、コートが邪魔になる成人式にはピッタリでもあります!

きちんとサイズを合わせたスリーピースであれば、周りの同級生とは一味違ったスーツ姿になると思います。

スリーピース 引用元:http://blog.suit-select.jp/tokorozawa/archive/date/2013/12

スリーピースはジャケットのボタンを留めない着こなしも多いのですが、留めても構いません。

ちらっとベストが見えるのもお洒落の一つです、周りの男性にスリーピースが少なければジャケットのボタンを留めたほうが調和が取れます。

ただしベストの一番下のボタンは外してください、そういう決まりがあります。

あと色違いのベストもオシャレなのですが、色や柄によっては目立ちすぎる傾向があるので、この場合もジャケットのボタンを留めたほうがバランスが取れます。

オットベストのスリーピース 引用元:http://blog.uktsc.com/umeda/72609

スーツをカッコよく着こなすには、この辺のバランス感覚がとても大切です、これ見よがしに目立つことがオシャレではありません、何となく「あの人お洒落だよね~」と思わせるさじ加減が、大人のスーツのオシャレでもあります、女性はこの辺に敏感です。

だからこそNGを避ける必要があります、特別なアイテムで目立つことではなく、似合わない条件を避けることがポイントです。

ちなみに派手なスリーピースを新社会人が着ることはおすすめ出来ません、職場環境にもよりますが、かなり生意気な印象を与えることになるので気を付けてください、成人式だからこそ許されるさじ加減でもあります。

スーツのNGアイテム

スーツにはNGとされている決まり事がいくつかあります、学生服であれば目をつぶられていたことでもスーツだとNGです。

  • 革靴、革ベルトは必須
  • 白い靴下、短い靴下はNG
  • ジャケットのポケットに物を入れない
  • ジャケットのボタンを全て留めない

一つ一つ、解説していきます。

【スポンサーリンク】

革靴、革ベルト

靴は学生服であればスニーカーを合わせても問題ありませんでしたが、スーツでは大問題になります、革靴の一択しかありません。

ベルトも同じです、シンプルな革のベルトが望ましいです。

ジーパンに合いそうなごついデザインのベルトや、極端に細いもの、布製のベルトもNGです。

ベルトや靴の色は黒、薄茶、濃茶が無難な選択です、もし黒の革靴を持っていないのであれば、必ず黒を選んでください、成人式の先の冠婚葬祭、ビジネスに必要になります、ベルトも同じ色で合わせてください。

既に黒の革靴をお持ちであれば、もう少し華やかな茶系の革靴に挑戦するのもいいと思います。

革靴の形も色々あるのですが、初めての黒の革靴の購入であれば、お葬式にも履いていけるシンプルなデザインのものを選ぶことをおすすめします。

もちろん既に持っているのであれば、成人式に限っては多少の派手な革靴でもOKです。

多少派手と言ってもごついブーツということではありませんので気をつけてください。

ベルトは余計なことをしないほうがいいと思います、シンプルな革のベルトでOKです。

デザインや形について詳しく知りたければ他のところで詳しく紹介しているので、こちらを参考に。

参考革靴の購入時のポイントはTPO

参考メンズのベルト選びはシンプルが一番

スーツに合わない靴下

新成人や新社会人に多いのが、靴下のNGです。

くるぶしまでの短い靴下をスーツに合わせてはいけません、最近はジャケパンスタイルに短い靴下を合わせることもありますがスーツではNGです。

そして学生に多い白い靴下もスーツではNGです。

白い靴下

靴下の選択は黒や紺などの、濃紺系の色がバランスよくスーツと馴染みます、基本はスーツと近い色を選んでください。

さらに理想を言えば長い靴下です、座って足を組んだ時に靴下がずり下がって脛が見えることはNGとされています。

靴下にも種類が色々ありまして、私が試した中では無印良品の「直角靴下」がずり下がってこなくて抜群でした、長いタイプもあるのでスーツとの相性は最高だと思います。

ファミリーマートの無印良品の直角靴下

参考無印良品の直角靴下が別格だった!

もちろん普通の靴下で問題ありません、スーツの色に近いもので長い靴下と覚えておいてください。

ジャケットのポケット

スーツやジャケットに慣れていない人がやりがちなことで、上着のポケットに財布やスマホなど小物をいっぱい入れてパンパンになり、重さでスーツが引っ張られてシルエットが崩れていることがあります。

ちょっとした軽い物であれば問題ないのですが、重たい物はジャケットの内ポケットやズボンのポケットを活用しましょう。

成人式の為に財布を買い替えるのは大変だと思うので、せめて小銭を少なくして余計なカードやレシートを捨てて軽くしておいてください。

あとポケットの蓋、フラップと呼ばれるところがよじれているとみっともないので、写真撮影の前にはここも気をつけましょう。

スーツのポケットの蓋

さらに細かいことを言えば、このスーツのポケットの蓋は雨よけのためなので、室内ではポケットの内側、室外は外側と言われています。

そこまで気にすることはないとは思うのですが、どちらか片方だけ出ていたり、よじれているなんてことにならないように気を付けてください。

ジャケットのボタン

スーツの上着、ジャケットのボタンを全て留めてしまうのも新成人がやりがちなミスです、中高年でも洋服に無頓着な人は全てのボタンを留めています、学校の真面目な先生もそのような傾向があります。

上着の下のボタンは外しておきましょう。

ジャケットのボタンの留め方

テレビを見ればわかると思うのですが、きちんとスーツを着ている方は下のボタンをはずしています、芸人さんなどはそうでもない方が多いですが・・・。

国会議員もアナウンサーもお洒落なモデルさんも下のボタンは留めていません、そういうものだと理解してください、ボタンを留めないことを前提に、美しく見えるようにデザインされています。

以上がスーツに慣れていない新成人がミスしやすい着こなしのNGポイントでした。

カッコいいスーツを選ぶには、紳士服売り場の店員さんとよく話し合い、きちんと時間をかけて試着して決めることです。

洋服に興味がない人は、この試着が煩わしいと思うのですが、スーツをカッコよく着こなすには試着が一番大事です、ここを適当にしてしまうと、スーツは似合いようがありませんので本当に気を付けてください。

和服であれば細かい幅や調整が効くのですが、だからこそ姿勢が悪いと簡単に着くずれしてしまいます。

着付けが出来ないと、まともに着ることすら出来ません、だから女性はわざわざ美容室で着付けをしてもらうわけです。

WS000002

スーツは和服のように細かい調整が出来ません、だからこそ購入前に試着を繰り返して、ピタリとあうスーツを選ぶ必要があります。

スーツを馴染ませる

そしてもう一つスーツの着こなしのポイントを上げるのであれば、スーツを身体に馴染ませてください。

参考洋服を馴染ませて着心地を良くする方法

卸したての洋服というのは、生地の素材にもよるのですが硬さが残っています、数日だけでもスーツを着込んでおくだけで、少しずつあなたの身体に馴染んできます。

特にスーツの上着、ジャケットのフィット感が重要なので、自宅の中でいいので数日は着てください、肩や襟のおさまり具合が変わってきます。

もちろん汚れてしまえば元も子もないので、そこは気を付けてください、スーツを着たまま食事はしないでください。

またTシャツの上に直接ジャケットを着ると、地肌が触れて皮脂汚れが着いてしまうので、中に襟付きの長袖のシャツを着てください。

ズボンも多少は馴染ませてほしいのですが、自宅で座ってばかりだと皺がよってしまうので、ジャケットほどは着なくてもいいです、ジャケットのフィット感が大切です。

ワイシャツもビニールに包まれた新品の卸したては頂けません、畳んだ状態の皺があり、硬さも残っています、反日でも袖を通して一度洗濯(クリーニング)をした後のほうが、柔らかくなり身体に馴染みやすくなります。

そしてネクタイは何度も締めて練習してください、鏡を見ながら自分の顔の大きさに合うネクタイの結び目の大きさを探してください。

これはスーツのラペルの大きさやシャツの襟の形にもよるので、一概に正解があるわけではないのですが、あなたが購入したスーツやシャツを実際に着て試すしかありません。

たかがネクタイの結び目でも印象は大きく違うものです。

ネクタイの結び目が小さい理想的なネクタイの結び目太って見えるネクタイの結び目軽薄に見えるネクタイの結び目

成人式の当日の付け焼き刃では上手くいかないので、事前に何度もネクタイを締めてバランスを探ってください、ちなみにネクタイを締めた時に大検の先端がベルトと同じぐらいになるのが理想と言われています。

極端にベルトが短いと太っているように見えます、逆に長すぎるとだらしのない印象になるので気をつけてください、何度も練習してあなたの体型のベストを掴んでください、これは練習あるのみです。

革靴も同様です、というか新品の革靴は成人式の本番で足が痛くなる可能性も高いので、やはり数日でも履いて足に馴染ませておいてください。

もちろん成人式に汚れた革靴ではNGなので、きちんと靴磨きをしてください。

参考簡単な革靴のお手入れ方法

他のアイテム(ネクタイなど)は、時代の変化によって左右されるので何とも言えないのですが、やはり紳士服売り場の店員さんに相談することが一番です。

成人式用にスーツを選んでいることを伝え、その後も社会人しても使うのであれば、その条件も伝えてスーツやネクタイを選んでください。

それらの条件に合ったシャツやネクタイ、さらにお店によってはベルトや革靴まで選んでくれると思います。

自分で合わせられるファッションセンスがあればいいのですが、スーツを着慣れていない新成人には難しいので、基本は店員さんを信じておまかせがいいと思います。

成人式で奇抜な格好(白いスーツとか)や髪型、行動で目立つ方法もありますが、スーツをスマートにカッコよくおしゃれに着こなして大人の空気をまとったほうが、その変化を女性は感じ取るものです。

多くのサラリーマンですらまともにスーツを着こなせないので、新成人がビシッと着るのは難しいものです。

細かいアイテムについては、この当サイトの「ファッション基礎講座」の中で詳しく紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

参考「ファッション基礎講座」

おまけ&まとめ

最後に、周りの男性と差を付けたいのであれば、胸ポケットにチーフを挿してみましょう。

WS000000

これもさじ加減が非常に難しいアイテムなのですが、上のようなシンプルな挿し方であれば問題ありません。

ポケットチーフは様々な目立つ挿し方もあるのですが、これまたやり過ぎ感が出てしまうので、やはりおすすめしません。

スーツのデザインや柄、シャツやネクタイの色との兼ね合いでバランスを取らないと、本当に野暮なことになります。

おしゃれ好きな男性が、この加減を誤まってよくやらかしています、目立ちすぎるとバランスが無茶苦茶になるので、派手な柄や挿し方だけは避けてください。

hade

やはりワイシャツの色と合わせて、シンプルな挿し方がいいと思います、ネクタイの色と合わせるのも王道と言われているのですが・・・うーん、違和感なければいいのですが、やはりスーツに慣れていないだろう新成人であれば、白のポケットチーフの方が無難だと思います。

sinpur

チーフの出し幅のバランスも重要で、上のだと少し出し過ぎのように感じます、この辺のバランスは体型や顔の大きさなども関係してくるので何とも言えませんが、自宅でスーツを馴染ませる時にでも鏡を見ながら、実際に挿してバランスをとってください。

スーツは本当に馴染ませるということが大切です、何度も鏡の前でスーツを着てネクタイやチーフのバランスを見極めてください。

男性のスーツ姿は目立ちすぎないことが重要です、ネクタイの結び目やポケットチーフは僅かことですが、周りの男性との差を少しだけ演出してくれます。

そのさじ加減を、女性は感じ取るものです。

 

「○○君、他の男子と何か違うよね~」

 

と、変化に気づくものです。

男性が思っている以上に、女性のファッションセンスのレベルは高いです、圧倒的な差があります、女性は幼少の頃から自分の容姿と向き合っています、鏡と向き合ってきた時間が男性とは比べ物にならないほど差があります。

洋服を選ぶ女性

女性の化粧は自分と向き合ってきた集大成です、自分の顔のバランスがわかっているからこそ、ほんの少しだけ目を大きく、頬を赤く、眉毛を長く、など、上手にバランスを取ることが出来るわけです。

男同士だと気づけない僅かな違いも、口に出さなくても女性は簡単に見抜きます。

成人式で目立ちたいだけであれば、ド派手なスーツや髪型を選べばいいのでしょうが、それが女性にモテることにはつながりません。

スマートに周りの男性との違いを演出するのであれば、スーツの決め事に手を抜かずに、しっかりと着こなすことです。

これは意識の問題です、長年スーツを着ているサラリーマンでも意識していない人はダサい着こなしをしています。

二十歳の新成人がカッコよくスーツを着こなすのは簡単ではありません。

あなたの周りの同級生の男子も当然できません、だからこそ、ちょっと意識するだけで周りの男性との違いを演出することができます。

スーツを着こなすテクニックというのは、あなたの今後、社会人になってからも一生役にたつテクニックです、しっかりと一度向き合ってください。

あなたがスーツをカッコよく着こなして、素敵な大人の男性になることを願っています!

追記

最近の若者はスマホ世代なので、姿勢が悪い傾向があります。

猫背で首が前に出て、ストレートネックになっていると、健康に悪いだけではなく、スーツも似合いません。

猫背の男性のイラスト

スーツやジャケットを着ると疲れるという方は、姿勢が悪くてジャケットの背中の生地が引っ張られているからです。

姿勢が悪い方や運動不足の方は、成人式の前に肩甲骨周りのストレッチを取り入れてみてください、猫背で前に入っている肩が広がり、ジャケットの重みが肩にしっかりと乗ることでスーツが似合うようになります。

これは一般的な洋服でも同様です、カジュアルな格好は大き目のサイズを選ぶことが多いので、生地が引きつる感覚がわからないかも知れませんが、姿勢が悪いだけで余計なシワが出ることを覚えておいてください。

だらけた座り姿勢

姿勢が周囲に与える影響は少なくありません、どんなに高級なスーツを仕立てても、有名ブランドの洋服でも、姿勢が悪ければ魅力は半減してしまいます。

参考パワーポーズの効果が凄すぎる!

盛り上がるほどの筋肉を鍛えるのは難しいですが、姿勢を正す為だけであれば、簡単な筋トレやストレッチでも効果があります。

成人式でスーツをカッコよく着こなしたい新成人は、スーツの着こなしのNGポイントを避け、スーツや革靴を身体に馴染ませ、姿勢を良くするストレッチを取り入れてください、これだけで周りの同級生と違いを演出することができると思います。

【関連記事】
洋服を馴染ませて着心地を良くする方法

ファッションセンスがない男の家の特徴

身長が低く見える人の特徴を理解しよう


down

コメントする




CAPTCHA