男の着こなし.com

洋服にも個体差(品質のバラつき)があることを意識しよう

洋服の個体差

先日、知り合いの洋服選びに付き合うことになりました。

結果的にお気に入りのズボンが見つかりよかったのですが、よほど気に入ったのか数週間後に色違いのズボンまで購入したと連絡がきました。

そしてそのズボンの履き心地が悪いと嘆いていました。

これには二つの理由が考えられます。

一つは馴染んでいないことです。先に購入した方のズボンを何日かでも履き、洗濯をすることで洋服の硬さが取れて身体に馴染んでおり、比べる対象があるだけに履き心地に違和感が出たケースです。

参考洋服の着心地を良くする方法

もう一つは洋服の個体差です。簡単に言うと品質のバラつきによる違いです。

たとえ品質が良いと言われているアパレルメーカーでもバラつきは必ずあります

もちろん品質のチェックをしていると思いますが、見た目にはわからないレベルのバラつきを避けることは出来ません。

【スポンサーリンク】

品質チェックの基準

きちんとしたメーカーであれば、必ず品質のチェックが行われますが、それはあくまでも製品としての最低基準をクリアしているかどうかということです。

あきらかに縫製のミスがあったり、ほつれていれば品質のチェックで省くことができますが、実際に着用してみたときの印象はチェックできません。

見た目にはわからない程度のズレや違和感というのは、着用した本人にしかわからないことです。

それも知り合いのように、同じタイプの製品を着用したからこそ感じられる違いです。

これは自動車で考えるとわかりやすくなります。

自動車は全く同じ車種でもバラつきがとても大きい製品です。一般の方が同じ車を同時期に購入することなどないので、普通は比較する機会がありません。

これは仕事で営業車を乗る方だと実感していると思います。全く同じ新車でも操作感や馬力の印象は違うものです。

自動車の場合はパワーが何倍にも増幅されるので、僅かな違いでもわかりやすい傾向があります。自動車のように何千ものパーツが組み合わされる製品ほど、バラつきが出てしまいます。

もちろん品質のチェックで製品としての最低基準はクリアしていますが、逆に言えば素晴らしく高品質な製品が紛れ込んでいるケースがあるということです。

自動車のレースに参戦するお金持ちのチームは、あらかじめベースとなる車を3台購入し、最もアタリの車をベースに改良するそうです。他の車は故障したときの部品取りにするのだとか。

洋服は車ほど品質にバラつきが顕著にでるわけではありませんが、必ずしも設計段階で想定している品質通りになるとは限りません。これを頭に入れて置いてほしいと思います。

縫製の技術

昔の洋服のように全てを手で縫っていた時代であれば、品質にバラつきがあるのはイメージできると思います。

現代の洋服の大半は工業ミシンで縫製されますが、ミシンに生地をセットして位置を調節するのは今でも人間です。

もちろんマニュアルがあり、誰が担当しても一定のレベルに仕上がるようになっていますが、やはりベテランと新人では差が生まれるわけです。

ミシンで真っ直ぐに縫うだけなら難しくはないかも知れませんが、袖の付け根などの曲線を縫うには高度な技術が必要です。

見た目にはわからない程度の生地の引きつりやズレが出る可能性はゼロではありません。逆に新人のぎこちない手つきのおかげで丁寧になることもあるかも知れません。

このような品質の違いは見た目ではまずわかりません。

だからこそ洋服を購入する時は、必ず試着をする必要があります。そこで違和感がないかチェックする必要があります。

酷いケースだと前に試着した人が太っていて、見た目ではわからないぐらいに生地が伸びてしまっている可能性もあります。やはり洋服を試着しないで購入することにはリスクがあります。

人間の感覚

小学生や中学生の男子のように洋服に興味もなく、自分の意思で洋服を選んでいない場合は、試着の重要性は理解できません。

似合っているかどうかの定義も曖昧ですし、フィット感などさっぱりわからないと思います。これは成長期ということもあり、仕方がないことではありますが。

ですが成長が止まっている大人が同じような意識のままだと、どうしても残念な着こなしに見えてしまいます。

カッコよく洋服を着こなすには経験が必要なのですが、日ごろから意識することで確実に感覚は磨かれていきます。

参考ファッションセンスがない男の特徴

日常的に料理をしている主婦は、野菜や肉の鮮度を見極められるようになりますし、品質が良いものの基準が出来上がっていきます。

すると初めて購入する食品でも、何となく品質の良しあしがわかるようになるわけです。少なくてもその食品がいくつも並べてある場合は、良さそうな食品を選ぶわけです。

野菜や肉の品質は生産地やブランドによる違いだけではなく、やはり個体差があります。少なくとも見た目が悪い野菜を選んで購入することはありません。

稀にあえて選ぶ方がいますが、その場合はその人なりの基準があるからです。「農薬が少ない野菜ほど虫に食われている」などの基準に当てはめて判断しているのだと思います。

洋服も日頃から意識に上げることで、品質をチェックする感覚が磨かれます。

そして洋服にも品質のバラつきがあることを頭に入れて置くと、試着をした時に違和感がある場合は、全く同じ洋服の別物を選ぶという選択肢が生まれます。

同じ洋服をいくつか試着してみると着心地に違いがあるものです。同じ洋服だからこそ、僅かな違いが認識できるようになります。

低品質の理由

全てロボットが自動で作っている製品でも、品質に差が生まれることがあります。金属だって室温や湿度の影響を受けて伸び縮みしてしまいます。

高額でこだわりのある製品の場合は、極限まで品質を高められていることがありますが、多くの製品はほどほどの品質で良しとされています。

その理由は品質を高めるためのコストより、クレーム処理のコストの方が割安だからです。

品質を上げる為の1億円の設備投資より、返品処理の5千万円の方がビジネスとしては評価されます。このような合理的な判断があるので、低品質な製品が紛れ込んでいても不思議ではないわけです。

このような事実を頭に入れて置くだけで、あらゆる商品を選ぶ際に同じモノでも比較するようになります。すると高品質のアタリ製品をつかむ確率が上がるわけです。

【スポンサーリンク】

まとめ 気づくこと

電化製品のようなモノだと品質のバラつきを判断することは難しいですが、手に取ることができる洋服などは、アタリの製品をつかむ確率をグッと上げることができます。

昨年に知り合いが財布を購入する時にも同じようなことがありました。

彼はいくつかの財布の形で悩んでおり、結果的に二つ折りの革財布を選んだのですが、そこで私がお店の方に「この財布の在庫はありますか?」と尋ね、あるだけ並べてもらいました。

最初は彼も意味がわからなかったようで「?」の表情を浮かべていましたが、「革製品は色味が微妙に違うから気に入った財布を選ぶといいよ」とアドバイスしました。

同じ財布を並べてみると色味の違いがあるだけでなく、手に取った時の印象も違うようで、彼は財布を閉じた時の感覚の違いに驚いていました。最終的には、

「これが一番パタッと閉じて気持ちがいい」

という理由で選んでいました。とても満足していて私も嬉しかったです。

革製品のような小物でも、革の部位によって品質にバラつきがあるものです。特に小物は革の端切れがあてがわれることが多いので尚更です。

もちろん製作者でもない限り、完璧に品質を見極めることは出来ませんが、少なくとも同じ製品の中から気に入ったモノを選ぶことで、より満足度は高まります。

おそらくジーパンが好きな方は、僅かな色味の違いもチェックして購入するのではないでしょうか。吟味すればするほど、同じ価格で購入しても満足度が高まるはずです。

人間の感覚というのは本当に優れているもので、たとえ違いを言葉にできなくても、何となくでも伝わってくるものがあるものです。

この感覚を大切にしてください。

この感覚に敏感でいると、あらゆるモノの判断基準が磨かれていきます。

これはアタリ製品をつかむことだけではなく、頑張っている人や努力している人を一瞬で感じ取ってあげられるようになります。積極的にその方々を応援してあげられるということです。

彼氏の為に愛情をこめて作られた料理と、冷め切った夫婦の奥さんの料理では伝わってくるものが違うと思います。それは料理の味だけのことではありません。

洋服に限った話ではありませんが、どんな製品でも個体差があるものです。そこに敏感でいるということは、あなた自身が携わるモノの品質が上がるということでもあります。

要するに人としての成長に繋がります。

洋服の品質を意識するだけで成長するというと、大げさに聞こえるかも知れませんが、今まで意識してこなかった事を意識に上げるという事は、新しい知識、新しい基準が生まれるということです。

あまり神経質になる必要はありませんが、洋服にも個体差があるということだけでも覚えておいてください。知っているというだけで、何か違和感を感じた時の選択肢が一つ増えて解決に近づくと思います。

【関連記事】
ファッションに無頓着なことのリスク

ウィンドウショッピングという学び

オシャレは自分の内面を観察すること


down

コメントする




CAPTCHA