男の着こなし.com

小柄な男性のファッションのポイントは偽らないこと!

魅力的な小柄な男性との出会い

少し前に知り合った小柄な男性(おそらく160センチ未満)が、とてもオシャレで魅力的でした。

ファッションの知識も豊富で、すぐに私たちは仲良くなりました。

そこで今回は私なりに感じた「小柄な男性のファッション」について考察します。小柄であることにコンプレックスを持っている男性の参考になればと思います。

ちなみにその方(仮にAさん)の容姿は、イケメンとは程遠く(失礼)、中の下と言ったところでしょうか(これまた失礼!)。

【スポンサーリンク】

洋服のサイズ

当サイトでは洋服のサイズ合わせの重要性について、これでもかと主張しているのですが、その小柄な男性のファッションは、見事にジャストフィットしていました。

小柄な男性の中には、自分を大きくみせようと大きめのサイズの洋服を選ぶ方が多いのですが、実はこれは逆効果です。

洋服の余分な生地が皺を大きくし、小柄であることを強調してしまいます

わかりやすくいえば、子供がおさがりの洋服を着ているようなことです。子供であれば可愛げもありますが、成人男性がそのような着こなしだと残念な印象になってしまいます。

ちなみに私が住んでいる地域は車社会であり、ほとんどの男性が車を所有しているのですが、小柄な男性ほど大きな車を好んでいるように感じます。

大きなSUVから小柄な男性が下りてくると、その小柄さが際立ってしまいます。

よく生え際が後退してきた薄毛の男性が、前髪を伸ばして隠すようにセットしがちなのですが(経験有り)、はっきり言って隠しきれるものではありません。

鏡の前では上手くセットしてごまかせたとしても、周囲の人は真正面から見るとは限りません。むしろ様々な角度から見られるものです。

中途半端にかくしているせいで、実際の生え際よりも後退しているような印象を与えてしまいます。

これは洋服も同じです。大きすぎるサイズを選んでしまうと、相対的に小柄さが際立ってしまいます。実際の身体のサイズよりも小さい印象を与えてしまいます。

冒頭で紹介したAさんのファッションは、見事にジャストフィットしていました。

しかも驚いたことに女性モノの洋服を着ることまであるそうです。彼女の家でTシャツを借りたら驚くほどピッタリで気に入ったそうです。

コンプレックスを武器に!

誰でも多かれ少なかれコンプレックスを抱えているものですが、大人同士であれば、わざわざそのコンプレックスを批判したり指摘するものではありません。

多くのコンプレックスは本人が思っている以上に、周囲の人は気にしていません。

むしろそのコンプレックスを隠そうと必死だと、周囲の人に腫物にでも触れるかのように気を使わせてしまいます(例、かつら)。

ちなみにAさんは小柄であること武器にしていました。

小柄をネタにした話がとても豊富で、気を使わなくてもいいという安心感が伝わってきました。

むしろ小柄であることをいじってくれと言わんばかりで、しかもその返しが見事でした。

「お前は女モノの服着れねーだろ」

「力仕事頼まれないから得だよ」

「バスや映画館の席を広々使えるぜ!」

「小柄な方がエコなんだよ。地球人全員がオレぐらいだったら食糧危機は無くなるぜ!」

などと自己卑下することなく笑いに変えてくれました。本当に見事で大好きになりました。

薄毛やハゲも自らネタにしている人に接しやすいのと同じです。逆に必死で隠しているのがわかると、周囲の人は気を使って疲れてしまいます。

これらの会話はファッションとは直接関係がありませんが、Aさんの魅力の一つであることは間違いありません。

容姿やスタイルを変えるのは簡単ではありませんが、それらに対する考え方を変えるのは自分次第です。

小柄であることにコンプレックスを抱え、大きくみせようと自分を偽っていると、見透かされないように虚勢を張った不自然な表情や姿勢になるものです。

Aさんからは全くそのような印象は受けませんでした。自信満々の屈託のない笑顔はとても魅力的でした。

だからこそ等身大のAさんの魅力が、存分に引き出されているのだと思います。

小柄であることのデメリットよりも、それに対する自己評価(コンプレックスの度合い)の方が、魅力を大きく左右するものです。

女性の胸の大きさ

男性の身長の高低差と同じように、女性も胸の大きさにコンプレックスを抱えている方が多いものです。

楽天やamazonでファッション関係のアイテムを眺めていると、胸を大きくする(大きく見せる)ブラやサプリメントがあまりにも豊富で驚きます。

それだけ多くの男性が女性の胸を見ているということの裏返しでもあるのですが、男性の立場からすると、必ずしも胸の大きさだけで女性を選ぶことは少ないのではないでしょうか。

確かに大きな胸の女性を見かけると目を引きますが、だからといってそのような女性と付き合いたいかは、また別の問題です。

気になっている女性の胸の小さな膨らみに、色気を感じてしまうことだってあるわけです。

合コンのように初対面の印象だけで相手を選ぶようなケースであれば、ルックスや高身長や胸の大きさは武器になりますが、それ以外のケースであれば、やはり人間性の問題です。

コンプレックスの問題(デメリット)よりも、そのコンプレックスに対する自己評価で人間性を下げてしまうことが問題なわけです。

  • どうせオレは背が低いから
  • ハゲているし
  • 太っているから
  • 私は胸が小さいし

といった自己評価では、自らチャンスを遠ざけてしまいます。

表情が暗くなり背中が丸まってしまいます。小さな体がさらに小さく(猫背、肩が狭まる等)見えてしまいます。

消すことが出来ないコンプレックスに悩み続けるより、上手く克服する(解釈する)ことの方が魅力を引き上げる近道です。屈託のない笑顔で魅力的なAさんと出会い、改めてそう思いました。

【スポンサーリンク】

まとめ 等身大の魅力

小柄な男性向けのファッションのポイントは、何か特別なアイテムに頼るのではなく、自分を偽らないことです。

ファッションテクニックで足を長く見せたり、スマートに見せることは不可能ではありませんが、あくまでもスパイスのようなことであり、あまり極端なことはできません。

靴の中敷きなどの工夫で数センチ底上げするぐらいであれば、自然におさまりますが、シークレットブーツで極端に底上げしてしまうと、むしろバランスが崩れて不自然に見えてしまうものです。

参考足を長く見せる方法

スパイスのような僅かな加点を探し求めることが悪いわけではありませんが、その前にマイナスに働いている条件(大きすぎる服など)を排除することがポイントです。

素材の味(等身大の魅力)を引き出した上で、仕上げのスパイスは効果的ですが、素材の味を殺したままスパイスで調整しても、上手く仕上がるものではありません。

自分の体形にあった洋服をしっかり選び、さらに鞄や腕時計など小物とのバランスまで意識できると、より等身大の魅力が引き出されるものです。

靴も大きめのサイズを選ぶ男性が多いのですが、革靴が大きいとバタバタとスリッパのような歩き方になってしまうので気をつけてください。

全ての男性が胸の大きな女性に惹かれるわけではないように、女性も男性の身長だけで判断しているわけではありません。

なかには「身長の高い男性じゃなきゃイヤ!」という女性もいますが、それは「巨乳の女しか興味がない」という男のような人間性なので、わざわざ相手にする必要はありません。

しっかりと内面を伝える為にも、外見を偽らないことです。

だからといって全くオシャレをするなということではありません。等身大の魅力を引き出す為にも、オシャレをしたり、清潔感を意識することは大切です。

素材の味を楽しんでほしいからと、レストランで食材を丸ごと出されても困ります。ファッションとは、素材の味を存分に引き出す為の調理法や盛り付けのようなことです。

小柄であることにコンプレックスを感じている男性は、まずは小柄であることに誇りをもってください。大柄な男性を批判するのではなく、自分で自分を愛してあげることで魅力(表情、姿勢、血色、声色、etc)は自然と上がるものです。

その上で仕上げのスパイス(オシャレや清潔感)をふりかけましょう。

【関連記事】
正しい姿勢を簡単に知る方法

モテる男のメンタリティーは別格!

上島竜兵に学ぶチビデブファッション


down

コメントする




CAPTCHA