男の着こなし.com

イケメンになる方法はオシャレや髪型だけではない!

イケメンになる方法?

私事で恐縮なのですが、昔の私を知っている旧友と再会すると、

  • カッコよくなったね
  • 昔と雰囲気が違う
  • あれ?イケメンだったけ?

と言われることが増えてきました。特に女性から褒められることが多いです。

これは私が十年ぐらい前からオシャレに目覚めたことが理由だと思っていたのですが、ちょっとした同窓会の集まりで、当時の体育祭や文化祭のビデオを観る機会があった時に、過去の自分を見て衝撃を受けました。

当時の私の姿勢がとても悪く、常に猫背で俯いていました。

しかも女子といっさい目を合わせることも出来ておらず、見るからに内気でモテないオーラが満載でした。

参考女性と目を合わせられるようになる方法

学生時代の事なので、他の男子のファッションやオシャレとそれほど差があるわけでもないのに、一目でわかるほど残念なオーラを醸し出していました。

イケメンになる方法として、髪型やオシャレやファッションが関係ないとは言いませんが、改めてメンタルや姿勢が重要なのだと過去の自分を見て感じました。

容姿やスタイルが良い方が有利なのは間違いありませんが、今の自分よりもイケメンになる方法というのは、ファッションや髪型などのオシャレだけではないのだと思います。

姿勢の重要性

当サイトでも姿勢の重要性について色々紹介してきたのですが、

参考正しい姿勢がわからない人へ

参考姿勢の歪みとオシャレの関係

当時の私は自分の姿勢が悪いことに全く気がついていませんでした。

姿勢が良くなるだけで身長が高く見えますし、自然と胸を張った男らしいスタイルに近づくものですが、最近はこの先があるように感じるようになりました。

誰でも一時的に姿勢を正すことは出来ると思いますが、長期的に正しい姿勢を維持するのは簡単ではありません。

そもそも姿勢が悪くなる原因と向き合い、日頃から意識を向けながら少しずつ改善していくものです。

そしていつでも良い姿勢を維持できるようになると、身体の歪みが整っていきます。

よく身体の歪みを整えるストレッチや体操などがテレビや雑誌で紹介されていますが、そのようなちょっとしたストレッチでも、前屈の記録が伸びたり、縮こまっていた肩が開いたり、柔らかい表情になったり、頬がシュッとしたりするものです。

先日テレビを見ていて衝撃を受けたのですが、よく女性が小指を立ててマイクや飲み物などを持つものですが、それを正すだけで筋肉の使い方が変わり、しばらく続けていると顔がほっそりとなると紹介されていました。

たかだか小指の使い方一つで、顔の形に影響が出るということです。

実はこのような事は珍しいことではありません。歩く時の足先の向きを変えるだけで、スタイルが良くなるものです。

今までガニ股で足裏の外側の筋肉ばかりを使って歩いていた人が、綺麗に足裏に体重を乗せられるようになると、自然と骨盤が起き上がって上半身の姿勢まで良くなります。

参考木村拓哉の歩き方がカッコいい理由

足元はそのままで無理やり上半身を起こしても、その姿勢を維持するのは難しいものです。無理やり筋肉を使っているので背中や腰が痛くなるかも知れません。

一方で足元から根本的に姿勢を正すことが出来ると、自然と胸の張った姿勢を維持することができるようになり、足もスラーとなっていきます。

このような積み重ねが、顔や骨格に影響を与えるのは自然の流れなのではないでしょうか。

デスクワークなどで猫背になっている方が、マッサージや整体を受けて一時的に改善することはあると思いますが、あくまでも一時的な効果です。またすぐに猫背に戻って肩や首の痛みが再発してしまいます。

一方で自分の体型に合うデスクや椅子の高さと向き合ったり、モニターの角度や高さを調整した上で、正しく椅子に座るようになると、猫背そのものが改善していくようになります。

意識し始めた頃は肩や首がこらないような効果しか実感できないかも知れませんが、その正しい姿勢の状態を継続していくことで、身体の歪みが解消されて骨格からイケメンに近づいていくのも、自然な流れなのではないでしょうか。

いつも同じ向きで足を組んだり、腕を組んでいると、どんどん骨格が歪んでいくものです。

試しにいつもと違う向きで腕を組んでみてください。ものすごい違和感があると思います。

理想は足組も腕組もしないことですが、どちら側でも違和感がない人は身体の歪みも少ないと考えられます。

イケメンの定義とは?

以前にイケメンの定義について紹介したことがあるのですが、

参考イケメンが有利だと認識しないと危険

そもそもイケメンや美人というのは、何か特別な容姿やスタイルをしているわけではありません。

平均値に近い人ほど、イケメンや美人として周囲の人に認識される傾向があります。

その理由についても、また別のところで詳しく解説しているのですが、

参考イケメンや美人は平均値!?

要はイケメンや美人は違和感が少ないということです。平均的な要素が多い人ほど、遺伝子的に優秀だと本能が判断するので、イケメンになる方法というのは、平均値に近づける行為ということになります。

よく個性が大事だとは言いますが、容姿や外見に限って言えば平均に近い人ほど優秀(悪くはない)と感じられるものです。

足が短い人なら足が長く見えるファッションを取り入れることで平均値に近づきますし、なで肩の男性なら肩パットで補うことで平均値に近づけることが可能です。

参考足を長く見せる方法

顔の大きさを気にする女性は、前髪をフェイスラインに沿っておろすことで輪郭を目立たなくさせますし、それこそ薄毛の男性は様々な工夫をして目立たせないように努力するものです。

ファッションや髪型で平均値に近づけることは即効性のあるテクニックではありますが、身体の歪みと向き合って解消することは、全身を平均値に近づける行為ということです。これも立派なイケメンへの道ではないでしょうか。

胸板の薄い男性が大胸筋を鍛えて胸の厚みが増すと、男らしいスタイルになるように、平均値に近づけることこそが、イケメンになる方法です。

参考胸板を厚くするならプッシュアップバー

スポーツ選手やマッチョの中には、特定の筋肉だけが大きく発達してしまい、アンバランスになっている方がいるものです。スポーツ選手としてはカッコいいかも知れませんが、イケメンとはまた違うと思います。

ダウンタウンの松本さんは素晴らしい肉体をお持ちですが、筋骨隆々の身体のバランスが取れているとは見えません。むしろスーツ姿の松本さんの方が私にはカッコよく見えます。

当サイトでおすすめしているファッションも、「徹底的に普通を極めろ!」と表現を変えながら何度も紹介しているのですが、これも普通こそが最もイケメンに近づく方法だからでもあります。

イケメンになりたい男性は、髪型やファッションばかりに気を取られるのではなく、姿勢を正して身体の歪みを整えるように意識するようにしてください。

まとめ イケメンに近づけよう!

芸能人やモデルは目立つファッションや髪型をすることがありますが、それらを真似ても一般人がイケメンに近づくことにはなりません。

そもそもモデルは素材からイケメン(整っている)なので、変化球のような変わったファッションでもバランスをとることができます。

多くの一般人はどこかしらアンバランスな箇所があるものなので、そこを平均値に近づけることこそが、現在地からイケメンに近づく方法なのだと思います。

おでこの大きなアザが気になっているのでれば、髪型や帽子で隠すことで平均値に近づきますし、美容整形や皮膚科のレーザーで治療するこもイケメンに近づくことになります。

可愛らしい女の子に「やいば」があると、それがチャームポイントとなるケースもありますが、それは「やいば」以外が完璧な可愛らしい女の子だからです。

このような個性は普通の女の子にとってはチャームポイントになりません。歯列矯正をした方が平均値に近づいて可愛らしくなります。

素材の良い(平均的で整っている)芸能人やモデルの変化球は、一般人は参考にするべきではありません。

むしろ自分が劣っている箇所を全力で平均値に近づけてください。それがイケメンになる方法です。

私はファッションに興味をもつようになったことがきっかけで、姿勢や歩き方を意識するようになりましたが、現在では洋服よりも姿勢や表情やメンタルを整えることの方が、重要なのだと感じているほどです。

どんなにカッコよい洋服や流行のファッションを身に着けても、猫背で背中が丸まって俯いていては、似合いようがありません。

一方で全くオシャレに興味のない男性でも、自信満々なオーラを醸し出していると女性にモテるものです。

参考イケメンオーラのまとい方

仕事なり趣味なりで成果を上げている方というのは、自然と自信が漲るものですが、そのような方は自然と胸を張った堂々とした姿勢になるのかも知れません。

ただメンタルから姿勢に影響を与えるほど変化させるのは簡単ではありません。自己啓発セミナーなどで感化されれば可能かも知れませんが、それなりに時間もかかると思うので、まずは姿勢や歩き方などを意識に上げて整えるようにしてみてください。

ファッションに興味をもつようになった男性がイケメンに近づくのは、単純に洋服や髪型によって見た目が良くなっただけではありません。

多くの男性が適当に履きやすい大きめの靴を選んでいるものですが、サイズの合っていない靴で正しく歩くことなどできません。スリッパのように膝を曲げたままトボトボと歩くことになってしまいます。

ファッションに興味をもつことがきっかけで、そのような細かな違いに意識が向くようになり、日常の動作も変化していき、それが骨格にまで影響を与えるのだと思います。

これこそが、私自身がイケメンに近づいたことなのだと感じています。

もちろんファッションレベルは昔よりずっと上がっていますが、姿勢や自信の変化の方が大きいと感じています。

空手経験者であればわかると思うのですが、こぶしの握り方一つでも突きのスピードや威力が変わるものです。そのようなちょっとしたことでも、毎日積み重なることで全身の骨格に影響を与えるのだと思います。

ファッションに興味を持つことで習慣的に靴磨きをするようになれば、よく擦れている箇所から歩き方のクセを知るきっかきになりますし、靴底の減りの偏りにも気づくようになります。このような本があるほどです。

このような僅かなことでも、全身に与える影響は少なくありません。マッサージやストレッチをすることも悪くはないですが、そもそもマッサージやストレッチが必要のない生活習慣をしてほしいと思います。

それが結果的に巡り巡って骨格から平均値に近づけることになり、今よりもイケメンに近づくことになるのではないでしょうか。

ちなみにエラの張った特徴的な骨格をお持ちの個性派女優の片桐はいりさんは、歯医者で歯の噛み合わせ調整をしてもらったところ、張っていたエラが小さくなってしまったそうです。

個性派の俳優さんとしては死活問題なのかも知れませんが、多くの一般人にとっては歓迎することだと思います。

ホントにちょっとしたことで、全身に様々な影響があるものです。身体の歪みと向き合ってみてください。正しい姿勢を身につけてください。その正しい姿勢に合う洋服を身に着けることで、さらにイケメンに近づくと思います。

特にコンプレックスに感じている箇所と向き合い、少しでも平均値に近づけることができると、メンタル面でも大きなメリットがあるものですよ。

【関連記事】
いつでもどこでも筋トレする方法

正しい姿勢は疲れる?正しくないです

男性こそ普通のファッションが有利!

down

コメントする