男の着こなし.com

身長を高くみせる方法で最も大事なポイントはメンタル!

身長を高くみせる方法

少し前に調べ事をしていてヤフー知恵袋を眺めていると、身長が低い事に悩んでいる男性の質問が凄く多い事が気になりました。中には生きる希望まで失ってしまっているほど深く悩んでおり、すがる思いで相談している男性もいました。しかもそのような質問が一つや二つではなく、たくさんある事に驚きました。

当ブログでも以前に足が長く見えるポイントについて紹介した事があるのですが、

参考足を長くみせるポイント

簡単に説明すると、足が短く見えてしまうポイントを排除する事が重要だと紹介しました。物理的に身長を高くにするには、それこそ整形手術のような事でもしない限り難しいですが、身長を高くみせるという事は、実はそれほど難しい事ではありません。

物の大きさというのは周囲の環境によって印象が変わりますし、必ずしもその物の大きさを正しく把握しているとは限りません。

この印象で分かりやすいのは、南海キャンディーズの山里亮太さんの身長です。漫才をしている時には隣に大きなしずちゃんがいるので、身長が高いような印象を受けませんが、実際には178cmもあります。

逆にオードリーの若林さんは身長が169cmと小柄なのですが、隣に横幅があってガニ股でずんぐりむっくりの春日さん(176cm)がいる事で、それほど小柄な印象にうつりません。

そして山里さんと若林さんがコンビを組むと身長差が9cmに広がるので、山里さんの身長がより高くみえそうなものですが、実際にはそれほど身長差があるコンビには感じないものです。

この理由は普段はツッコミで控えめな態度(姿勢など)の若林さんが、このコンビだと前に出るからです。

実はこれが凄く重要なポイントです。身長が低い事に悩んでいると、目立ちたくないからと控えめな態度を取ってしまい、後ろに下がるようなケースが増えてしまいます。

背中を丸めて伏し目がちになると益々小さな印象になってしまい、後ろに下がると視覚効果でも小さく見えてしまいます。

身長が高くみえる方法というと、一般的にはシークレットブーツやファッションや髪型といったものになるのかも知れませんが、この態度(ふるまい)が凄く重要なポイントになるという事を理解する必要があります。想像以上にメンタル面が見た目の大きさの印象を左右するという事です。

メンタルを充実させる為のファッション

足が長く見えるファッションやシークレットブーツや厚みのある中敷きなどで、身長を高くみせる方法を取り入れると、身長の低さに悩んでいた男性のコンプレックスが薄まります。

数センチ身長が高くなった事よりも、このコンプレックスが解消された事によるメンタル面の変化によって、姿勢やふるまいが変化する事の方が実はずっと印象を左右します。

これで分かりやすいのは、補正下着や胸パッドでスタイルを良くした女性がモテるようになるような事です。

今まで10人の男性のうちに1人からしか好かれなかった女性が、スタイルが良くみえるようになった事で、5人のうちの1人から好かれるようになったのかも知れませんが、だったら出会いの場に行く回数を倍にするだけで同じぐらいモテた可能性があります

胸が小さかったことよりも、その事にコンプレックスを感じて出会いの場を避けていた事が、モテなかった本質です。

野球の打率で例えたら、1割バッターと2割バッターの差です。打率が1割だからと試合に出ないとヒットは永遠に生まれませんが、2割になったからと喜んで試合に出るようになると、ほぼ毎試合ヒットが生まれるようになります。

1割バッターでも試合に出ていれば二試合に一度ぐらいはヒットが出るのですが、自ら試合放棄していると振り逃げやデットボールやポテンヒットで出塁するようなラッキーも訪れません。

当然バッティングのテクニックも磨かれないので、何も成長する事がありません。

これがメンタルの変化による違いです。単純にチャンスの数が圧倒的に増えます。

身長が高くみえるファッションや髪型を取り入れる事というのは、野球でいうと道具選びやメンテナンスのような事です。振りやすいバッドを選んだり、握りやすいようにグリップを変えたりといった事であり、それらによって得た自信で、打席に立つようになった事の方がヒットにつながっています

道具選びで気持ちよくバットを振れるようになると、その事で打率が向上する事もあるかも知れませんが、それよりも単純に打席の数が増えた事でチャンスが増えています。

世の中には身長が低い男性がタイプだという女性だっていますし、身長が高い男性が苦手だという女性もいます。男性だって全員が胸の大きな女性がタイプなわけではないように、必ずしも女性は胸が小さいという理由だけでモテないわけでもありません。

ただ胸が小さい事にコンプレックを抱えている女性が、周囲の人にバレないようにと背中を丸めて縮こまっていると、女性らしいボディラインが出なくなって益々モテなくなってしまいます。

伏し目がちだとせっかく好意を寄せてくれた男性の視線にも気づけません

これは小柄な事で悩んでいる男性にも当てはまる事です。自らチャンスを棒に振ってしまっているケースが珍しくありません。

もしオードリーの若林さんが山里亮太さんの横で、普段と同じような控えめなふるまいで漫才をしてしまうと、オードリーの時よりも小さく見えてしまいます。

オードリーは春日さんのマッチョをネタにしているので、普段はあえて控えめにした方が引き立つものですが、そうではない場では積極的に前に出る事で印象が変わります。

一般の人は漫才師のように誰かとコンビを組むわけではありませんが、小柄で自信がないからと背中を丸めていると、せっかくのチャンスを棒に振ってしまう事になるので気をつけてほしいと思います。

シークレットブーツや身長が高くみえるファッションを取り入れるのが悪いわけではありませんが、それらの本当のメリットはメンタル面に好影響があるという事です。

これを理解していないと、せっかく数センチ大きくみせることに成功しても、態度が変わらないのでモテる事にはつながりません。打率が2割に上がっても打席に立たない事にはヒットは生まれません。

モテまくるデブ

モテる要因としてもう一つ分かりやすい例をあげると、モテまくるデブの存在があります。

あるテレビ番組の企画で太っている女性に「あなたは現在モテるほうですか?」とアンケートを取ると、見事に意見が分かれていました。

全く「モテない」と答えた女性は若い頃から太っている傾向があり、男性にモテた経験が一切ないと答えていたのですが、一方で太っていても「モテる」と答えた女性は、若い頃は痩せていてモテた経験がありました。

これだけなら容姿の問題かと思うかも知れませんが、彼女らの容姿を比べるとモテないと答えた女性側の方が容姿が悪いわけでもなく、むしろ私には好感がもてたのですが、自信満々にモテると答えた女性側は、化粧が濃くて露出の多いファッションをしている傾向がありました。

これが自信の差です。おそらくお見合いのように写真だけで判断するのであれば、前者のモテないと答えた控えめな女性陣の方が好感がもたれるのですが、合コンのような場であれば圧倒的に後者の自信満々の女性陣がモテます。

自信があるので自ら積極的に男性陣に近づきますし、露出の多いファッションで女性らしさをアピールしてきます。特にお酒が入る場だと、それほどタイプではない女性でも、ついつい女性らしいスタイルに目がいってしまう男性も多いのではないでしょうか。

この太っていてもモテるのは男性でも同じで、若い頃にラグビーなどでマッチョでモテた経験のある男性には自信が漲っていますが、若い頃から太っていて自信がない男性だと、同じような中年太りでも態度に大きな差が生まれます。

パッと見は同じようなデブでも「俺は力持ちだぜ!」という男らしいオーラが醸し出されていると、一定数の女性にモテる傾向があります。同じデブでも自信なさげにしていると、そのような女性からも避けられてしまいます。

小柄な男性でも同じです。身長の低さよりも自信の有無の方が、ずっと印象を大きく左右します。

まとめ メンタルがポイント!

身長を高くみせるファッションを取り入れてメンタル面に好影響があると、姿勢や歩き方といったものも変わり、さらに大きな印象になる事ができます。

メンタルを充実させる為のきっかけとして、身長を高くみせる方法を取り入れるのには意味がありますが、そこばかりに執着してしまうと、極端な事まで取り入れてしまうかも知れないので気をつけてください。

自分を大きく見せようとサイズの大きな洋服を選んでしまうと、皺が増えて益々小柄さが際立ってしまいます。小柄な男性がSUVのような大きな車に乗ってしまう、降りてきた時にギャップが生まれてしまいます。

むしろジャストフィットの洋服の方が男性らしいボディラインが浮き出ますし、コンパクトな車の方が俊敏な男らしさが醸し出されるかも知れません。

靴で数センチアップさせ、その靴が違和感なく収まるズボンを用意し、姿勢や態度を改めるだけで身長は4cmぐらい簡単に大きくなりますし、そこに自信が加わると7cmぐらいの印象を変える事は難しい事ではありません。

現代人はスマホやデスクワークの影響で姿勢が崩れている人が増えているので、175cmの男性でも172cmぐらいの印象になっているものです。165cmぐらいの男性でも工夫次第で彼らと同レベルぐらいに持ち込む事が可能です。

そこに自信が漲っていれば上回る事だって出来るかも知れません。積極的に前に出る事で印象は簡単に覆るものです。

背中を丸めてトボトボと歩いている175cmの男性より、スッと胸をはって堂々と歩いている165cmの男性の方が、ずっと男らしい印象になるものです。

Fカップの女性でも背中を丸めて緩いセーターを着ていると、せっかくのスタイルをアピールする事はできませんし、ただただ太っているだけに見えてしまいますが、Bカップの女性が姿勢よくフィットした洋服を着ていると、女性らしいボディラインが浮き出て男性にアピールする事が出来るような事です。

もちろん175cmの男性やFカップの女性が自信満々にしていると、そこで勝負するのは難しくなるのですが、そのような強力なライバルからは比較されないように距離を取ればいいだけです。

高年収の男性が集まる合コンに一般男性が参加しても勝負になりませんが、一般的な合コンの場に高身長のイケメンを用意しなければ、小柄な男性でも勝負する事ができるはずです。

合コンを主催する女性が自分よりも可愛くない子を呼んで、自分を引き立たせるような事を平気でするように、比較対象によって印象が変わる事は珍しい事ではありません。

小柄な男性でも戦える場は確実に存在します。そのような場に参加しないで諦める事に問題があるという事です。

打率が1割だと社会人野球に参加するのは難しいですが、人数がギリギリの草野球チームには喜んで受け入れてもらえるような事です。

実際に私の中学時代の同級生で身長が159cmの男がいたのですが、そいつは女子にモテたいという理由で女子が多い商業高校に行って見事に彼女がゲットしました。しかもコロコロ変えるほどモテモテになっていました。

そいつは中年になった現在でも結婚せずに女遊びに励んでいます。身長は低いままですが、女性にモテるという圧倒的な自信があるせいか、若くて綺麗な女性をいつも引き連れています。

生まれ持った容姿やスタイルが関係ないとは言いませんが、メンタルも凄く重要なので意識してほしいと思います。

私自身も全くモテない学生時代を過ごしてきましたが、中年になってファッションに目覚めるようになり、そこで得た自信によって積極的に行動できるようになりました。

バシッと女性と目を合わせられるようになったので、こちらの気があるのか直ぐにわかりますし、無駄な鉄砲も撃たないので失敗するような事もほとんどありません。

元々容姿が良くない私がオシャレになった事でモテモテになったとは思っていませんが、10人に1人ぐらいのチャンスを的確に察知してモノに出来るようになったとは感じています。

オシャレをする事や身長を高くみせる工夫で、10人という母数を9人、8人と確率を上げていく事は可能ですが、何よりも大事なのはその10人に1人の女性にアタックする事です。

父親の身長が低かった女性であれば、それほど男性の身長に抵抗がないかも知れません。太った男性がタイプの女性は、大抵は父親も太っているものです。

太っていてもモテまくる女性がいるように、圧倒的な自信が漲っていると10人に1人の相手の方から寄ってくるので、どんどん確率が高まっていきます。

打席に立たない事には出塁できません。バットを振れば運よくポテンヒットが生まれるかも知れませんし、ボテボテのゴロでも相手がミスをするかも知れません。お酒に酔った勢いでロマンスが生まれるような事です。

振り逃げだってバットを振らない事には成立しません。自信満々にスイングする事でキャッチャーがビビッてパスボールする事だってあるはずです。

身長が低くてモテないと感じている男性は、これらの事をしっかりと理解してください。本質は身長が低い事よりも、それに悩んで億劫になっている事が問題です

私自身も思春期に出来たニキビ跡が現在でもたくさん残っており、20代の頃はそれが凄いコンプレックスだったのですが、わざわざ「ニキビ跡が気持ち悪いですね」と指摘してくるような人はいませんし、本音ではそう思っていたとしても、こちらは全く意に介していないので堂々と振舞っています。

もちろん中には肌が汚いという理由で私を避ける女性もいるのでしょうが、そのような女性はさっさとターゲットから外すので何も問題がありません。

こちらの気が合う女性を見極める為にも、堂々とした姿勢で相手を見極める必要があるので、自信なさげに背中を丸めて伏し目がちにしていると、せっかくのチャンスを見逃してしまうのでもったいないですよ。

具体的な身長を高くする方法は別のところで紹介しているので、そちらを参考にしてください。

参考足を長くみせるポイント

何よりもそれらによって得られた自信こそが、一番の財産なのだと理解してほしいと思います。これはファッションでもそうなのですが、単純に洋服によって見た目の印象がアップした事よりも、その事で得られた自信で行動が変わる事が一番のメリットです。

身長が低いからと諦めてしまうと、そこでゲームセットしてしまいますが、諦めずに打席に立っていると、必ず得意なボールや甘いボールがやってくるので、しっかりとそのチャンスを活かしてほしいと思います。

意外なところにチャンスが転がっているものです。私の例だと通っていたコンビニ店員や大衆食堂のパートさんと結ばれた事があります。何気ない会話の中からでも、こちらに気があるサインを送ってくることがあるので、しっかりと察知できるようにしておいてください。

普段から自信満々にフルスイングできるように準備(清潔感や姿勢や態度や笑顔など)をしておかないと、せっかくのチャンスを見逃してしまいます。

自信なさげに背中を丸めて伏し目がちにしていると、せっかくのチャンスボールを見逃してしまいますよ。

【関連記事】
男性ファッションの9割は姿勢?

女性と目を合わせるトレーニング

自信をつける為に洋服と向き合え!

down

コメントする