男の着こなし.com

スーツやジャケットを着ると疲れてしまう人の3つの特徴

就活スーツは疲れる?

人生で初めてスーツに袖を通す時というのは、成人式か就活シーズンではないでしょうか。

そこで初めてスーツを着て一日を過ごすと、多くの若者が「スーツは疲れる」と言った印象を持つことになります。

スーツ姿で背伸びする男性

私も人生で初めてスーツを着たときは、かなりの疲れを感じました。

「スーツなんて意味ないよな~」

と心から感じたものです(笑)。

しかし現在ではスーツを着ることで得られるメリットがあることを知り、むしろスーツやジャケットの好むようになっています。

そのようなメリットをスーツ嫌いな若者にも感じて欲しいと思います。

そこで今回はスーツを着ると疲れてしまう原因を紹介します、原因を理解してスーツを味方にしてほしいと思います。

【スポンサーリンク】

スーツが疲れる原因

スーツを着ると疲れてしまう原因の最も大きな要員は「姿勢」です。

スーツはカジュアルな洋服に比べて伸縮性のない素材が多く、姿勢が悪いと生地が引っ張られて肩や背中に負担がかかってしまいます。

スーツの背中の横皺

これを解決するには、正しい姿勢を意識することがポイントになります。

参考正しい姿勢はおしりの筋肉がポイント!

姿勢が悪いとスーツやジャケットの重さが肩にまんべんなくかかりません、猫背やいかり肩だと特定の部分に重さがかかることになり、余計に重たく感じます。

実は学生服やブレザーでも同じなのですが、学生服は大き目のサイズを選ぶことも多く、スーツほど生地が引っ張られません。

だからと言ってサイズが大き過ぎるスーツを選ぶと見た目の印象が悪くなります、そして余計な生地が増えるので重さも増してしまいます。

さらに細かく分けていけば、ジャケットのボタンの留め方やポケットの中身も着心地を左右します、また肩に食い込むバッグも疲れを助長します。

現代人、特に若い世代はスマホを使用する時間が長いということもあり、姿勢が崩れて猫背になることが多いです。

猫背はスーツの着心地を左右するだけではなく、見た目の印象や健康状態にも影響を与えます、これはカジュアルな格好をしていても同様です、改めて姿勢を意識してください。

サイズが合っていない

そもそもスーツのサイズ合わせが間違っていると、疲れやすくなってしまいます。

紳士服の量販店でスーツを作っているのであれば、基本的には店員さんにサイズを測ってもらっていると思うので、それで問題ないとは思います。

たまにしかスーツを着ない方は、サイズがズレてしまっている可能性が高いです、慣れない新生活で痩せたり、筋肉が衰えたりすることも珍しくありません。

スーツのサイズが大きすぎるメリットは何もありません、極端なことを言えばお下がりを着ている子供のように見えます、これも子供なら可愛げがありますが、大人がブカブカのスーツやジャケットでは、残念な印象にしかなりません。

しかも皺になりやすく、余計な重さまで増えてしまいます。

稀に中古のスーツやお下がりの方もいるのでしょうが、スーツは柔らかい素材ではないので、僅かなサイズのズレが身体の負担になってしまいます。

よほどの高級な生地であれば仕立て直しをするのもいいですが、普通のスーツであれば新しく購入したほうが安く済むと思います。

スーツを購入するときは必ず試着をしてください、前回と同じサイズだからと試着をしないのはいけません、スーツのシルエットや生地が違えば、同じブランドでも着用感が違うので必ず試着をしてください。

革靴の存在

「スーツを着ると疲れる」という方の盲点になりやすいのが「革靴」の存在です。

革靴もスニーカーから比べると履き心地が硬く、疲れの原因になってしまいます。

スーツと同様に革靴のサイズ合わせも凄く重要です、スニーカーのように紐で簡単にギュッと調節しにくいので実は難しいです。

紐靴であれば多少は調節が可能ですが、スリッポンタイプだと中敷きを変えるなどの工夫が必要になります。

革靴は重さがあるだけにブカブカだと上手く歩けるものではありません、極端な例だとスリッパのように引きずるように歩く方もいます。

革靴を購入するときもスーツと同様に、必ず試着をしてサイズを合わせてください、出来ればサイズを調整出来る紐靴がおすすめです。

モンクストラップなどのベルトタイプでもいいのですが、大抵は真ん中の穴に通さないと見た目のバランスが悪くなります。

スリッポンタイプの革靴でもサイズがピタリと合えば問題ないですが、可能性は低いと考えてください。

また足のサイズは左右で違うことも珍しくありません、だからこそ紐靴がおすすめでもあるわけです。

ちなみに靴べらを使用せずに簡単に革靴を履けている方はサイズが大きすぎます、フィットしていない革靴は歩く度に擦れたり当たったりするので、痛みが出ることもあります。

参考携帯用靴べらのすすめ

そしてブカブカだと歩き姿も崩れるので見た目や健康にも良くありません、疲れるのは当然です。

サイズを合わせた革靴というのは靴べらを使用せずに履けるものではありません、履く度に靴紐を調節する必要があります。

参考靴紐を素早く結ぶ方法

かなり面倒に感じるかも知れませんが、このようなところに手を抜くと疲れとなって跳ね返ってきます。

【スポンサーリンク】

まとめ

基本的に伸縮性の少ない生地のスーツや硬い革靴でも、徐々に身体に馴染んできます。

使用しているうちに自然と汗や体温の影響で、僅かに生地が伸ばされ繊維が柔らかくなります、革も足の形に沿って伸びてきますし、靴底も徐々に足裏の形に合わせて沈んでいきます。

スーツや革靴を大切に扱っていれば、着心地というのは徐々に改善されていきます。

ですが購入時のサイズ合わせが適当だと馴染むことはありません、疲れを増やす一方です。

他にメンテナンスも重要です、スーツやジャケットのように張りのある生地の洋服は、きちんとしたハンガーにかけていないと型崩れをして着心地が悪くなることがあります。

初めてスーツに袖を通すと堅苦しくて疲れると感じますが、きちんとスーツと向き合うことで、生地の硬さが取れ身体に馴染んで疲れないスーツになってくれます。

その為にも姿勢やメンテナンスを意識してください、ここを乗り越えるとスーツの様々なメリットを得ることが出来ます。

メタボのダサいおじさんでもスーツに身を包むとカッコよく見えるものです、そんな洋服は多くありません。

スーツは長い服飾の歴史の中で最も男をカッコよく見せることのために進化してきました、様々な補正効果が取り入れられており、中年太りのだらしない体型を隠すことも出来ます。

またスーツほど様々な体型に合わせたサイズ展開を持つ洋服はありません。

全ての洋服をオーダーメードで仕立てられるお金持ちであれば別ですが、一般の男性の一人一人の体型に合わせることが出来るのがスーツの魅力です。

「スーツを着て疲れる」ということは、姿勢が悪いことをスーツが教えてくれているということです。

きちんとサイズの合わせたスーツであれば、正しい姿勢を意識することでバランスよく肩に乗るので重さは感じなくなります、これは革靴でも同様です。

スーツ姿の男性が好きだという女性も珍しくありません、スーツは男性にとって最高の武器だということです。

スーツ姿はカッコいいのに私服がダサい男性は珍しくありません、それぐらい洋服に無頓着な男性ですらカッコよくすることが出来るのがスーツのメリットです。

武器は慣れるまでは重たく感じますが、使いこなせるようになると確実に強くなれます。

一度真剣にスーツと向き合ってみてください、きちんとサイズを合わせてください、きちんとメンテナンスをしてあげてください、きちんと着込んで馴染ませてあげてください。

あなたにとって最高の武器になってくれると思いますよ。

【関連記事】
洋服を馴染ませて着心地を良くする方法

スーツが似合わない男性の特徴を分析

スーツ不要論?メリットとデメリット


down

コメントする