男の着こなし.com

知らないうちにいい声を出す方法を実践していた!

男性らしい「いい声」とは?

一般的に男性らしい「いい声」というのは、落ち着いた低い声といったイメージがあるのではないでしょうか。

私自身もその程度の認識しかなかったのですが、少し前に見たテレビ番組で魅力的な男性の声を分析しており、その理由に納得させられました。その番組で紹介されていた男性の「いい声」の要点をまとめると、

  • 聞き取りやすい声
  • 曇らない声
  • 話す速度

です。低い声だから良いのではなく、これらの条件を満たしている男性の声が、結果的に低い傾向があるという事でした。

そもそも女性が男性の声をセクシーに感じる理由というのは、父親のような父性を感じられるからです。優しく包み込んでくれる安心感を感じさせる声に魅力を感じます。

若くて可愛らしい男性であれば、早口の高い声でもそれほど問題になりませんが、ある程度の年齢になると頼りない子供っぽい印象になってしまいます。

ファッションでもそうですが、子供っぽい印象がプラスに働くのは容姿が良い若者だけなので、多くの男性にとっては気をつけたいポイントです。

大人の男性の魅力をアピールする為にも、いい声を手に入れましょう!

いい声を出す方法

その番組で紹介されていた「いい声を出す方法」というのは、姿勢良く表情筋を使って話すというものでした。

姿勢が悪いと喉の声帯を上手くコントロールできないので、聞き取りにくい曇った声になってしまいます。

スッと胸を張った姿勢というのは、首もスラーっと伸びて声帯も正常な動きが出来るようになります。

そして表情筋が上手く使えないと、唇の下側ばかりが動く話し方になり、声がこもるだけでなく、声の方向も下を向いて相手の耳に届きにくくなってしまいます。

腹話術の人形のような唇の下側だけモゴモゴと動く話し方というのは、見た目の印象が悪いだけでなく、実際に声もつぶれてしまうわけです。

声が低いだけの男性は珍しくありませんが、魅力的ないい声の男性が多くないのは、この表情筋が上手く使えていないからです。

このような曇った声で話すスピードまで速いと、相手は聞き取りにくい雑音のような認識になってしまいます。

いい声を響かせる男性というのは、口角を上げる頬筋(きょうきん)を上手く使っており、鼻腔が広がる事で聴きとりやすい澄んだ声が出やすくなります。

音を響かせる空間があるアコースティックギターの音は心地良く響きますが、アンプにつないでいないエレキギターの音はシャカシャカとした曇った音になるような事です。

その改善方法として、手で頬筋を持ち上げながら話すトレーニングが紹介されていました。

日頃から豊かな表情で口角が上がる人であれば、自然と声を出す時に頬筋が動いて心地良い声を出せるのですが、ぶっきらぼうな表情や無表情で話す事に慣れていると、自分の意思で頬筋を上げることすら出来なくなり、声も曇りやすくなってしまいます。

下の瞼がつぶれるぐらい指で頬を持ち上げながら話すトレーニングを重ねることで、徐々に頬筋を使った話し方が出来るようになっていきます。

強いストレスや落ち込むような出来事があると、自然と口角が下がった曇った声になるものですが、日頃からこのような状態で話慣れている男性が多いので、低くても魅力的ないい声にはならないのだそうです。

当ブログでも男性の見た目の印象を良くする方法として、表情筋のトレーニングを紹介したことがあるのですが、

参考顔のたるみを軽視してはいけない!

単純に見た目の印象が良くなるだけでなく、男性らしい「いい声」を響かせる事にも役立っていました。

ファッションの副産物?

実は私は昔から女性に「声がいい」と褒められる事がありました(容姿を褒められた事はありませんが)。特に30代の半ば頃から増えました。

これは単純に声の低さと見た目のバランスが良くなってきたのだと思っていたのですが、もしかしたらファッションに興味をもった事で声まで良くなったのかも知れません。

洋服をカッコよく着こなす為には、姿勢が凄く重要なポイントになります。その事についても色々と紹介してきたのですが、

参考男性ファッションの9割は姿勢!?

参考正しい姿勢を簡単に手に入れる方法

姿勢や歩き方を意識に上げて改善したことで、洋服が似合いやすくなっただけでなく、声帯の動きにも好影響があったのかも知れません。

また見た目の印象を少しでも良くする為に、筋トレや表情筋のトレーニングを行ってきましたが、これも結果的にいい声を響かせる事に役立っていたのかも知れません。

さらに口呼吸も改善しました。昔の私はいつでも口呼吸でだらしのない表情をしていたのですが、現在は睡眠時でも鼻呼吸になるように対策をしています。

参考口呼吸防止テープは危険!?

口呼吸が鼻呼吸に改善されると見た目の印象が良くなるだけでなく、呼吸の質も上がって健康の為にもメリットだらけなのですが、これも日頃から鼻腔を広げて、いい声を響かせられる要因の一つになったのかも知れません。

私はファッションに興味を持つようになったおかげで、結果的にいい声も手に入れらたのだと思われます。テレビで紹介されていた「いい声を出す方法」を、知らず知らずのうちに取り入れていました。

まとめ 本能レベルで伝わる声

「人は見た目が9割」といった本が流行った事もありますし、見た目の印象が大事なのは間違いないのですが、声の印象も軽視するべきではないのかも知れません。

女性が電話で男性と話す時に、自然と高い声を出すような事がありますが、これは少しでも相手に良い印象が伝わるように脳が促しているからです。本能レベルで声色を変化させています。

女性は男性に守ってもらう存在であることをアピールする為に、無意識に声を高くして若さやか弱さを表現します。

知り合いのテレフォンアポインターの女性から教えてもらった事なのですが、彼女の職場では電話の前に鏡が置いてあり、受話器を取る前に必ず笑顔にしてから対応するように徹底されていました。

プロなら声だけを上手くコントロールできそうなものですが、表情や姿勢や内面の状態が声からでも相手に伝わる情報というものが、想像以上にあるのだと思います。

プロの声優もマイクの前で全身を使って声を出しています。口をパクパクさせるだけでコントロールできる範囲など、意外と少ないのかも知れません。

低い声さえ出せば、男性らしい魅力的な声になるわけではありません。

相手の耳にしっかりと伝わるように姿勢を正したり、口角の上がった笑顔で鼻腔を広げて発声する事で、アコースティックギターのような心地の良い響きのある声になっていきます。

逆に猫背にして指で頬の筋肉を下に押し付けながら話してみてください。いつも以上に曇った声しか出せなくなると思います。声帯もつぶれて力のない声になるはずです。

自然とこのような発声をしてしまっている男性が少なくないので、低い声でも女性に魅力を感じさせることが出来ないのかも知れません。

渋い表情が魅力のベテラン俳優というのは、男性からすると男らしい印象に映る事もありますが、どちらかと言うと聞き取りにくい曇ったしゃがれた声なので、女性に好かれる声とは限りません。

ちなみにそのテレビ番組で紹介されていた「いい声の男性有名人ランキング」では、一位がお笑い芸人の麒麟の川島さんでした。

川島さんの声が低くて魅力的なのは有名ですが、笑った時に頬がグッと上がる表情を見ると、やはり関係があるのではないでしょうか。

引用:https://news.mynavi.jp/photo/article/20160604-a110/images/001l.jpg

不自然な作り笑顔で話す事が良いのではなく、普段から頬の筋肉を柔らかく使える状態にしておくことで、普通に話していても心地よい音を響かせられるようになるので、日頃から姿勢や表情筋の使い方を意識するようにしてみてください。

姿勢が良くなれば見た目の印象も良くなりますし、洋服も一気に似合いやすくなります。もちろん健康にも良いので新陳代謝が活発になって全身から若返って(正常他な状態へ)いきます。

表情筋を上手く使えるようになると、いつもと同じ笑顔でも威力が格段に増します。顔や頭皮への血流やリンパの流れも良くなり、目の下の腫れぼったいクマや肌や髪質も改善されるかも知れません。

いい声の男性がモテるというのは、女性の本脳レベルで生物として魅力的(優秀な子孫を残す健康的な身体)な男性を見抜いているのかも知れません

健康的な身体を意識する事や「いい声」を意識する事というのは、「鶏が先か、卵が先か」の関係のような事で、お互いに向上していくのだと思います。

せっかく身なりを整えてオシャレなファッションをしても、頼りのない声で女性から本能レベルで魅力がないと判断されてしまうと損なので、全身の健康と向き合いながらいい声になるように意識してみてください。

いい声を出す為に表情筋トレーニングを取り入れると、その効果は声だけでなく豊かな表情や肌質といった様々な箇所にも表れるので、挑戦する価値が多いにあると思います。

もちろん他の健康法や運動も同じです。血流の改善が全身に影響があるように、巡り巡って姿勢や体型が良くなって洋服が似合うようになったり、いい声を響かせる事にもつながるものですよ。

【関連記事】
簡単な表情筋トレーニング

いつでもどこでも筋トレする方法

姿勢の重要性がよく分かる漫画

down

コメントする